ブログパーツ

2013-02

まちがえたトイレの手すり #リュウ49 - 2013.02.27 Wed

 昨日のことです。
 いつものように会社帰り病院に寄り、夕食の手助けをしました。
 夕食も終わり、私の母の差し入れのどら焼きと、私の姉の差し入れのロイズのチョコも食べ終わり、洗面所に歯を磨きに行こうと思いました。

「あっ!その前にトイレだね」

 そう言って、リュウをトイレに誘導します。ガラガラと引き戸を開け、洋式トイレの前に立ってもらい、いつものように天井から床に設置してあるたて型の手すりにつかまってもらおうとした時です。
 リュウがガシっと掴んだのは、私の腕でした。私の腕を手すりと勘違いしているようで、しっかりとにぎっています。

「リュウ!つかんでいるの手すりじゃないよ!それは、私の腕だよ!」

と言っても、にぎったままです。リュウは一度にぎると、なかなか手を離しずらいのです。

「リュウ!いまつかんでいるのは私の腕だよ!」

 また言いました。でも、しっかりにぎったままなので、私の方も、私の腕も手すり並みに頑丈だから、このままでいいかな・・・、と思い、あきらめかけた時、やっと手を離し、本物の手すりに持ち替えてくれました。




続々ミミズについて - 2013.02.21 Thu

 勤労ちゃんの妹2号さんが「研究者のぷらいど」での最新文献 を勤労ちゃんに送ってくれ、それを私に転送してくれました。勤労ちゃんの妹2号さんがどうしてミミズに詳しいのか聞いてみると、いま企業で微生物(ミミズの種類も含む)を調べるお仕事をしているそうです。
 勤労ちゃん自身もそうですが、色々な専門の人が勤労ちゃんのまわりにいて、びっくりしています。たまたま来た電話でミミズの事を聞いたらすぐに答えられる妹さんがいるって、素敵な姉妹ですね!←(?)

 以下が、妹2号さんから送られた「研究者ぷらいど」の最新文献です。


ミミズの種類はとても多い。一般的に日本で見られるミミズは濡れている。口から腸はつながっているが体は節に別れ 隔壁 により それぞれの中に腎臓のような臓器があり腎管から排出される分泌液(おしっこ)による。その分泌液の圧力を利用して伸縮し、また節と節の間の剛毛のスパイク作用により無脊椎動物でありながら地中を自由に動く。五感は高等種は地中生活への対応による 進化 である。またちぎれやすいのは自刃(トカゲの尻尾切りのように)であり 頭部のみ再生し尾が生える。雌雄同体で下等な種は単体分裂であるが 高等な種は双方向精子交換(節がない 帯状の少し太いところ・環帯)による交接で抱卵の後 離卵する。土や腐葉を食し排泄物は 土壌を肥沃にすると言う「益虫」となる種がほとんどであるが ゴルフ場などの芝生を荒らす種もある。循環器として血管も持つ。呼吸器はなく皮膚呼吸と推定されるが 水生種もある。依って高等生物と言える。


 あとは、春になったら、けいちゃんが理科の先生と実験してくれ、その結果待ちです!




湯島天満宮の御守り - 2013.02.18 Mon

 この度のワタルの養護学校高等部の受験に際しまして、私の友だちが先々週東京に行った時、合格の祈念にと学業の神様の湯島神社のお守を買ってくれていました。
 その時「買ったよ!」と連絡が来ていました。

 実際私が手にしたのは、合格発表後のおとついでしたが、そのお陰もあったと思っています。
 有り難うございました。






ワタル養護学校高等部合格 - 2013.02.13 Wed

 今日、発表があり、ワタル、市内で同じ区内の養護学校高等部普通科に合格し、進学が決まりました。スクールバスで、自宅より、通学します。

 先日の試験(面接含む)では、みずから両方の眉を半分剃り、ヘアースタイルはソフトモヒカンという姿でした。
 その件は、まだ後日改めて、記したいと思います。
 進学先が決まり、とりあえず、安堵しています。




樋口了一さんのTV出演、見逃す - 2013.02.13 Wed

「いま、NHKで樋口了一さん、のぞみうたっているよ!」

 昨夜、勤労ちゃんからメールが来ました。
 TVを見てみると、次の人が映っていました・・・。
 見逃してしまいました。
 8時からの「歌謡コンサート」に出場したそうです。

 去年、樋口了一さんのコンサートに行ってから、私は樋口了一さんのツイッターをフォローしていて、よーく見てみると、「これから出場します」とか、つぶやいていました・・・。
 残念!

 勤労ちゃんによると、NHKオンラインというので、再放送教えてくれるそうなので、まずはそこを確認してみようかと思っています。

 樋口了一さんの「のぞみ」のことを書いた日記はこちらです。
 「のぞみ」の全歌詞と作詞者の岡村幸彦さんの私へのメッセージを掲載しています。


「のぞみ」 作詞:岡村幸彦 作曲:樋口了一

2012年12月11日の私の日記です。




「農園のミミズ」に画像追加しました。 - 2013.02.10 Sun

 先日アップした「農園のミミズ」ですが、当時の農園でのワタルの写真、追加しました。

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/blog-entry-110.html




私の誕生日にM病院からのサプライズ! - 2013.02.09 Sat

 2月生まれの私の誕生日の出来事です。
 その日に私は、リュウに欲しいものを伝え、私が買ってくるからと、手渡してくれるようにお願いしました。
 今年のリュウから私への誕生日プレゼントは、ユーミンのベスト盤のCDです。

 お店でラッピングしてもらったCDを持って病室に行き、まずは夕食と思い、リュウとディコーナーに移動しました。
 すると、リュウの入院以来の担当看護師のMナースが、お花を持って登場。そのお花をリュウに渡し、リュウに私に渡すように言いました。リュウとはもう、打ち合わせ済みだそうです。
 私がびっくりしていると、Mナースはリュウが私に渡すその姿を写真に写してくれ、ナースステーションに消えて行きました。
 私がただただびっくりしていると、しばらくして、再び、Mナースが私の目の前に登場。
 手には、色紙を持っています。
 
 「毎日毎日、リュウさんのお見舞いに来ていて、リュウさんきっと、奥さんにとっても感謝していると思うの。でも、うまく伝えられないから、私がそのお手伝いできないかな?と思って、奥さんの誕生日聞いたら、これからだしもう近いし!ってわかって、お誕生日のイベント、リュウさんと打ち合わせしていたの。お花と色紙なんだけど、受け取って」

 そう言って、Mナースが色紙を私に手渡してくれました。
 中心には、さっき写したリュウがお花を私に渡してくれるシーンの写真が貼ってありました。

 そうして色紙を見てみると、M病院のS病院長、主治医Mドクター、K看護師長さんをはじめ、2階の看護師さんから、私を励ますたくさんのメッセージが。
 Mナースの目がうるうるしていて、私も目から涙が。

 今もまだ感激の気持ちに包まれています。
 胸がいっぱいです。


↑Mナース手作りのお花。感激。


↑私のリクエストのユーミンベストCD。3枚組でリュウは病室で、私は車で聞いています。




続ミミズについて - 2013.02.06 Wed

いま、からだがざわざわっとしています。
色々教えていただいて、ありがとうございます。
ミミズって、種類もあるようですね。
(事後承諾です。)


H様

>生きたミミズはどうして土が付かないのか?

体から出てくる、ヌルヌルのおしっこ。
アリの巣を観察するような ガラス張りの飼育記に入れて
土中を進んだ後を見ると、少し膜を貼った様な感じで
光っている。(ナメクジの這った後…程では無い)

土中のミネラルと水分を体液として出しているらしい。
非水溶性のミネラルも、水溶性のあるミネラルに変化して
体液と一緒に 排出されるので、作物がミネラル分を吸収しやすくなり
栄養価・旨み等が増すのでは?

常に食し、常に排泄しているので
そのサイクルが切れると死ぬ。

と、私は思います。



N様

①光も音も認識できない(目も耳もない)
②痛みを感じない(カミソリで切断しても苦痛もなく死ぬ)
③雌雄同体(つまり♂とか♀という区別がない)



勤労ちゃんより

さて、ミミズの件 ですがたまたま妹2号から電話が有り ついでに聞いたのですが あいつはもっと小さい微生物が専門(プランクトンなど)で 確かでは無いとの事を踏まえて、ミミズには色んな種類がいるようです。大体 体には「毛」が生えていて その毛で運動するとか。ミミズの中には光る種類も有るそうです。益虫が多いので(種類によって害虫もいるとか)バカにしちゃいかんぞ との事。マジに食用の種類も有り栄養豊富だそうです。「体は濡れているか?」は「体毛の蠕動運動だから直接には土は付かないんじゃないかな」との事。結局 ミミズには体に細いけど短くても毛が有りそれがまるで足の様に動き土中を動き回るそうです。
ミミズ談義で妹2号は 何の用事でして来たのか判りませんでした、チャンチャン!




昨夜北海道で地震がありました。 - 2013.02.03 Sun

 昨夜、11時過ぎに、十勝地方中部を震源地とするマグニチュード6.5の地震が発生しました。
 道東の方、大丈夫ですか?バニラ家の道央も震度3でした。結構揺れました。
 そんな中、不思議なことが起こりました。
 アラーム代わりとして使っている前の携帯にも地震速報が届いたのです。SIMカードもないし、ネットにもつながらないし、電話もかけられないのに。
 不思議です。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

進行性核上性麻痺の講演会・相談会に行ってきました。 Oct 16, 2017
札幌で進行性核上性麻痺に関する講演、相談の新聞でのお知らせ。 Sep 14, 2017
札幌で進行性核上性麻痺の医療相談会 Sep 13, 2017
「パーキンソン病 Ipsで改善」 Aug 31, 2017
ワタル療育手帳を紛失する〜 Aug 30, 2017
2017年北海道マラソンにお義兄さんとKさん。 Aug 28, 2017
「排せつ予測機器の開発」販売。 Aug 28, 2017
「認知症原因別の食事ケアは」 Aug 28, 2017
「ips細胞で薬開発」 Aug 28, 2017
リュウが起き上がろうとした。 Aug 25, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア