FC2ブログ

2019-07

ラーメン「一風堂」で選挙割。 - 2019.07.16 Tue

 今回で3回目?必ず行っています!ラーメン一風堂の選挙割。投票率の向上を目指した取り組みの選挙割を今回も実施してくれるそうです。
 投票所で発行してもらえる投票済証明書を提示すると、「替玉」か「玉子」無料です。
 

↑詳しくは、一風堂のこのページでご確認ください


↑私たちは期日前投票に行ってきました。そしてもらってきた投票済証明書です。選挙割の期間は7月21日〜31日までです。

 前回一風堂さんが選挙割してくれた時のバニラ家の様子はこちらです




2019参院選 北海道選挙区主な候補者の政策比較。 - 2019.07.16 Tue

 7月21日投開票の2019参院選 北海道選挙区主な候補者の政策比較が北海道新聞に連載で載っていましたので、まとめました。参考にしていただけたらと思います。

1『憲法』〜「改正すべきか?」「9条は?」


2『社会保障』〜「消費税10パーセントは? 」「安倍政権下で充実したか?」


3『成長戦略』〜「IR道内誘致は賛成?反対?」「外国人労働者の永住については?」


4『外交・安全保障』〜「安倍政権下での評価」「対北朝鮮」


5『原発』〜「泊再稼働する?」「原発政策については?」





「2019参院選 若者たちへ 皆で成り立つ民主主義」映画監督 想田和弘さん。 - 2019.07.08 Mon

 2019年北海道新聞朝刊『各自核論』からです。選挙のことは学校でほとんど勉強して来なかった気がするので、自分の身近なことに置き換えてわかりやすく、理解したいです。想田和弘さんのこの新聞記事は、わかりやすかったです。

*******

 2019参院選 若者たちへ
 皆で成り立つ民主主義
 映画監督 想田 和弘

 選挙とは、デモクラシーとは、何でしょう。
 僕はこういう本質的な問いについて考えるとき、身近なことに置き換えます。その方がイメージしやすいからです。例えば、仲の良い友達5人で、日帰り旅行に行くことにします。皆さんはどうやって行き先を決めますか。
 リーダー格の人が「海水浴」と言ったら、本当は「温泉がいいなあ」と思っていても、従いますか。それだと決定は早いですね。でも、決め方が独裁的すぎて、みんなが満足できないかもしれません。中には海が苦手な人もいるかもしれませんし。
 デモクラシーの決め方は違います。最初からリーダーが決めるのではなく、「どこに行きたい?」と皆の意見を聞きます。
 で、A、B、Cさんが「海水浴」、Dさんが「温泉」、海が苦手なEさんが遠慮気味に「どこでも」と言ったとします。
 こんなとき、皆さんならどうしますか。「多数決」なら、単純に「海水浴」に決定です。でも、それだとEさんは楽しめません。するとせっかく5人が集まっても、楽しさも半減してしまうかも。
 僕の経験では、こういうとき、Eさんをよく知るCさんあたりがこんな提案をしたりします。
 「でもEさんは海が苦手だから、私は温泉でもいい。みんな、どう?」
 それで「温泉だけは絶対に嫌だ」という意見がでなければ、きっと温泉に決まるでしょう。
 これが多分デモクラシーの原則です。つまり、単純に多数決で決めるのではなく、みんなが納得できる「落としどころ」を探す。なぜなら一人一人が大事だから。皆さん普段の生活では、自然とそうしていませんか。
 でも、これが国全体で決めることになったらどうでしょう。1億人が集まり「海水浴だ」「ハイキングだ」と言い合っても決まりませんん。
 じゃあどうするのかと言えば、代表を選びます。つまり選挙です。海水浴を希望する人は「海水浴党」を、温泉を希望する人は「温泉党」を応援します。選挙戦では、各候補者が「なぜ海水浴がいいのか」「なぜ温泉なのか」を主張し、議論するでしょう。メディアはそれを報じます。
 私たち主権者は、各候補者の主張を吟味し、投票先を考えます。最初は「海水浴がいいな」と思っていた人も、候補者の人柄なども考慮して「やっぱり温泉党の人がいいみたい」と考えを変えるかもしれません。
 そういうプロセスを経て、海水浴党は100人、温泉党は50人などと当選者が決まるわけです。
 さて、選挙が終われば、全て完了でしょうか?それだとマズいですね。
 例えば政権を取った海水浴党が、公約を撤回して「やっぱり神社巡りにする」なんて言い出したらどうですか。
 あるいは、海水浴党がやたら豪勢なホテルを選んでお金がキツそうだったらどうですか。「もっと安い宿にしようよ」と言いたくなりますよね。
 海が苦手な人のことはどうしますか。少数派であろうと、彼らにも楽しめるような工夫をして欲しいですよね。なぜなら、デモクラシーでは一人一人が大事だからです。
 いずれにせよ選挙に行くだけでは不十分。選挙後も、自分たちの代表が何をどう決めていくか見守る必要があります。代表が誤った方向へ進むなら、異論を唱えるできでしょう。デモなどをして不満を表明する必要は出てくるかもしれません。
 では、関心がないから、面倒くさいからといって、選挙に行かない人はどうか。温泉が苦手なのに、温泉旅行させられても文句を言えませんね。結局、不利益を被るのは、選挙やデモクラシーに参加しない人なのです。



*******

 また前回の参院選で心に残った木村草太さんの「一票の重みを考える〜18歳選挙権施行を前に」(北海道新聞掲載)のブログアップ記事はこちらです。こちらも勉強になりました。



病院で父の日のケーキ。 - 2019.06.17 Mon

 6月16日の日曜日は父の日で、母の日のようにケーキ持参で、病院の4階の談話コーナーで、家族四人でケーキを食べました。最初病院に行くとリュウは眠いのかトロンとしていたので、今回は車イスに乗って4階へ。ゴックンは難しかったけれど、チョコクリームの味はわかったかなと思います。

 6月14日から16日まで札幌祭りが行われていて、ワタルが写した写真と、私が写した写真をリュウに見てもらいました。反応が今ひとつだったのですが、おかまいなしに説明しました。


↑父の日のケーキ。


↑ワタル撮影。キャラクターのニセモノっぽい???


↑ワタル撮影。ダッコちゃん人形が原型なのかな。

 以下は私撮影です。日付は6月15日。イブキと用事があって、大通りに行った際に、札幌祭りが土日に重なっている年が珍しいので、北海道神宮と中島公園に行ってきました。ワタルとはまったくの別行動でした。


↑北海道神宮の前あたり。明日のお神輿の準備なのかな。


↑北海道神宮のまわりの屋台。


↑こちらは中島公園。イカがもう何年も不漁なのに、こんな大きく揃った立派なイカが並んでいて、びっくり。


↑定番の金魚すくい。風情があります。


↑お化け屋敷。ワタルは三日間ともひとりでお祭りに行き、お化け屋敷は二回入ったそう。全然怖くないんだそうです。私は絶対入りません。


↑札幌祭りの中島公園会場で前からずっとある「オートバイサーカス」。


↑すごい迫力。樽の赤い線ギリギリまでオートバイが走って来て、飛び出してくるのではとハラハラ、ヒヤヒヤします。すごい技術で、このオートバイサーカス目当てで中島公園会場に足を運ぶ人もいるのではないでしょうか。ワタルも二回見たそう。



「ゆ」。 - 2019.06.17 Mon

 先週、二階の患者さんがいつも入っている浴室の入り口に「ゆ」ののれんがかかっていました。
 病院ぽくない感じにホッとします。
 アリガト。





リュウの立ち上がりの動画。 - 2019.05.26 Sun

 私が支えて歩いて、最後ベッドに戻って座ってもらうと、自分だけで立とうとする時があります。その姿を初めて見たのは、2018年の9月4日(写真あり)
 2018年11月4日にも立てました(写真あり)
 その後も自分で立とうとしている姿は見られ、立てなかったりも何回かあります。立てる時も数少ないですがあり、昨日は、動画を写すことができました。昨年の立ち姿から比べると、しっかりしていない感じしますが、すごいことだと、私もびっくりします。
 写っていませんが、左手がベッド柵に手をかけていて、自分で勢いを付けてヨイショと立っています。見ている私も力が入ります。私は動画撮影をしていて、全く、支えていません。





「パーキンソン病改善」阪大などチーム 抑制物質を開発。 - 2019.05.26 Sun

 2019年5月22日北海道新聞夕刊時記事です。『「パーキンソン病改善」阪大などチーム 抑制物質を開発』というタイトルが。対処療法ではなくて、治療法の試みの内容を伝える記事です。以下、新聞記事より。

 *******

 パーキンソン病は脳内で情報を伝える新規伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減って起きる。αシヌクレインというタンパク質が、脳の神経細胞内に異常に蓄積することなどが原因をされる。
 チームは、細胞内でαシヌクレインの合成に関わるリポ核酸(RNA)を分解してαシヌクレインが作れらないようにしようと考え、このRNAと結合して分解を誘導する「核酸」という物質を人工的に作った。


↑クリックすると大きくなります。




ワタルの財布。コインケース。 - 2019.05.16 Thu

 お金がわからなくて、自分で支払いができるようになるにはどうしたらいいだろうと探したコインケースです。支払いの様子を見ていたら、サッと店員さんに渡していました。小銭は、自分で働いたお金を入れている箱から補充しています。


↑コインケースの裏面に私が貼ったシールが。財布に入る大きさのものを探しました。シールがもうボロボロで、作り変えようかな。「母より」は次回取ってもいいですね。


↑首から下げる財布。缶バッチはワタル用に事業所さんに作ってもらいました。『知的しょうがいがあります。わかりやすくおしえてください』と書いてあります。事業所さんに頼んだらどんなのでも作ってくれるので、作りたいという方はご連絡を!walnuts65♪gmail.com ←♪を@に変えてメールください。



病院の談話スペースで家族4人で母の日のケーキ。  - 2019.05.16 Thu

 5月12日の母の日にチョコレートケーキを買って病院へ。
 4階の談話コーナーで家族4人でチョコケーキを食べました。
 リュウは頑張って私に支えられて歩いて、2階から4階に来ました。チョコケーキの主にクリームの部分、それからトロミのついたお茶を、ある程度飲み込むことができました。

 リュウはずっと熱を出すこともなく、元気です。認知の面や身体機能はやっぱり少しづつ落ちてきてますが。
 病院の皆さんに感謝しています。ありがとうざいます。

 それから、ケーキを買う時にワタルに一緒に来てもらい、私が選んだカーネーションを買ってもらいました。
 いつも外出時持ち歩いている財布からお金を出すのを見ていたのですが、以前買ってあげたコインケースごと店員さんに渡していて、店員さんも「これからもらいますね」とお金を取っていました。思ったよりスムーズに支払いができていました。ホッ。



↑チョコレートケーキとカーネーション。イブキは、てんかんの薬の副作用(薬過敏)(好酸球増加)が出るようになって、ちょっと心配です。



リュウと院長先生と見た桜。 - 2019.05.08 Wed

 5月4日のことです。この日はゴールデンウィーク中で私の仕事も休みということもあり、日中病院へ。私はリュウを毎日支えて歩いていますが、支えて歩くのも大変な時があり、この日は車イスに乗ってもらい、サササーっと玄関前へ。お天気がいいので、外の空気を吸いに行きました。
 玄関前は花壇があったり、ミニ菜園があったりで、リュウと眺めていると、私たちの方に誰かが歩いてきます。私がその方向を見ると、院長先生でした。軽く挨拶をし、私が敷地内ふちに見える桜の木の方を向いて、「桜の木ってあったんですね?今初めて桜の花を目にしたような気がします」と言うと、「あれは静内の桜なんですよ」と院長先生。「へぇ、静内の?」と聞くと「この病院の系列病院が静内にあって、そこの病院の桜の木をもらってきて植えたんです。咲く時と咲かない時があるのですが、今年は咲きました」とニコッとしました。
 リュウに「桜だね」と言うと「ウン」と言っていました。たまたま3人で桜の花を見て院長先生から桜の木のことも聞いて、まるでドラマのワンシーンのような感じでした。





年に一回の青い鳥郵便葉書の無償配付。 - 2019.05.03 Fri

 該当する手帳をお持ちの方は、日本郵便株式会社から年に一回の青い鳥郵便葉書が無償でいただけます~。今年は、受付期間、配布期間ともに、4月1日(月)から5月31日(金)までで、ここでのお知らせが遅くなりました〜。6の配布方法に記述がありますが、配達している大きい郵便局ではその場で渡してくれます(あれば)。あと別紙と出て来ますが、私は郵便局に行ってからそこで紙をいただいて書いています。

 いま、ハガキは62円なんですが、10月から消費税が10パーセントになる時に、63円になるそうです。「身体障害者福祉強調運動」に合わせて始まった「青い鳥郵便葉書」も?と思いますが、10月以降はハガキに一円切手を貼って下さい。

 以下、日本郵便の青い鳥葉書無償配布のページより。

************

 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)は、重度の身体障がい者及び 重度の知的障がい者で、受付期間内にご希望いただいた方に「青い鳥郵便葉書」を無償で配付します。 「青い鳥郵便葉書」は、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常はがき 20 枚を封入したものです。 「青い鳥郵便葉書の無償配付」は、1976(昭和 51)年度に当時の厚生省が提唱していた「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさら に深めることを目的として実施して以来、社会貢献のための取り組みの一つとして継続しています。 これを機会に、葉書のやり取りを楽しんでいただければ幸いです。

1 配付対象
(1)重度の身体障がい者
 身体障害者手帳に「1 級」又は「2 級」の表記がある方
(2)重度の知的障がい者
 療育手帳に「A」又は「1 度」もしくは「2 度」の表記がある方

2 受付期間 2019年4月1日(月)から同年5月31日(金)まで
 (配付は 2019 年 4 月 22 日(月)以降となります。)

3 配付葉書
(1)通常郵便葉書(無地、インクジェット紙又はくぼみ入り )
(2)通常郵便葉書胡蝶蘭(無地又はインクジェット紙)

4  配付枚数
お一人に付き上記配付葉書の中からいずれか 1 種類を 20 枚 


5  お申出方法
(1)窓口
最寄りの郵便局の窓口に身体障害者手帳または療育手帳をご提示いただき、「青い鳥郵便葉書配 付申込書」(別紙)に必要事項をご記入の上、ご提出ください。
なお、代人によるご提出も可能です。
(2)郵送適宜の用紙に、別紙と同等の内容を記入して最寄りの郵便局に郵送してください。

6 配付方法

2019 年 4 月 22 日(月)以降、配達を担当する最寄りの郵便局からお届けします。
なお、2019 年 4 月 22 日(月)以降、申出者の住所又は居所の配達を担当する郵便局の窓口にお申 し込みいただいた場合に限り、「青い鳥郵便葉書配付申込書」の記載内容を確認の上、その場でお渡 しします。
(注)

2019年3月20日 日本郵便株式会社

【注釈】 (注)「くぼみ入り」は、視覚障がい者の方が使いやすいように、郵便はがきの表面左下部に半円
形のくぼみを入れ、上下・表裏が分かるようにした郵便はがきです。
以上

**********

上記内容詳しくは、日本郵便の「青い鳥郵便葉書の無償配布」のページをクリックしてください。



本日投開票の統一地方選挙の各地のポスター。 - 2019.04.07 Sun

 今日4月7日は統一地方選挙の日です(4月22日投票日のところもあります)。
 ラーメン等の選挙割もないようで、個人的に盛り下がっていましたが(イブキとワタルと期日前投票に行きましたが、投票済証明書ももらってきませんでした)、そのままではいけないと、今回は各地の選挙のポスター特集をしてみたいと思います。
 

↑神奈川県の統一地方選挙のポスター。コピーにドキッとしました。そして、動画も作成されていて、動画はここをクリックしてください


↑こちらは住んでいる北海道の統一地方選挙のポスター。「選挙に行こう!そだねー!」。動画もテレビやラジオのコマーシャルで流れています。


↑こちらは香川県の統一地方選挙のポスター。「うどんより選挙」。?。「脳をうどんから選挙に変え」。???。


↑こちらは静岡県の統一地方選挙のポスター。「はじめしゃちょー」って誰ですか?動画も作られていて、その動画で選挙に行ったらどうなるって「はじめしゃちょー」が頭に浮かんだことをパッパッと答えているのですが、それが面白いし、あるある〜と共感できます。動画はここをクリックしてください。(←選挙が終わったら、動画見れなくなっていました。残念。)


↑山口県の統一地方選挙のポスターというより、チラシ?の裏面です。ぬりえになっています。子どもが興味を持ちそう。


↑神戸市の統一地方選挙のポスター。ゴリラのモモタロウが18歳だから選挙に行くって言っています。「人まかせじゃいけない」って・・・。


↑広島県の統一地方選挙のポスター。「あなたの家族の物語」「ひろしま投票家族」。このポスターだけじゃなくて、動画がぐっと来ました。「選挙はひろしま全体の家族会議」だそう。ぜひ、動画を見てみてください。ここをクリックしてください。(←選挙が終わったら、動画見れなくなっていました。残念。)


↑年々下がっている統一地方選挙の投票率。グラフはクリックすると大きくなります。

※上記ポスター、動画、グラフは「公益財団法人 明るい選挙推進協会」のホームページから転載しました。ポスターも動画もまだまだたくさんあるので見てみてくださいね。


ワタルは元号、西暦わからない。 - 2019.04.02 Tue

 リュウに続いて、ワタルにも元号説明して教えようとしましたが、わからないようでした。

 ワタルに「何歳ですか?」と聞くと、「4歳」と答えることが多いです。一人で青少年科学館に行った時も、窓口で年齢を聞かれ、「4歳」と答えたそうです。
 今ワタルは何歳だよ〜と伝えても、覚えられないようです。
 年齢は誕生日が来たら、一つづつ増えていくので、なんで一つづつ増えていくのかも不思議だろうし、誕生日来たら今まで覚えていた年齢じゃなくなるのも覚えられない理由の一つじゃないかなと思います。
 年齢とか年代とか、具体的じゃないイメージしづらいことは苦手だと思います。

 私が会話に「とにかく!」と言うと、「とにかくって、どんな建物ですか?」と返答。「とにかくは、建物じゃないです。とにかくっていうのはええ〜〜っと、・・・。とにかく!」とまた私が言うと、わからない顔をしています。存在するものはわかるけれど、抽象的なもの、概念、イメージは理解しづらいです。

 でも興味のあることにはすごい記憶力を発揮します。頭の中にカメラがあるよう。

 ところが養護学校の時、担任の先生からワタルのクラスメートのびっくりした話を聞きました。「〇〇くんは数字に強くて、入学してから今日で何日目というのを毎日把握しています」というもの。「今日は入学してから何日目ですか?」と質問すると、即答してくれるそうです。すごいですね。

 自閉症、発達障がいは一人一人得意なこと、不得意なことが違うんだな〜と思います。自分とまわりが困ったことは、一人一人違うので、支援もそれぞれ違うんでしょうね。


↑今日は、世界自閉症啓発デーです。ネットに青いものをアップします。写真はワタルの携帯電話です。

 元号、西暦ワタルはわかりません。でも元気いっぱいです。毎日通所して、頑張って作業しています〜。



「ヘ・イ・セ・イ・・」とリュウ。 - 2019.04.02 Tue

 昨日新元号の「令和」が発表されました。
 その日が近くなるとディスペースのテレビからはその話題ばかり。一昨日に私もリュウに「明日新しい元号が発表されるんだって」「もうすぐ平成じゃなくなるんだって」「天皇は生前退位するんだって」などと、テレビを見ながらリュウに伝えました。リュウはうんともすんとも言いません。理解しているのかな???
 でも夕食タイムが終わり、ベッドに戻って横になった途端「ヘ・イ・セ・イ・・」と言ったように聞こえたので、(ニュースわかっているんだ!私の説明も届いているんだ!)と嬉しくなり、さらに念を押すように説明すると、わかっているように思えました。ホッ。

 昨日もディスペースのテレビは新元号のことばかりで、リュウに「新元号は令和だって」と伝えました。リュウはニュース画面も目にしたように見え、ある程度は、理解しているのでは?と思いました。
 ディスペースからベッドに戻る時前に、同じフロアの院内散歩に行くと、出窓に飾ってあるディスプレイに目が止まり、二人で見ました。いつもびっくりするくらいに手が込んでいて、新元号が発表されたその日に、ひそかに私が発見したことがありました。写真で説明します。


↑リュウのフロアの出窓に飾ってある季節ごとのディスプレイ。確かボランティアさんが作ってくれています。いつもすごいなと感心しています。これは全体写真。


↑左端から説明します。小学校で教室でパンを作っているリスたち。


↑その隣は、ランドセルを背負った白い、白い・・・生き物(?)が桜の花びらの中におさまっています。かわいいです。


↑またその隣は、ランドセルを背負った緑の、緑の・・・ウグイス(?)が桜の花びらの中におさまっています。が!二つスペースが空いています!大変!前に「持って行かないでください」という張り紙があった時がありました!私は慌てて、探しましたら、横の方にありました。よかった~。


↑発見した二羽のウグイス。一羽の手に「令和」の看板が!新元号発表されたその日に、持っていました。早い!びっくり!


↑一番右端のイノシシたち。かわいい。

 リュウに「鳥が新元号の看板持っているよ!」と言って、見てもらいました。リュウが確認できたかどうかはちょっとわかりませんが。

 いつも元気になる飾り、ありがとうございます。



第19回統一地方選挙と「選挙支援カード」。 - 2019.03.24 Sun

 第19回統一地方選挙が北海道は4月7日と4月21日に投開票されます。札幌市は4月7日に投開票です。
 ワタルのママ友に「障がい者は期日前投票が混んでないしゆっくりできる」と教えてもらってから、うちも期日前投票に行くことにしました。期日前投票はもう始まっていて、4月6日までです。
 市町村によって細かく違うので、確認してくださいね。

 それから「札幌市手をつなぐ育成会」が考案した「選挙支援カード」が今回から使えるそうです。PDFは札幌市のホームページにありました。作ってくれてありがとうございます。今回どんな感じか、ワタルに使ってみてもらおうと思います。

※文中の青い文字は、クリックすると、各リンク先につながります。


↑2018年11月6日北海道新聞朝刊。障がい者に安心して一票を投じてもらうための「選挙支援カード」。


↑2018年11月6日北海道新聞朝刊記事。「障害者 投票しやすく」。家族やの団体「支援カード」考案。新聞をクリックすると大きくなります。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

医療講演会配布資料

最新記事

ラーメン「一風堂」で選挙割。 Jul 16, 2019
2019参院選 北海道選挙区主な候補者の政策比較。 Jul 16, 2019
「2019参院選 若者たちへ 皆で成り立つ民主主義」映画監督 想田和弘さん。 Jul 08, 2019
病院で父の日のケーキ。 Jun 17, 2019
「ゆ」。 Jun 17, 2019
リュウの立ち上がりの動画。 May 26, 2019
「パーキンソン病改善」阪大などチーム 抑制物質を開発。 May 26, 2019
ワタルの財布。コインケース。 May 16, 2019
病院の談話スペースで家族4人で母の日のケーキ。 May 16, 2019
リュウと院長先生と見た桜。 May 08, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。