ブログパーツ

2017-08

ワタル二十歳のお誕生日おめでとう〜! - 2017.05.01 Mon

 5月1日、ワタルは二十歳に。
 昨日ワタルが選んだケーキを持って病院へ。4階の談話スペースで家族四人でワタルのお誕生日のお祝いをしました。

 リュウは私の支えで歩いて4階へ。
 リュウが私の助けで無事に席に座ったところで私が、

「ワタル、おめでとう〜!」

と言うと、リュウも「モゴモゴモゴ〜!」と言いました。不明瞭だけど、リュウも「ワタルおめでとう〜!」と言ったようでした。リュウもワタルが二十歳になるとわかったようで嬉しかったです。
 
 ところが、何を話すか、みんな特になく・・・・・・

 そこで私がiPhoneでお誕生日ソングの動画を出してかけると、ワタルが次から次へと「次は何にして、何にして」とリクエストが。誕生日に関係のない曲です。でもリュウに最近のワタルの嗜好がわかるかもとかけてあげました。

 Perfume、ミワ、いきものがかり、恋ダンスと、今どきの曲のリクエストの中にいきなりアンパンマンのサンサン体操の曲が混じっていたり。

 そして、「また会える日まで、出して欲しい、知ってる?」と聞いてきたので私が、「尾崎きよひこ」と即答しました。

「尾崎きよひこだよね、また会う日までって、ねぇリュウ」と聞くとリュウは反応がありません。

「ふたりでドアを閉めてぇ〜、ふたりで名前消してぇ〜ってね、リュウ」

 ワタルが「ちがう、ドラえもんの曲」と言うので検索してみると、ゆずが歌っている「また会える日まで」ってありました。

「これなの!、らいらっく幼稚園の時にO先生やY先生が伴奏してくれてみんなで歌ったの」
「よく覚えているね、E先生も伴奏してくれた?」
「んん〜〜?・・・してくれたかも・・・?」

 ワタルにとっては、「また会える日まで」の曲は、ドラえもんのなんだね。
 リュウと私は、尾崎きよひこだよ(いや、だから微妙にタイトルがちがう)。

 私はワタルと世代のギャップを感じました。

 それにしても幼稚園の時、どの先生がどの曲の伴奏をしてくれた、とかよく覚えているなぁ。ワタルが人より、建物や物に関心があるというのは、一概には言えないなぁ。
 
 後から気になって、ドラえもんの「また会える日まで」の曲を調べてみると、映画のエンディングテーマで使われたのは2003年3月だそう。2003年4月からワタルは年長さんなので、年少時の担任の先生のE先生はやっぱり伴奏してない?年長時のO先生、Y先生がやっぱり伴奏してくれたのかな。だとしたら、やっぱりよく覚えているなぁ。

 お誕生お祝いの場所は、うちではなく病院の4階の談話スペースですが、いつもまわりには誰もいなくて、家族四人でうちにいるような感じで過ごせます。

 家族四人の貴重な時間を過ごさせていただいて感謝感謝です。

 ワタル、多動でありながら、今まで大きな怪我や事故もなく大きくなってよかったよ。それなりの怪我はあるけど。リュウももちろん、みんなで見守ってきたんだよ。

 昨年4月から通所先で作業頑張っていて、立派だよ!

 二十歳、おめでとうございます。

 

↑ワタルが自分で選んだケーキ。



↑「また会える日まで」ゆず。



↑「また逢う日まで」尾崎紀世彦。



ワタル一人で青少年科学館に行った!?年齢5歳!? - 2016.12.11 Sun

 ワタルの平日の通所後のお出かけは冬ということからかなくなりました。でも土日祝日のお休みの日は、相変わらず一人で地下鉄でお出かけしています。
 今日の会話。

ワタル「今日青少年科学館に行ってきて、ドリームライドも乗ってきた」
私「!!!!!!!」

ワタル「窓口のお姉さんに聞いたの、どうやって入るんですかって」
私「!!!!!!!!」

ワタル「簡単だった、入るの」
私「!!!!!!!」

ワタル「ドリームライドもスタッフのおじさんに聞いたの、どうやって乗るんですかって」
私「!!!!!!!」

私「ワ、ワタル、青少年科学館に一人で入ったの?窓口で聞いて?券もらうのにお金払うと思うんだけど、お金払ったの?」
ワタル「うん」

私「いくら払ったの?その前にトシ聞かれたはずだけど、何歳って答えたの?」
ワタル「5歳」

私「!!!!!!!ご、5歳!?」
ワタル「うん」

私「それでいくら払ったの?」
ワタル「え〜〜っと、?????」

私「なんびゃくえん?」
ワタル「なんびゃくえん」

 ??? いくら払ったのか、よくわかりません。

 ホームページで見てみると、ワタルの年齢だと700円かかるところが手帳提示だと500円になっています。でも手帳は持って行ってません(持っているのは手帳のコピー)。福祉サピカは首にぶら下げています。

 ワタルは楽しそうで満足そうでした。

 その後財布を見てみると、普通の料金の700円でした。

 ワタルの初めての行動でドキドキです。

 ※一部内容に誤りがあり最初にアップした内容から修正しています。


↑これはうちにあった青少年科学館のスタンプです。




笹船。 - 2016.11.07 Mon

 秋の味覚の北海道産のさんまを買ってきたら、パックの下に本物の笹が敷いてありました。最近は印刷の物しか見ていなかったので、珍しいなと思い、台所で笹船を作りました。

 小さい頃、笹の葉で船を作り、小川に浮かべて遊んだ記憶があるなぁ〜。あれ、でもイブキやワタルってこれが何かわからないかな???

 そう思って、お皿に乗せた笹舟を持って行き、二人にこれが何かわかる?と聞くと、

ワタル「野菜・・・?」と食べる物と思ったよう。お皿に乗ってたから?
イブキ「・・・?ふね?」との答え。

 「イブキ!正解!見てみて!この舟を広げると、笹の葉になるんだよ!お母さんは子どもの頃、これを川に流して遊んだんだよ」

 そう言うと、へぇ〜という顔をしていましたが、それと同時に、自分がすごい年寄りになった気がしました。


↑「これなんだ?」と私。


↑サンマ用のお皿なので、30センチ弱あります。笹の葉も約30センチ。大きい!




大通公園の北海盆踊りに行ってみる。 - 2016.08.27 Sat

 ワタルの平日の通所後のお出かけの回数は少し減ってきたかな。でも土日は必ず地下鉄で札幌市内にお出かけしています。夕方は大通り近辺にいることが多いので、お盆に開催している北海盆踊りを見せてあげたくて、ワタルと会場で待ち合わせをしました(8/13)。なんとこの大通公園での北海盆踊りは、1954年から始まっているそうです。戦争が終わったのが1945年ですから、それから少し経ってからスタート。平和を感じさせるイベントです。が、この「平和」についても特に最近、いろいろ考えさせられます。


↑大通り西2丁目が会場。歌とか太鼓とかみんな上手!


↑ワタルに踊ってみる?と聞くと「うん」とのことで、輪の中に入ってみました。知ってる人は誰もいないだろうし、気楽に参加できます。国内外の観光客の人もたくさん。踊り方は難しいのかな?と思ったのですが、私は結構すぐに覚えられました。でもワタルはなかなか覚えられないようでした。


↑テレビ塔のすぐ近くの会場です。町内会の盆踊りは終わった後何か配られるので、せっかくだからと最後までいたのですが、何も配られませんでした。終わったのは夜の9時です。ワタルはこの時、他のことで喜んでいたのを後で知りました。大通公園の噴水がいつ止まるのかと日頃から疑問で、止まる瞬間を見たかったそう。この時9時に噴水が止まったのだそうです。ワタルの興味関心は独特(?)で、へぇ〜!と思います。あと地下鉄のシャッターが閉まるところも見たいそう。


↑私撮影の動画です。たった11秒です。





O先生からメールが来ました。 - 2016.08.13 Sat

タイトル「K福祉会(ワタルの通所先)に行きました。:受信日8月5日」
差出人:O先生(ワタルが卒業した養護学校高等部の担任の先生)(O先生に了承済み)

***********

ご無沙汰しています。夏らしい暑さが続きますね。お元気ですか。

卒業生の集いに参加いただき、ありがとうございました。楽しい時間でした。

先月末に、職員施設見学でK福祉会に行ってきました。
ワタルくんが働いているところを見てきましたよ!
タイヤのアルミを磨く作業をしていました。
ワタルくんトークは健在で、久しぶりに笑わせてくれました。
職員さんも、ワタルくんのお話を楽しんでいるようです。

働くことに慣れていくには時間がかかりそうですが、ワタルくんのペースで社会人として生きているんだなあと感じました。


K福祉会のお祭りは、8月○日 でしたか?
ワタルくんやお母さんも参加しますか?

「やさしいまなざし」を読みました。ワタルくんの願い事ステキです。
「きらきらぼしがほしい」=「みんながきらきら輝く笑顔であってほしい」なんですね。

津久井やまゆり園の事件はショックでした。
ワタルくんの「きらきら星のねがいごと」の話を知ったら、だれもが生きていくことはすてきなことだと思えるのに。

亡くなった方の冥福を祈るとともに、障害を持った人もそうでない人も、みんなが幸せに生きていける社会になるために、微力ながらできることをやっていこうと思っています。

Oより


 O先生、卒業後も気にしてくれてありがとうございます。ワタルも3日に一回は先生の名前呼んでます。ワタルは、まわりの人の表情で、悲しい顔や辛い顔や怒りの顔がイヤなんだそうです。普段からもそう言っています。それでみんながきらきら輝く笑顔であって欲しいって。先生の「障害を持った人もそうでない人も、みんなが幸せに生きていける社会になるために、微力ながらできることをやっていこうと思っています」ってすごく嬉しいです。メールありがとうございます。

kirakira.jpg
↑M病院の短冊に書いたワタルのお願いごと。

fc2blog_2016040221473779c.jpg
↑養護学校高等部時代のO先生とワタル。

fc2blog_20160312091135032.jpg
↑卒業式の日のO先生。



霊園からのワタルの電話。その2。 - 2016.07.24 Sun

 その日(6/29)も食後の散歩の途中にリュウと一階のソファーに座っているとワタルから電話が鳴りました。

「ワタルです。S霊園にいるので迎えに来てください」

(まただ!前回は迎えに行って恐ろしかった。二回目はないと思っていたのに・・・)

 今度は暗くなる前に迎えに行きたいと強く思い、すぐにリュウにベッドに横になってもらい、口をきれいにしたりも手際よくして、病院を出ました。暗くなりかけていましたが、まだ明るいです。
 霊園に到着したけど、やっぱり霊園の前にはワタルはいません。園内に車で入って行きました。すると、人影が。

(白い人影が見える!誰!?あれは、セーラー服?女子高生?足は付いてる?)

 いや足はしっかり付いてます。自転車に乗っていたので。でもなぜ園路を女子高生が?お墓の中の道を通り抜けて通学しているの?怖くないの?

 そして今回もワタルは管理棟の近くにもいないようです。

(やっぱりこの前と同じで、おばあちゃんが眠ったお墓の近くにいるんだ、きっと。前回は後ろのドアがガバッと開いて恐ろしかったから、今回はそちらを正面に向けて車を停めよう)

 おじいちゃん、おばあちゃんが眠っているお墓の近くの園路に車を停めました。まわりは薄暗くなりました。前回飛び出してきた方向を向いて車を停めていますが、人影が見当たりません。右側のおじいちゃん、おばあちゃんのお墓の付近にも人影がありません。車のライトは付けたまま、エンジンもかけたままにして目を凝らしているのですが、やっぱりワタルはどこからも出てきません。この距離だとワタルに車が来たことはわかっていると思うのですが。

(仕方ない、電話しよう。前回は呼び出ししている電話ばかり見ていたけど、呼出しながらまわりを見よう。突然ドアが開いたら怖いから)

 一回、二回、三回・・・、電話の呼び出し音が鳴りました。すると突然、おじいちゃん、おばあちゃんのお墓付近から白い大きな人影が突然現れて、ドドドドド~~とこちらに向かって走ってきました。

(うわぁあああ~~ワタルだぁ!わかっていても怖いよ~~~~!)

 やっぱりワタルは電話に出ないで走って来てガバッとドアを開け、「お母さんただいま~~!」と元気に言いました。

「うわぁ~ワタル、おかえりぃ~~、ヒィ~~、ど、どこにいたの?」と私が聞くと、「寝ていたの」と答えました。
 それでどこにも人影が見えなかったんですね。

(寝ていたってお墓に囲まれてだよね?こ、怖くないの?ワタル)

 3月まであった放課後等ディサービスの有り難みを強く感じます。


fc2blog_2016060221143756b.jpg
↑「これは私?」と聞かれたのですが、私です。写真を漫画に変換するアプリがあるんです。




霊園からのワタルの電話。 - 2016.06.11 Sat

*ワタルは3月に養護学校高等部を卒業しました。4月からはそれまで利用していた放課後等ディサービスは使えなくなり、通所先から4時くらいに帰宅した後、ほぼ毎日ひとりで色々なところに散歩しているようです・・・。どうしよ。

 先週のことです。仕事帰りに病院に寄り、リュウの夕飯が終わってから一階に散歩に行き、ロビーのソファーに座ってちょっと経った時です。7時は過ぎていました。
 ワタルから電話が鳴りました。

「もしもし?」
「ワタルです。S霊園にいるので迎えて来てください」

とのことでした。

(???・・・。・・・。???。霊園?)

「リュウ、いまワタルから電話が来て、S霊園に迎えて来てって。この前、リュウのお母さんの納骨に行ったばかりだよね。今日は平日で通所の日だから、それが終わって家に帰ってから歩いて出かけたんだわ。もう暗くなるから迎えに行くから、リュウベッドに戻ろう」

 リュウにそう言って私たちは二階に上がり、リュウはベッドに横になりました。口の中をきれいにしていなかったのと、連絡帳の記入がまだだったので、それらをやっていたら、薄暗かった外がもっと暗くなってきました。やっと病院を出られるようになったのは、7時半くらいです。急いで車でS霊園に向かいました。S霊園は病院から近くです。でも家から歩くと片道1時間くらいでしょうか。

 (ワタルはど・こ・に、いるんだろう?霊園の入口かな?)

 そう思って霊園の入口に行くといません。仕方なく霊園の中に車で入って行きました。もう暗いです。この頃の日没時間は7時15分くらいです。

 (管理棟の近くかな?)

 そう思って管理棟の近くに行きましたがいません。

 (ま、まさか、おじいちゃん、おばあちゃんのお墓の前にいるの???もう日も暮れているのに?)

 霊園の中に行くのは怖くて、その想像だけは避けたかったのですが、仕方なく車で行ってみることにしました。

 と・こ・ろ・が、だ~~れもいません。おじいちゃん、おばあちゃんが眠っているお墓は車の中から薄暗い中、見えました。

 私は園内の通路に車を停めています。右も、左も、後ろも、前も、お墓だらけです。もう暗くて、電気も点いていないし、人影もありません。

(ワタルは、霊園のどこにいるんだろ?夜の霊園なんて、私は生まれて初めて来た。ワタルは怖くないの?)

 そう思いながらワタルに電話しました。コール音が鳴り始めました。

 一回、二回、三回、四回・・・、いつもはこれくらいで出てくれるのですが、出てくれません・・・。

(ワタルは、この暗いお墓だらけの霊園のどこにいるのぉ!)

 そう思った時です。運転席の真後ろのドアが、突然ガバァッ〜!っと開きました。一番視界に入らないドアです。私は恐怖で、

「うわぁあああああ〜〜〜〜」

と叫んでいました。でも叫びながら後ろを振り向いてワタルを確認すると咄嗟に、

(ワタルはお墓が怖いものだとは思っていないようだから、ここで怯えてはいけない)

と思い、

「うわぁああああああっはっはっはぁああああ〜〜〜〜〜〜!」

と叫び声の後半に笑い声を付け加えました。車に乗り込んだワタルが、

「お母さん、ただいま。お母さん笑ってたの?」

とワタルが不思議そうに楽しそうに言いました。そして、

「黒い看板が見たくて来た」

と霊園に来た理由を言いました。

 黒い看板とは、亡くなった人を書いてあるお墓の横に建っている霊票(墓標)のことです。ワタルはデザイン的に気に入って、また見に来たようでした。

「そ、そうなんだね・・・」

 多分、もうここには一人で来ないでしょう。満足したでしょう。

 私はそう自分に言い聞かせました。






ワタルから母の日のメッセージ届いた。 - 2016.05.14 Sat

 5月8日の母の日の我が家の行事(病院の4階でケーキを食べる)に、ワタルは一人でお出かけしたくて不参加でした。今年は仕方ないねと思っていたところ、10日の火曜日のリュックにワタルから母の日のメッセージを書いた紙を発見!
 嬉しかったです。
 どなたが手助けしてくれたのかな?と連絡帳を確認してみると、4月以降も唯一定期のサービスをさせていただいているケアサービスステーションKのショートスティの際、書いた様です。
 
 ありがとうワタル。
 ケアサービスステーションKさんもありがとうございます。


↑イラストは「こどもの日」っぽいですけど、文面は「母の日」。嬉しかったです。




切らなかったオレンジジュースの紙パック。 - 2016.05.04 Wed

 先日(4/22)のことです。
 
 あ〜もうそろそろ空の牛乳パックがいっぱいになってきた〜

 空の牛乳パック置き場を見てそう思い、切って広げる担当のワタルに、「牛乳パックがたくさんになったから切ってちょうだい」と言うと「あとで切る」との返事。翌日になってふと気が付くと、牛乳パックが切ってあり重ねてありました。

 本当に「あとで」切ってくれたんだね!ありがとう。

 そう思いよく見てみると、ちょこんとオレンジジュースの紙パックがそのまま残っていました。

 あれっ!何で一個だけ残しているの!あっ、もしかしたら「牛乳パック」じゃないから?もしかしなくてもそうだ。確かにオレンジジュースの紙パックはそう言わない・・・。ワタルは自分で考え判断したんだ・・・。正確であることはある。あ〜でも、今度から何て言えばいいんだろう。「牛乳パックとオレンジジュースのパックを切ってください」かな。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

お墓参りとプール Aug 09, 2017
今日は飲み込みが良かったなぁ~(動画)。 Aug 02, 2017
添乗看護師の江口さんお疲れ様でした。 Jul 31, 2017
『車イス旅行記』トイレページにメーカーさんが気が付いた。 Jul 29, 2017
リュウの背もたれしない座位。 Jul 19, 2017
I夫妻の支え歩行(介助ベルト使用)。 Jul 09, 2017
1年ぶりの九州地方からの患者さんと夫さん。 Jul 09, 2017
広島のMさんより嬉しいメール。 Jul 08, 2017
リュウの足を踏んじゃった! Jul 07, 2017
「マダアルク」 Jun 30, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア