ブログパーツ

2017-08

年に一回の「青い鳥郵便葉書」の無償配布。 - 2017.06.01 Thu

 今日6月1日からハガキが値上がりし、52円から62円になりました。62円の青い鳥ハガキの受付は始まっていたのですが、配布は今日からになるそうです(受付、配布とも7月11日まで)。

 該当する手帳がある方は、ハガキが20枚いただけます〜。年に一回この時期だけです。
 以下、日本郵便の青い鳥葉書無償配布のページより。

**********

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)は、重度の身体障がい者及び 重度の知的障がい者で、受付期間内にご希望いただいた方に「青い鳥郵便葉書」を無償で配付します。 「青い鳥郵便葉書」は、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常はがき 20 枚を封入したものです。

「青い鳥郵便葉書の無償配付」は、1976(昭和 51)年度に当時の厚生省が提唱していた「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさら に深めることを目的とし実施して以来、社会貢献のための取組の一つとして継続しています。

1 配付の対象
(1) 重度の身体障がい者 1級又は2級の方
(2) 重度の知的障がい者 療育手帳に「A」(又は 1 度、2 度)の表記がある方

2 受付期間 2017年4月3日(月)から同年7月11日(火)まで

3 配付期間 2017年6月1日(木)から同年7月11日(火)まで

4 配付葉書 通常郵便葉書(無地、インクジェット紙又はくぼみ入り )
通常郵便葉書胡蝶蘭(無地又はインクジェット紙)
※ 5月15日(月)発行予定の新料額(62円)の通常はがきを配付します。

5 配付枚数
お一人に付き上記配付葉書の中からいずれか 1 種類を 20 枚

*******

 申し込み方法など詳しくは、「日本郵便の青い鳥郵便葉書の無料配布」 のページへ。
 *配達もしている大きな郵便局へ手帳を持っていける場合は、その場で交換してくれますよ。

 あと、他の郵便料金も今日から値上げでその新料金はここをクリックしてください



「もし家族が認知症になったら!?3月29日(火)朝日放送(関西地方だけ)」 - 2016.06.16 Thu

 前にブログで動画(報道特集)をお伝えした「つどい場さくらちゃん」
 認知症について長尾和宏先生のコメントと「つどい場さくらちゃん」の丸尾多重子さんのコメント両方が見られる動画を発見しましたので、アップします。
 今年の3月29日(火)に関西地方だけの朝日放送のものです。



 前半長尾和宏先生→「認知症とは、歳がいけばいくほど脳にアミロイドβというゴミがたまってきて、脳も萎縮してきてその結果色んな働きが悪くなる。しかも生活に支障が出る病気」
 認知症のケアのポイントは3つ。一つは「自由にお散歩できること。徘徊を制限されるとストレスが溜まって、問題行動が起こる」二つは、「トイレで排泄すること」。三つ目は、「最期まで口から食べること」。
↑病歴等によりそうじゃない人も充実した毎日を送っていることと思いますが、この3つは多くの人の目指すところでしょうか。でもそうじゃない人もいらっしゃいます。



 後半つどい場さくらちゃんの丸尾多重子さん登場→「介護の人、介護を仕事にする人、役所の人、みんなストレスがたまっている それを吐き出すところ(つどい場さくらちゃん)」「お互い違う立場の人が交わると色んな情報が入ってくる」
↑こういう場が身近にあったらいいですね。


↑3月29日(火)朝日放送「おはよう朝日です」の特集です。

「長尾和宏オフィシャルサイト」
「NPO法人 つどい場さくらちゃん」



年に一回の「青い鳥郵便葉書の無償配布」。 - 2016.05.01 Sun

該当する手帳がある方は、ハガキが20枚いただけます。年に一回この時期だけです。
以下、日本郵便の青い鳥葉書無償配布のページより。
**********

「青い鳥郵便葉書の無償配付」は、1976(昭和 51)年度に当時の厚生省が提唱していた「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさら に深めることを目的とし、実施、継続しています。

1 配付の対象
(1) 重度の身体障がい者
1 級又は 2 級の方 (2) 重度の知的障がい者
療育手帳に「A」(又は 1 度、2 度)の表記がある方
2 受付期間
2016 年 4 月 1 日(金)から同年 5 月 31 日(火)まで
3 配付葉書 通常郵便葉書(無地、インクジェット紙又はくぼみ入り(注)) 通常郵便葉書胡蝶蘭(無地又はインクジェット紙)
4 配付枚数
お一人につき上記配付葉書の中からいずれか 1 種類を 20 枚

詳しくは、「日本郵便の青い鳥郵便葉書の無料配布」 のページへ。


↑クリックすると大きくなります。

aoi2.jpg
↑クリックすると大きくなります。


報道特集「つどい場さくらちゃん」「長尾和宏先生」「介護旅行」。 - 2015.05.11 Mon

 5月9日リュウとの夕食時テレビから報道特集が。
 介護を支えるという兵庫県の「つどい場さくらちゃん」の活動の様子が写っていました。長尾和宏先生も登場し、沖縄の介護旅行ではサプライズで登場も。元気づけられる映像です。必見。





北海道の道南乙部町にバリアフリーホテルオープン。 - 2015.04.21 Tue

以下、「檜山振興局」のホームページより。

ー ー ー ー ー ー ー

 バリアフリーホテルあすなろ
 2015年4月21日オープン

 社会福祉法人「江差福祉会」が運営する障害者や高齢者、その家族の利用を優先したホテルで、全国初のソフト・ハード面ともに完全バリアフリーのホテルです。
 客室は一般から高級仕様の3種類で計29室、最大宿泊人数は70人。自動ドアやリクライニングベッド、介護者用のベッド、車いす利用者らが使いやすい書斎を備えています。1階の共用浴場は男女ともに車いすで移動できるサウナや露天風呂。家族風呂と介護用専用の浴室もあります。
 夕食は本格広東料理で、朝食は焼きたてパンや薬膳粥などを提供します。CAC化粧品を使用したエステ、フットケア、マッサージ、ネイルアートのオプションもあります。
 スタッフは計33人で、このうち知的障害者20人を採用。ホームヘルパー資格保持者による入浴介助、レストランや厨房の見習い、ベルボーイなどの業務に就いています。




↑4月19日北海道新聞朝刊。クリックすると大きくなります。

 車椅子のまま浴槽に入れるんですね!親の会で車椅子で参加していたNさん、「温泉にもう一生入れない」と言っていましたが、ここなら大丈夫なんじゃ!
 リュウも行けたらいいな〜。

 すごいすごい!


「青い鳥葉書」の無償配布期間中です。 - 2015.04.05 Sun

 毎年この時期、重度の身体障がい者及び重度の知的障がい者の希望者を対象に「青い鳥郵便葉書」が無償で配付されています。
 詳しくは日本郵便の「青い鳥葉書の無償配布」のページをご覧になってください。
 今年は、4月1日から6月1日までです。

 上記リンクを開くと『「青い鳥郵便葉書の無償配付」は、1976(昭和 51)年度に当時の厚生省が提唱していた「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさら に深めることを目的とし、実施、継続しています』とあります。
 日本郵便さん、感謝します。


NPO法人『地球村』代表の「非対立」の高木善之さんのトークセッションのお知らせ - 2014.06.16 Mon

 先日「非暴力でも対立したままでは問題は解決しないので、非対立で」と訴える高木善之さんに、札幌の集まりでお会いできました。
 高木さんは、「非暴力」はガンジーが初めて言った言葉で、「非対立」は私が初めて言った言葉と高木善之さんは言いました。
 高木善之さんを知っていますか?NPO法人「地球村」の代表であり「非対立」を唱えてもう30年になるそうです(地球村設立は1991年)。
 私は昨年まで知りませんでした。知ったきっかけは、新聞の夕刊の折り込みチラシです。
 昨年選挙があったのですが、各政党の一覧と選挙の争点となる各問題の賛成反対の意思表示の一覧のチラシがが入っていたのです。裏面にはこれが通ったらどうなるという簡単な解説付きでした。私は、

えっ!選挙って、「自分の政党が一番正しいから、一票を!」って言うのが普通だよね。このチラシは、各政党の賛成反対の事実を伝えているだけで、あとは自分で考えて投票に行ってね、という主旨だ!どの政党を応援しているわけでもなく、どの政党を批判しているわけでもない。

と、びっくりしました(←よくびっくりする)。そのチラシの発行がNPO法人「地球村」になっていたのです。

 私は「自分が支持している政党が一番正しいからここに投票して!」と訴えられると引いてしまいます。自分で納得して投票したのか、他の人の頭で考えて投票したのか、わからなくなるからです。ゆっくりでも、この政党はこの政策を賛成していて、あの政党は反対している、私はどういう風に考えるか考えたいと思っています。地球村のチラシは、私の心を解放してくれるように、そんな風に思いました。大げさでなく。

 そして「非対立」の考え方とは、『抗議、要求、戦い、主義主張、論争といった「対立」をせず、事実を伝える、提案する、実践する、協力するなど、「非対立」を基本として問題を解決する姿勢(スタンス)~話しあう、違いをみとめる、歩みよる~』だということを知り、これこそが家庭から地域、果ては国同士のもめごとまでの、すべてのトラブルの平和への近道だと思いました。
 この選挙のチラシも、各政党の政策の事実を伝えていただけなのです。

 7月5日(土)に「平和のつくりかた」という高木善之さんとNPO法人hanna代表木下弘美さんのトークセッションが札幌西区の「ちえりあ」であります。よかったら是非、高木善之さんの生のトークを聞いてみませんか?目からウロコかも。

会場 札幌市生涯学習センター ちえりあ 6階講堂
定員 定員 210名
時間 13:30~16:30
参加費 講演会:前売券 2,000円 / 当日券 3,000円
ミニワークショップ:前売券 3,000円 / 当日券 3,500円
託児 600円/ひとり 二人以上 500円/ひとり ※要予約
お申込 電話、Fax、Email、もしくは下記の申込フォームにてお願いします。
電話 Tel : 011-722-7039
Email : kouen@hanna-sapporo.net
FAX 011-722-7037
主催 NPO法人 hanna
後援:札幌市・札幌市教育委員会

上記正式ページは、「地球村」の専用のお知らせページへ。ここをクリックしてください

NPO法人地球村のホームページ。
http://www.chikyumura.org/
NPO法人hannaのホームページ。
http://hanna-sapporo.jimdo.com/

高木善之さんについて(地球村HPより)。

NPO法人ネットワーク『地球村』代表。
 1970年、大阪大学物理学科を卒業後、パナソニックに入社。
交通事故をきっかけに人生観が変わり、多くの成果を上げたことで社長スタッフに抜擢され、フロン全廃、割り箸撤廃、森林保全、環境憲章など環境政策を推進する一方、合唱団を創立、指揮者として全日本合唱コンクールで金賞を受賞するなど音楽分野でも活躍。
 1991年、『地球村』を設立。リオ地球サミット、欧州環境会議、沖縄サミット、 ヨハネスブルグ環境サミットなどに出席し、『地球市民連合』を提唱するなど本格的な活動を始める。
講演では、環境問題、平和問題から生き方まで、現状の社会が抱える様々な問題について様々な呼びかけを行い、数十冊の書籍を出版。

私が買った本は、「非対立の生き方」(著者 高木善之、発行所 株式会社ビジネス社)です。冷蔵庫のフロン全廃の動きだけは知っていたのですが、実際に誰がどういうきっかけでやったのかは知りませんでした。社長室での一問一答が載っています。


↑その選挙のチラシ表面。


↑裏面。



_

ご冥福をお祈りします。 - 2014.06.01 Sun

伊藤華奈さんのご冥福をお祈りします。



_



札幌厚別上野幌在住「伊藤華奈さん」捜しています! - 2014.06.01 Sun

 5月8日北海道新聞朝刊。
「札幌市厚別区の自宅近くで4日から行方不明になっている養護施設職員伊藤華奈さん(25)について、札幌厚別署は7日、約30人態勢で自宅周辺の捜索を続けた。これまで有力な手掛かりがなく、近くのJR上野幌駅で情報提供を呼び掛けるチラシを配った」とあります。

 お父さんが一生懸命紙を配っている姿がニュースで何回も流されています。

(※PC版表示で、右に「Read More」とある場合は、そこをクリックしてください。続きが表示されます。)

意思伝達システム「ニューロコミュニケーター」のテレビ放映 - 2014.05.22 Thu

いま、注目の最先端研究、脳波を読み取る”意思伝達システムが開発されつつあるそうです。そのテレビ放映が、5月25日(日)夜18時半から、TBSであります。

以下はテレビ番組のページより

念じれば通じる!?"脳波を読み取る”意思伝達システム 気持ちを伝える〜新コミュニケーション
産業技術総合研究所 理学博士/長谷川良平さん

念じるだけで、自分の意思を相手に伝える―。
そんな“テレパシー”のような技術の開発が、着々と進んでいる。

産業技術総合研究所の長谷川良平博士が手がけるのは、
人間の脳から発せられる信号=“脳波”を読み取り、それを瞬時に解析して、
モニター上に伝えたいメッセージが表示される、という画期的なシステム。
例えば、「公園に行きたい」と頭の中で念じれば、画面上のキャラクターが、
本人に代わって、音声でメッセージを読み上げてくれる、というもの。

病気や障害などで、言葉を発することができない人たちや、
思うように体を動かすことができない人たちが、自分の意思を伝えるのに役立てば―。
長谷川は、難病患者の自宅に何度も足を運び、実験と改良を重ねている。
そこには、脳卒中の後遺症で話せないまま他界した、実母への想いがあった・・。

少しでも早く実用化させたい―。そんな長谷川の前に、大きな課題が立ちはだかる。
重度の患者は脳波が微弱で、意思をうまく解読できないケースが・・。
そこで長谷川は、脳波を強く引き出すための、ある秘策を思いつく―。


テレビ番組の予告はここをクリックしてください

長谷川良平さんの開発している「ニューロコミュニケーター」の説明は、ここをクリックしてください




先日の特別支援校開校の報道について。 - 2014.04.16 Wed

 札幌市内に特別支援学校を2016年に開校し、人数がたくさんのワタルの養護学校の生徒を一部転校させるという道教委の発表があったという新聞等の報道についてのお便りが学校よりありました。
 今のところ学校は、マスコミでの報道内容を道教委から伝えられていないそうです。お手紙には道教委も検討中のことで報道された内容が決定でなないとのことが書かれていました。学校も困惑しているそうです。
 子どもたちに影響が及ばないように、私のブログ記事も取り止めにしました。今後確かなことがわかりましたら、またアップしたいです。



「青い鳥葉書の無償配布」 - 2014.04.06 Sun

 毎年4月のこの時期に、重度の身体障がい者、重度の知的障がい者に青い鳥郵便葉書(官製はがき)が、申し込んだらいただけます。郵便料金も上がったので、対象になる方は、忘れずにいただきましょう〜。

 以下、日本郵便株式会社のホームページより。リンク先は、「青い鳥郵便葉書の無償配布-日本郵便」ですが、「身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさらに深めることを目的とし」というのは、私も今初めて知りました。

= = = = =  = = = = =

 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 髙橋 亨)は、重度の身体障がい者及び重度の知的障がい者で、受付期間内にご希望いただいた方に、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に 通常葉書を入れた「青い鳥郵便葉書」を無料で配布いたします。
「青い鳥郵便葉書の無償配布」は、厚生労働省が提唱している「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさらに深めることを目的とし、1976(昭和51)年度から実施しております。

1 配布の対象
(1) 重度の身体障がい者
1級又は2級の方
(2) 重度の知的障がい者
療育手帳に「A」(又は1度、2度)の表記がある方

2 受付期間
2014(平成26)年4月1日(火)から同年6月2日(月)まで

3 配布葉書
通常葉書(「くぼみ入り※」、「無地」、「インクジェット紙」)
※「くぼみ入り」は、目の不自由な方が使いやすいように、葉書の表面左下部に半円形のくぼみを入れ、上下・表裏が分かるようにした葉書です。

4 配布枚数
お一人につき20枚

5 お申出方法
(1) 窓口でのお申出方法
窓口で配布の希望をお申出いただく場合は、最寄りの郵便局(簡易郵便局を除きます。以下同じとします。)に身体障害者手帳又は療育手帳をご提示いただいた上、所定の用紙(別紙)に必要事項をご記入の上、ご提出願います。
なお、代理の方によるご提出でも結構です。
お申込みに必要な用紙は、郵便局の窓口に備え置いています。

(2) 郵送でのお申出方法
郵送により配布の希望をお申出いただく場合は、適宜の用紙に、次の事項を記入して最寄りの郵便局に郵送してください。
ア 「青い鳥郵便葉書配布申込書」
イ 手帳の種類
ウ 手帳番号
エ 級別又は程度

日本郵便株式会社
総務部 広報室 報道担当
電話:(代 表)03-3504-4411
(直 通)03-3504-9798

【お客さまのお問い合わせ先】
お客様サービス相談センター

<電話番号>
0120
フリーコール
-23
ふみ
-28
には
-86
ハロー

携帯電話からご利用のお客さま
0570-046-666
(通話料はお客さま負担です。)

<ご案内時間>
平日:8:00~22:00
土・日・休日:9:00~22:00
※おかけ間違いのないようにご注意ください。

= = = = =  = = = = =

「ライト・イット・アップ・ブルー JAPAN 2014」世界自閉症啓発デーの日のイベント。 - 2014.04.02 Wed

 今日4月2日は国連が定める「世界自閉症啓発デー」。色々な啓発行事が行なわれるのですがその中の一つを紹介します。日本ライトイットアップブルー実行委員会(NPO法人あっとオーティズム)による「ライト・イット・アップ・ブルー JAPAN 2014」というイベントなのですが、インターネットのフェイスブックを中心に、開催されます。
 4月2日の日没と共に、日本全国の協力してくださった建物がブルーに点灯します。イベント参加者は、それらを写真に写して、フェイスブックの投稿先(Light It Up Blue Japan)に投稿したり、身近にある青い物を写して、投稿したりします。
 フェイスブックでは、自分が投稿すると、フェイスブック上のお友だちがその投稿を目にすることになります。そうして、自発的に参加した人が、4月2日に、いっせいにフェイスブックで自閉症の啓発します。
 それは、日本だけではなく、世界中で、4月2日の日没から開催されます。
 

(Light It Up Blue Japan)のフェイスブックのページは、登録していなくても見れますので、そのイベントで次々目にするブルーの写真は、圧巻です。ぜひ今夜ご覧になってみてください。
 
 日本では、2011年に兵庫県の有志の方からスタートしたそうです。2011年は、兵庫大 仏能福寺、神戸ポートタワー、神戸メリケンパークオリエンタルホテルがブルーにともしてくれたそうです。東日本大震災の直後に、同じ大震災を経験した神戸 の方たちが、行動を起こしてくれました。
 そうですね、落ち着きがなくて、あまりまわりのことを考えられなく比較的大きな声を出したりするワタルと私たちが、体育館等の避難所に、何日も過ごせる自信はないです。

 来年以降も順調に啓発が続きますことを。

 自閉症に関しては、お友だちが更新している北海道自閉症協会札幌分会札幌ポプラ会をぜひご覧ください。



ご協力いただいた施設の一覧表。ありがとうございます。
クリックすると大きくなります。


_

「臨時福祉給付金」「子育て世帯臨時給付金」について。 - 2014.03.26 Wed

 平成26年4月から消費税が8%に上がりますが、所得の低い方や子育て世帯の影響を考慮して、対象となる人が申請した場合、「臨時福祉給付金」、「子育て世帯臨時給付金」が国から一回だけ給付されるそうです。
 申請先は各市町村。札幌市の場合の申請、給付手続きの開始は6月中旬以降になる見込み(平成26年度分の市民税の課税が6月中旬にはっきりしますね)で、札幌市のホームページや広報さっぽろ等で、具体的な日にち等お知らせするそうです。
 各市町村ごとに申請時期が異なるそうですが、だいたい同じくらいの時期のようですよ。お住まいの各市町村にご確認を。

「臨時福祉給付金」

平成26年分市町村民税(均等割)が課税されない方。
1人につき一万円。ただし、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金等の受給者や児童扶養手当、特別障害者手当等の受給者は、五千円加算されて一万五千円に。
→詳しくは、厚生労働省の臨時福祉給付金のページへ。

「子育て世帯臨時給付金」

臨時福祉給付金の対象外の方で、平成26年1月分の児童手当の受給者で、平成25年の所得が児童手当の所得制限に満たない方。対象児童一人につき一万円。

→詳しくは、厚生労働省の子育て世帯臨時給付金のページへ。

 フェイスブックで情報が伝わってきたので、調べてみましたよ~。



_



ブログにつながらない - 2013.08.31 Sat

 数日前から、ブログにつながりづらい、拍手ができないというような状況があるようで、私も今朝、期間限定のお試しの有料プラン(期間中無料)に変えてみたのですが、効果がないようです。FC2側に問題があるのでしょうか。引き続き、状況お知らせください。





空飛ぶドクターと、看護師さん同行のツアーの新しい企画 - 2013.08.24 Sat

 「アロハ オラ」プロデュースの病気や療養中の方も大丈夫な旅行の新しい企画が二つ発表になりました。 

 一つ目は、関西空港発着の「空飛ぶドクターと行く北海道4日間の旅」で、期間は平成25年10月9日(水)〜12日(土)です。
 行き先は、北海道のニセコや洞爺湖、登別温泉、札幌、小樽なのですが、詳しくは、アロハ オラのこちらのページをご覧ください。チラシは、クリックすると大きくなります。 申し込み締め切りは、9月2日(月)です。
 なお、この旅行に際しての、ツアーナース研修生も募集中です。詳しくは、こちらをクリックしてください
 
 二つ目は、新千歳空港発着の「空飛ぶドクターと行く宮古島と沖縄本島4日間の旅」で、期間は平成25年11月13日(水)〜16日(土)です。
 行き先は、宮古島、美ら海水族館、ひめゆり平和祈念資料館などです。詳しくは、、こちらをクリックしてください
 申し込み締め切りは、9月30日(月)です。

 また、アロハ オラのホームページの「お問い合わせ」をクリックすると、連絡先が表示されるので、旅行についてや、ツアーナースについて、お尋ねしたいことがありましたら、お気軽にどうぞ。「お問い合わせ」のページは、こちらです

 今回も私たちが参加した旅行と同じく、空飛ぶドクターの坂本泰樹先生、アロハ オラの江口優子さん、近畿日本ツーリスト(株)和歌山支店さんのご協力のもと実施されようとしています。
 体力や体調に自信なくて旅行をあきらめていた方は、この際、思いきって参加されることをお勧めします。また、旅行に行けると思っていなくて、その情報も伝わっていないと思われる方に、ぜひお伝えください。
 お食事に関しても、アレルギー、カロリー及び塩分等の制限、また経管栄養につきましても、事前にご相談いただき対応可能とのことです。
 私たちが行った旅行記(車イス使用)は、ここをクリックしてください。参考になるかと思います。
 
 私たちも沖縄に行きたいのは、谷谷なのですが、今年は無理かなと思っています。残念。

hikouki.jpg
↑5月24日撮影。旅を終えて、新千歳空港に戻ったところ。黄色い線の手前が飛行機内。





「車イストイレ」のページが完成しました。 - 2013.08.16 Fri

 旅行記の「車イストイレ」のページが完成しました。

 「車イストイレ」のページへ(←クリックしてください)。

 それから、「旅が終わって」のページで、伊勢神宮の鳥居の説明のページが、伊勢神宮のホームページ内で見つかったので、リンクもはり、文章も追加しました。
 私が写した宇治橋と鳥居の写真も追加しました。

 「旅が終わって」のページへ(←クリックしてください)。






三重・和歌山へ - 2013.08.11 Sun

 旅行記のストーリーの部分、先日完成しました。
 昨日、小耳にはさんだのですが、どなたかわかりませんが、このコースを個人的にまわられるかもしれないとのこと。
 旅行記で、二日目に入れ忘れていた道の駅「紀伊長島マンボウ」をいま、追加しました。ぜひ、マンボウの串、食べてみてくださいね。
 あと、私はねこ好きで、和歌山の「たま駅長」にも会ってみたかったのですが、駅に駐車場はないとのことです。
 電車じゃないと、会うのはむずかしいですね。

 二日目の旅行記はこちらです(←クリックしてください)

 ※「車イストイレ」「風景写真」のページは現在、作成中です。




空飛ぶドクターと行った旅行記最終話まで完成。 - 2013.08.04 Sun



 「空飛ぶドクターと行ったお伊勢詣りと和歌山熊野詣」の「第三日目」と「旅を終えて」が完成しました。これで、ストーリーとしての部分は完成しました。

 「第三日目」は、ここをクリックしてください(←クリック)。

 「旅を終えて」は、ここをクリックしてください(←クリック)。


 旅行記を最初から読む人は、ここをクリックしてください(←クリック)。




追記(8/8):たくさんの「拍手」「いいね」ありがとう。




入院中の選挙について。 - 2013.07.10 Wed

 以下は『病院で、不在者投票をする(#リュウ35)。』というタイトルで、2012年12月16日にこのブログに書いたものです。

 「病院に入院中の人は、選挙の投票はどうするんだろう?」と、疑問に思っていました。
 小学校の体育館などの投票場所まで、院外外出をして、行かなくてはないのかな?と思っていたら、看護師長さんがひとりひとりに、
「選挙はどうしますか?」
と、聞いてまわっていました。リュウと私のところにも来て、
「選挙はどうしますか?」
と聞いてくれました。
「どこで、投票するんですか?」
 私が聞くと、
「ここの病院で、投票箱に投票用紙を入れてもらいます」
 看護師長さんが言いました。
「病院でできるんですか?」
「はい。12月12日に不在者投票を、病院でします」
 そうなんだ!でも、大きな問題があります。リュウは、字が書けないのです(正確には字を書くことが非常に困難)。
「あの〜、夫は、字が書けませんが、それでも投票できますか?」
と聞くと、
「指差しで結構です」
と答えてくれました。
 字が書けない人は、担当の人に字を書いてもらう代理投票という制度があるんですね。これなら、リュウも投票できます。
「よかったね!リュウ」
と私が言うと、リュウは、コクンとうなづきました。
 その日の連絡ノートを見ると、投票箱に自分で投票用紙を入れ,無事に投票できたと書かれてあり、リュウにも確認しました。
 よかったです。

 今日は、選挙の日。私も投票してきます。


 以上が去年初めて入院中に選挙があり、病院内での投票を体験した日記です。リュウは、入院前までは、私と投票所に行き、何とか何とか字を書いて、投票していました。でも、その頃から、今後字が書くことがもっと困難になったらどうやって投票するんだろう?と疑問に思っていました。
 まず昨年病院で投票しわかったことですが、都道府県の選挙管理委員会が指定した病院あるいは介護福祉施設などで、不在者投票ができます。字が書くのが困難な場合、代理投票という制度を利用して、投票することができます。病院内でも投票所でも、自分の意思を係の人に伝え、代わりに記入してもらい、投票します。
 昨日、看護師長さんとお話しました。看護師長さんがおとついリュウに投票するかどうか聞いたら、「する」、とのことで、リュウも病院内の一室で、不在者投票をすることになったとのことです。
 病院に入院中、介護福祉施設などに入所中の方は、不在者投票できる病院、施設であるかどうか、まずは職員の方に聞いてみてください。



写真は、リュウに届いた今回の選挙をお知らせするハガキ。去年は病院で投票する際必要かと思い、病院にもって行きましたが、とくに必要ではなかったので、今回は持って行かないかなと思っています。

追記(7/13):指定病院での不在者投票の流れですが、個人に選挙の意思を確認し、選挙をする人の名前を病院長が、名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に、直接または郵便等で投票用紙を請求し、交付してもらいます。ですから、このハガキを持って、選挙当日投票所に行っても、できないそうです。






「車イス使用の夫と飛行機に乗った旅行記」の「第二日目」のページ完成しました。 - 2013.07.07 Sun

ro.jpg

 「車イス使用の夫と飛行機に乗った旅行記」の第二日目は、三重県の志摩観光ホテルクラシックを出発して、三重県熊野市の「花の窟神社」に行き、そこから和歌山県の熊野古道のある那智山に行きました。その後、和歌山県串本町の「橋杭岩」に寄り、宿泊先の串本ロイヤルホテルに泊まりました。

 「第二日目」のページを見るには、ここをクリックしてください(←)。

 旅行記の最初のページの「きっかけ」から見るには、ここをクリックして(←)ください。




【空飛ぶドクターと行くお伊勢詣りと和歌山熊野詣】第二弾 参加者募集中。 - 2013.07.01 Mon

 私たちが5月に行った【空飛ぶドクターと行くお伊勢詣りと和歌山熊野詣】の第二弾の参加者募集中です。
 私たちより一泊増え、三泊四日です。ほかの大きなちがいは、東京駅集合、羽田空港解散ということと、遊覧船に乗ることです。
 以下は、アロハ オラのホームページより、引用させていただきました。


☆【空飛ぶドクターと行くお伊勢詣りと和歌山熊野詣】第二弾の行程発表です!
東京駅集合、羽田空港解散の3泊4日コースですので全国各地からのご参加が可能となっております
医師、看護師が同行するツアーですので医療処置が必要な方、胃ろう、認知症等も対応いたします。ご自身の健康状態、参加に際して不安なことなどお気軽にお問い合わせください。

9月8日(日)
東京駅を13:00頃ご出発 
新幹線で名古屋駅に移動
名古屋駅から観光バスで賢島に移動し、志摩観光ホテル・クラシックご宿泊です

9月9日(月)
ホテルを9:00頃ご出発
賢島港から遊覧船で英虞湾遊覧
夫婦岩・二見興玉神社ご見学、ご昼食
伊勢神宮・外宮、内宮は専門ガイドが同行いたします
志摩観光ホテル・クラシックご宿泊です

9月10日(火)
ホテルを8:30頃ご出発
奥伊勢PA、紀伊長島でご休憩
那智山(ねぼけ堂)でご昼食
那智山(大門坂、那智大社、那智の滝)観光は専門ガイドが同行いたします
串本ロイヤルホテルご宿泊です

9月11日(水)
8:30頃ホテルをご出発
潮岬(本州最南端)、白浜車窓観光(白良浜、円月島)
とれとれ市場南紀白浜でお買い物とご昼食
伊丹空港を18:00頃出発
羽田空港19:00頃到着解散

全行程、添乗員及び看護師同行
*空飛ぶドクターは東京駅~伊丹空港まで同行です

お問い合わせは 090-8270-3916  江口までお願いいたします。

平成25年6月25日 ALOHA OLA 代表 江口優子


※このページが載っているアロハ オラのサイトを表示するには、ここをクリックしてください。



写真は、バニラ撮影。撮影日、5月23日。

 第一弾にリュウと参加した旅行記(まだ3ページしか完成してないです)は、ここをクリックしてください。





岩波書店「世界」7月号に「おばちゃん党」の紹介ページが。 - 2013.06.17 Mon

 岩波書店の「世界」7月号の107ページに「おばちゃん党」の特集ページがあります。29ページには、谷口真由美代表代行の文章もあります。480円だと思って、レジに持って行ったら、840円でした。「世界」買ったことないから、値段を見間違えました。





「車イス使用の夫と飛行機に乗った旅行記」の3ページ分できました。 - 2013.06.10 Mon

ro.jpg
1ページ目が「旅のきっかけ」です。
2ページ目が「出発前と持物」です。
3ページ目が「第一日目」です。
4ページ以降は、まだ完成していません。
 このブログ内ではなくて、ちがうページに作成しました。1ページ目の「旅のきっかけ」は、このブログに書いたものとほぼ同じ内容です。2ページ目、3ページ目がみなさんの目に触れていないのですが、かなり長いので、時間がある時に、お読み下さい。そして、ぜひいつか3ページ目(第一日目)の「志摩観光ホテルクラシックのレストラン ラ・メール クラシック」のところまで、たどり着いて下さい。
 旅行記を読むには、ここをクリックしてください。

 ここから以下は、次の方がお読み下さい。

「この旅行記はどこに存在しているのか?」と疑問に思った方です。

 ここの「やさいいまなざし」というブログは、私のサイトの日記の部分で、サイトの一部分です。それは、「やさしいまなざし」からのお付き合いの方には、お知らせしていませんでした。大変申し訳なかったと反省しています。サイトのトップページ(本で言えば表紙と目次のある部分)のアドレスをお伝えします。ここに、「車イス使用の夫と飛行機に乗った旅行記」という箇所があります。そこをクリックしていただくと、今回の旅行記のページが表示されます。

 サイトのトップページのURLは、http://www.geocities.jp/bekomoti_15ko/(←クリックしてください)です。なお、このブログの左のところにある「サルの写真」の下に、いつでもトップページいけるように、リンクを貼りました。

 今後ともよろしくおねがいします。





答えは「あくせく」です。 - 2013.05.16 Thu

 5月15日の日記の中で、「齷齪」は何と読むかと質問しました。
 答えは、「あくせく」です。

 なお、齷齪という漢字が特に、老眼の方は見づらいかと思い、これを機に、パソコン版の文字を大きくしました。




ライト イット アップ ブルー イン ジャパン in 2013 開催されました。 - 2013.04.21 Sun

 毎年4月2日は国連が定める「世界自閉症啓発デー」。日本自閉症協会と厚生労働省が啓発のための取り組みを展開する中、NPO法人あっとオーティズム(←クリック)内に実行委員会事務局が設置された「ライト イット アップ ブルーで日本が、世界がつながる!」というイベントが、インターネットのフェイスブックを中心に、開催されまし た。日本自閉症協会(私も末端会員です)もこの活動に参加しています。

 4月2日の日没と共に、日本全国の協力してくださった建物がブルーに点灯します。イベント参加者は、それらを写真に写して、フェイスブックの投稿先(Light It Up Blue Japan)(←クリック)に投稿したり、身近にある青い物を写して、投稿したりします。
 フェイスブックでは、自分が投稿すると、フェイスブック上のお友だちがその投稿を目にすることになります。そうして、自発的に参加した人が、4月2日に、いっせいにフェイスブックで自閉症のイベントを啓発しました。
 それは、日本だけではなく、世界中で、4月2日の日没から開催されました。
 日本では、24県49カ所、世界では、90カ国7000カ所もの建物等がこの日ブルーにライトアップされました。
 そのイベントで次々目にするブルーの写真は、圧巻です。
 私はフェイスブックに去年登録して、去年の4月2日にお友だちを通じてそのイベントを知りました。
「今年は、あなたも参加しない?」とお友だちが誘ってくれました。そして、ライトアップ協力企業のびっくりドンキーひばりヶ丘店がうちから近いので、その写真を写し、投稿しました。イブキとワタルとびっくりドンキーで、ハンバーグも食べてきました。
 そうして、全国各地でブルーにライトアップされた施設、みんなが写してフェイスブックにアップした写真を紹介します。


一番上左から、堀口クリニック(北海道釧路市)札幌時計台(北海道)びっくりドンキー札幌ひばりヶ丘店(北海道)
真ん中左から、東京タワー(東京都)東京スカイツリー(東京都)六本木ヒルズ森タワー(東京都)
一番下左から、アサヒビール本社(東京都)横浜マリンタワー(神奈川県)千葉ポートタワー(千葉県)

一番上左から、水戸芸術館シンボルタワー(茨城県)富士急ハイランド観覧車(山梨県)世界遺産・五箇山菅沼集落(富山県)
真ん中左から、富山城(富山県)ツインアーチ138(愛知県)通天閣(大阪府)
一番下左から、神戸ポートタワー(神戸港)(兵庫県)兵庫大仏・能福寺(兵庫県)明石海峡大橋(兵庫県)

一番上左から、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸港)(兵庫県)ホテルオークラ神戸(神戸港)(兵庫県)神戸ハーバーランドモザイク大観覧車(神戸港)(兵庫県)
真ん中左から、しあわせの村(兵庫県)ファンタジー号(神戸港)(兵庫県)芦屋市役所市庁舎(兵庫県)
一番下左から、神戸市いかり山(兵庫県)本願寺神戸別院(兵庫県)広島城天守閣(広島県)

一番上左から、海峡ゆめタワー(山口県)石炭記念館(山口県)高杉晋作像(山口県)
真ん中左から、両国橋西公園野外ステージ(徳島県)別府タワー(大分県)坂本龍馬像(高知県)
一番下左からシカゴ(アメリカ)シンガポール、シンガポール→いずれも番外編

 以上は、イベント直前の3月30日に実行委員会から発表されたライトアップ参加施設で、今回のイベント投稿先のフェイスブックのページで私がピックアップした写真です。青く輝いていた写真、全部載せたつもりが、見逃しているものもあるかもしれません。その時は、ごめんなさい。あと、開催日以降に、新しくリストに載ったものも把握しきれず、入っていません。すみません。

 みなさん、兵庫県がたくさんあるの気づきましたか?そうです。日本では、2011年に兵庫県の有志の方からスタートしたそうです。2011年は、兵庫大仏能福寺、神戸ポートタワー、神戸メリケンパークオリエンタルホテルがブルーにともしてくれたそうです。東日本大震災の直後に、同じ大震災を経験した神戸の方たちが、行動を起こしてくれました。
 そうですね、落ち着きがなくて、あまりまわりのことを考えられなく比較的大きな声を出したりするワタルと私たちが、体育館等の避難所に、何日も過ごせる自信はないです。

 来年以降も順調に啓発が続きますことを。

 自閉症に関しては、お友だちが更新している北海道自閉症協会札幌分会札幌ポプラ会(←クリック)をぜひご覧ください。

※写真見つからず上記に載せていなく、3月30日のリストに入っている施設。NEXT21(新潟県)渋谷ヒカリエ(東京都)SHIPS渋谷店原宿店(東京都)八景島シーパラダイス(神奈川県)エスパルスドリームプラザ観覧車「ドリームスカイ」(静岡県)錦帯橋(山口県)国分パークプラザ(鹿児島県)国分城山展望台(鹿児島県)鹿児島中央駅観覧車「アミュラン」(鹿児島県)。見つけられなくて、ごめんなさい。



ライト イット アップ ブルー イン ジャパン in 2013 - 2013.03.27 Wed

 毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」。
 日本および世界中の人々が日没と共にブルーの光で自閉症応援のメッセージを伝えるイベントが開催されます。
 参加団体や企業の各地のタワーや建物がブルーに点灯されます。またその写真や身の回りの青いものを写し、ライト イット アップ ブルー イン ジャパンのフェイスブックページにアップします。

 実行委員会(NPO法人あっとオーティズム内 LIUB in Japan 2013 実行委員会事務局)等詳細とポスターは、→こちらをクリックしてください。

 投稿先のフェイスブックのページ(Light It Up Blue Japan)は、→こちらですが、フェイスブックに登録している人しか見れないかな・・・?

 自閉症のこどもを理解するためには実行委員会ホームページの「自閉症とは」というページ、→こちらをクリックしてみてくださいね。

 私も近くのハンバーグ屋さんに行ってみようかと思っています。



「農園のミミズ」に画像追加しました。 - 2013.02.10 Sun

 先日アップした「農園のミミズ」ですが、当時の農園でのワタルの写真、追加しました。

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/blog-entry-110.html




お盆休みの更新情報 - 2012.08.11 Sat

今日、明日、忙しくて、更新できません。
来週、お盆休みなので、その間に更新します。

なお、「アホが見るブタのケツ」の歌の、でどころがわかりました。
ブログを見た友だちが、「今、テレビで流れてて流行っているらしいよ」とメールくれました。
テレビ番組を調べてみると、テレビ東京系の「ピラメキーノ」で、嘉門達夫の曲を流したそうです。
それが、子どもたちの心をつかみ、大好評だとか。
ワタル、この番組見ているの私、知っています。
ただ、夫が入院してからは、見ているその時間に、私は家にいません。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

お墓参りとプール Aug 09, 2017
今日は飲み込みが良かったなぁ~(動画)。 Aug 02, 2017
添乗看護師の江口さんお疲れ様でした。 Jul 31, 2017
『車イス旅行記』トイレページにメーカーさんが気が付いた。 Jul 29, 2017
リュウの背もたれしない座位。 Jul 19, 2017
I夫妻の支え歩行(介助ベルト使用)。 Jul 09, 2017
1年ぶりの九州地方からの患者さんと夫さん。 Jul 09, 2017
広島のMさんより嬉しいメール。 Jul 08, 2017
リュウの足を踏んじゃった! Jul 07, 2017
「マダアルク」 Jun 30, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア