ブログパーツ

2017-10

キラ太くんパパ、男性の育児休暇。 - 2014.08.15 Fri

 キラ太くんと一緒に暮らすようになり、キラ太くんパパは育児休暇のことを会社の上の人に相談しました。すると「男性が育児休暇をとることは他の男性社員の模範となり、 大変良い」となり、週2,3日(全60日)の育児休暇を保証してくれたそうです。驚きです。
 ママも会社に相談すると、色々相談に乗ってもらっているそう。

 でもパパは、やっぱり休んでいる分、お仕事が忙しくなった気がするそうです~。



_

キラ太くんに「戸籍」ができました! - 2014.08.15 Fri

 6月17日に友人Kの友人夫妻のマンションの玄関前に立っていた3歳の男の子きらキラ太くんに戸籍ができました!

 私は、キラ太くんの社会との接点は、友人Kの友人夫妻だと思い、すぐにでも戸籍はできるものだと思っていたのですが、でも二ヶ月かからないでできたんですね。良かったです。ご夫妻のご配慮が、早く取得できることになったのでしょうね。
 戸籍はキラ太くんを産んだ母となりましたが、住民票はキラ太くんのパパとママのところにできたのだそうです。前にアップした朝日新聞での記事で「戸籍がなくても住民票ができた」とあって、戸籍と住民票は必ずしも連動しないのかな?と思っていたので、今回のケースもあるのだと思います。
 きら夫妻は、キラ太くんに会う前から海外旅行の予定があり、キラ太くんのパスポートができないと困っていたそうですが、これでパスポートもできますね!もしも海外旅行に行けたら、キラ太くん、自分の目で世界を見てきて欲しいです。

 まだキラ太くんは言葉を発していません。PTSDなのでしょうか。表情は無表情だったのが、穏やかになってきたとのこと。

 海の日に、三人で泊まりで海に行ったそう。砂でトンネルを作ったり、裸足を波で濡らしてみたり。初めて海を見たでしょう。びっくりの連続ですね。
 動物園にも行くとのこと。このお盆休みに?

 キラ太くん、戸籍と住民票ができて良かったですね。



_

ドラえもんのリュック! - 2014.07.16 Wed

ドラえもんのリュックを背負っていたワタルの幼稚園年少時のE先生からメール届いて感激。以下です。


お久しぶりです。
ワタルの「ドラえもんリュック」なつかしい~!!
これを背負って遠足に行ったよなぁ・・・と思い出し、懐かしくてたまらないわ。
ワタルの幼児期の思い出のたくさん詰まったリュックに、今度はきら太の思い出を詰めてほしいですね






_

HNは「きら キラ太くん」に決定しました。 - 2014.07.11 Fri

 先月の中旬のことですが、友人の友人夫妻のマンションの玄関前に、夜の8時にリュックを背負ってひとりで立っていた3歳の男の子、まだ戸籍がないのですが、このブログ内で使用する名前を決まりました。ジャーン(?)、「きら キラ太くん」です。

キラ太君へ

幸福になりたいと思って、キラキラと輝いて生まれてきたキラ太くん。
夢や希望のかたまりで生まれてきたね。

でもどうだったかな。
こんなはずじゃなかったと思えることが続いた毎日だとしたら、そういう状況で暮らさなくてはいけなかったこと、みんなが謝るよ。
ごめんね。

でもきら太くん、生まれたときの輝きは、今もちゃんと輝いてるよ。
本当だよ。
現に新しいパパとママは、キラ太くんの愛くるしさにやられてしまっているそう。

この前送ったワタルが背負っていた幼稚園時代のリュック。
キラ太くんが背負ったら、大きくてずり落ちちゃうんだって?
キラ太くんのからだは、私が思っているよりずっと小さくてか細いのかもしれない。

新しいパパとママ、これからできるお友だちやまわりの人と、楽しく暮らしていこうね。
みんな仲間だよ。
いまはたくさん食べて体力つけて、あと言語療法士さんと訓練がんばろう。

これからもキラキラ輝いてね。






_

戸籍がないということ⁉ - 2014.07.09 Wed

 「戸籍がない」ということが頭から離れなくて、ボーッと考えてしまいます。
 戸籍がないと、保険証ももらえないし、学校へも入れないし、就職もできないし、そして「憲法」も関係ないの?
 でも「キラ太くん」は、戸籍がないけれども明らかに存在しているので、私の命とも同じだし、社会的地位がある人とも同じ。

 なぜ、戸籍のないキラ太くんがいるのか?

 これらのこと危機感持ってわかっているのは、出産に関係ある専門家なんだろうか。メッセージを発している人は発しているんだ。

 赤ちゃんって何も言うことできないから。
 ↑
 何日か前から書いている私のメモ書きです。


 そうしたら、昨日の朝日新聞朝刊一面トップと二面に、戸籍がない子の特集記事が。フェイスブックでそのことわかり、昨日コンビニに買いに行きました。
 戸籍のない子がわかるのは、氷山の一角らしい。一面の子は、17年戸籍がなく、学校にも通っていなく、22歳の現在字がほとんど書けないそう。
 道中隆・関西国際大教授(社会保障)は、「~社会と結びつく根っこがないのは、人間の尊厳を否定されることに等しい。養育の知識や能力がない親もいる。こうした子どもたちが生まれるメカニズムを理解して、救い出す法の整備を進めなければならない」と書いています。
 二面では、22歳で戸籍を作成、それまで父から「ショータ」と呼ばれ、戸籍では「翔太」となった男性のこと、ほかに戸籍がなくても住民票を発行してもらえたケースや、2004年に映画「誰も知らない」のことなどが載っていました。

 キラ太くんは、まだ言葉を発しない、いや声を出さないそう。

 堂々と生きて。胸を張ってね。

 夫妻もありがとうございます。



7月8日付け朝日新聞朝刊。


_

戸籍がない⁉ - 2014.06.28 Sat

 戸籍がなく、出生届けも出してない?

 誕生日はわかり、いま3歳8ヶ月とのこと。

 涙通り越して、体が震えてきました。

 勘のいい読者さんは、どなたかわかって、おもちゃ等が、複数の方から届けられているそう。
 木馬や、高さ調節できる子ども向け食卓用イス、絵本、三輪車、子供用食器や積み木。
 私もこのリュック届けたいです。
 ワタルが幼稚園の時使っていたのですが、リュックは遠足にしか使わないので、何回かしか使っていなくて、きれいで、ずっと取ってありました。
 まだしゃべらないそうで、これから言語療法士さんの訓練が始まるそう。

 もしも私に子どもがいなくて、養子を考えたとして、迎える子が発達に障がいのある子を想像するでしょうか!でもご夫婦は、子どもに会った時から様子がおかしいが、だからと言って拒むことは考えていません。
 涙が出ます。障がいがあるかどうかは、まだわかりませんが。
 ワタルを育てていてわかるのですが、障がいがあってもかわいさには関係ないです。
 他のお母さん方もそうだし、先生方もそうです~。

ご夫婦もこの子のこと「かわいい」って。ありがとう。





_

名前のわからない男の子 その2 - 2014.06.22 Sun

旦那さん「まず、総合病院なので 紹介状がないと 5400円かかる」
友人K「医療の分担制があるので どこの大きな病院も そうしている」
 
旦那さん「子供だらけで(当たり前じゃ!小児科なんだから)子供をだっこしているのだけど」
友人K「だっこしてあげて。つないだ手は 絶対に離すな」
 
旦那さん「看護師さんの問診で 事情を話したところ 児童相談所に連絡する と言われ 「お願いします」と言った事が良かったのか? 」
友人K「手間が省けて良かったね」
 
旦那さん「カルテに名前が無いと困る と言われた」
友人K「適当に名前をつけて 後で家庭裁判所に申し立てたら 認めて貰えるから 大丈夫」
 
旦那さん「トイレはどうしよう?」
友人K「1時間くらいごとに おしっこはないか聞け」
 
旦那さん「昨日の晩は おかゆを食べさせて って言ってたけど 御昼御飯はどうしよう? すぐ近くに ファミレスが有るけど 連れて行って良いか?」
友人K「まず 何か食べさせなければならないから とにかく行け」
 
旦那さん「何を注文したらイイ?」
友人K「お子様ランチ が無難」
 
旦那さん「運ばれて来た時 驚いた顔をした」
友人K「感情を見せたのだから 一安心」
 
旦那さん「児童相談所の担当者が 連れて行く と言ったけど 行かせたくない」
友人K「うちの子だから 連れて帰る と突っ張れ」
 
今日はこんな感じです。検査結果などは また今晩 電話が来るでしょう。4歳にもならないこの子は 今までどんな暮らしをしてきたのか ハッキリさせない方が 良いのかも知れない。たぶん 私たちの想像を超えた 過酷な生活をしてきたのでは と 私は思いました。

友人Kから6月20日(金)に届いたメール。その日旦那さんは仕事を休み、その子を病院へ連れて行ったそうです。でも、子育ての知識はまったくなく、何かあるごとに友人Kに電話をしたそうです。
その後友人Kから6月22日(日)にメールが。友人夫妻の家にいると。まだ一言も話さない。表情はある、とのことです。

 私も友人K、そして夫妻も、何が起こったのかわからない状態です。児童相談所があいだに立って下さり、今現在このお子さんについて調査中です。名前はまだわかりません。

 このお子さんに笑顔を。
 病院の窓口で、慌てながらもどんな思いで名前を?そう思うと、またその子のことが・・・。
 涙が出てきます。

 友人夫妻が共働きならなおさら、一刻も早く保育所等の集団生活へ入れてあげて欲しいとも思います。まだその段階じゃないのかな。

 みなさん引き続き、アドバイスお願いします。
 パソコン表示の左下のメールフォームより、メールお待ちしています。


名前のわからない男の子 - 2014.06.20 Fri

 友人の友人夫妻はお子さんがいないそう。
 先日その友人夫妻が親戚の家に呼ばれたら、そこの3歳の男の子が。
 引き取って欲しいとのことで、「前向きに考えたい、準備もあるので引き取りは後日」という風に答え帰宅。
 そのお子さんは無表情で目の動きもないし、言葉を発しないしで気になったそう。
 自閉症かもしれないとワタルのブログ記事を夫婦で読んだとのこと、ありがとうございます。
 自閉症は色々なタイプのお子さんがいます。でも共通している三つの特徴は、社会性の発達の障がい、コミュニケ−ションの障がい、活動と興味の偏りです。途中から障がいが出るのでもなく、生まれつきの脳の器質的障がいです。

 そして驚いたことに昨夜8時くらいに帰宅した旦那さんがマンションの玄関前にリュックを背負い一人でいる男の子を発見。
 10分後くらいに奥さんも帰宅。

 3歳の子がいつから一人でいたのか?

 中に入れ、お風呂に入れると体に一カ所ではなくアザが。

 子育ての経験がある友人が相談を受け、「すぐに病院に行き、その後児童相談所へ」とアドバイスしたそう。

 このメールを読んでも涙が出てくるし、メールの内容思い出しても涙が出てきます。

 親戚のあいだを転々としていて、名前を聞いてもいまはわからないそう。先日の親戚の家でも誰もわからなかったそう。
 リュックの中身も数日分の着替えと汚れたクマのぬいぐるみが。

 今日、病院に連れて行ってくれるとのことです。

 色々な思いが沸き起こってきますが、とりあえず男の子の笑顔が見られるように、この友人夫妻を応援します。最初に会った時から、引き取っていいと前向きに答え、今も養子にしようと思っているとのことです。
 みなさんも応援して。
 この夫妻にアドバイスありましたら、パソコン表示の左下のメールフォームからバニラまでメール下さい。
 お待ちしています。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

進行性核上性麻痺の講演会・相談会に行ってきました。 Oct 16, 2017
札幌で進行性核上性麻痺に関する講演、相談の新聞でのお知らせ。 Sep 14, 2017
札幌で進行性核上性麻痺の医療相談会 Sep 13, 2017
「パーキンソン病 Ipsで改善」 Aug 31, 2017
ワタル療育手帳を紛失する〜 Aug 30, 2017
2017年北海道マラソンにお義兄さんとKさん。 Aug 28, 2017
「排せつ予測機器の開発」販売。 Aug 28, 2017
「認知症原因別の食事ケアは」 Aug 28, 2017
「ips細胞で薬開発」 Aug 28, 2017
リュウが起き上がろうとした。 Aug 25, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア