ブログパーツ

2013-12

うちで年越し #リュウ82 - 2013.12.31 Tue

先日クリスマスの時うちで一泊して、病院に戻った翌日朝から高熱が。
誤嚥性肺炎の疑いで、ご飯はダメになり、一日半抗生物質を点滴しました。
誤嚥性肺炎は、かれこれ三回目になります。
もしかしたら、お正月の二泊の計画は許可がおりないかと心配されたのですが、その後はなんともなく、先ほど無事に帰れました。


↑着いた途端、乾杯!私の方が量が多い?


↑今日のパン。

みなさん、今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。



_

頭が痛くなる - 2013.12.30 Mon

河野先生の今年一年間のブログを再度見、リュウの病気の関連記事をピックアップし、私のブログにアップする作業をし終わったた直後から、頭が鈍く痛いような。私の脳がパンクした?


↑夕食後、リュウと一緒に、今年最終日に、カレンダーを合わせました。


↑ワタルが放課後利用させていただいている事業所さんで、作成したカレンダーをリュウの病室に。


↑ディスペースに、こんな素敵なお正月の飾りが。


↑今日のパン。


_

今年(2013年)の河野先生のブログでの進行性核上性麻痺のおもな記事 - 2013.12.30 Mon

 河野先生は、その年で研究する病気を決めているはずで、今年はたくさん進行性核上性麻痺が登場して、良かったです。私も全部を理解しているわけではありませんが、おもなブログ記事を紹介します。文字の水色の部分をクリックすると、河野先生のブログが表示されます。

 ・患者さんの改善例を紹介します。

 ドクターコウノの認知症ブログの「介護通信2013年6月10日号」に、「89歳女性。車いすの進行性核上性麻痺である。フェルガードは服用していないが初診から半年で歩くようになってきた。リバスタッチの効果である。しかし4.5mgからかぶれがひどく一時はあきらめたのだが、家族がリバスタッチで歩行が改善したのは間違いないと主張し、5月2日に治験中だったピュアバリアHDを無料提供した。
その1か月後、ピュアバリアでかぶれなくなりリバスタッチを継続しているとのことだった。PSPにリバは常套手段。絶対に処方すべきものであり、今回ピュアバリアが前評判どおりステロイドよりかぶれ防止に役立ったことで、PSP治療の確立がほぼなされたといってよい。
現在の処方は、ウインタミン4+4mg、メネシット50mg×3、メマリー5mg+ベシケア5mg夕、サアミオン1錠朝、リスミー2mg+ロゼレム8mg(就寝前)である。近々彼女の雄姿をご覧いただく予定だ。(5448)」

と文章のみであった女性の方ですが、その後の「介護通信7月15日号」で、保健薬のみで歩いたということで、写真付きで紹介されています。

しかし、この女性の方は、「介護通信8月26日号」で、「89歳女性。リバスタッチ4.5mgで手引き歩行が可能になったPSPだが、今度はPSPの運命的なものとして頚部後屈がついにでてきた。対策はメネシットを増やすことである。LPC症候群だけにおおちゃくなところもあってウインタミン4mg夕も処方しているが、スタッフに確かめるとウインタミンはやめないでほしいとのことである。今後はPSPの病勢と私の治療の引き出しの数との勝負になる。」

とのことで、その後心配していたら、「介護通信10月7日号」の「Lewy-Pick complexの話題4」で、「この方が8月は頚部後屈(PSPの進行サイン)が強くなり、いよいよ寝たきりになるのかと思っていたが、施設スタッフがフェルガード100M1本を勧めたことで劇的に歩行、嚥下、覚醒度が改善した。これにかかったコストは月3150円である。」

という風な紹介をされていました。この後もこの調子でいかれますことを。

 次に、実践医の先生が進行性核上性麻痺の患者さんを診て、河野先生への質問と答えが載っているブログ記事を紹介します。
「介護通信9月16日号」の「Lewy-Pick complexの話題2」なのですが、薬やサプリメントの処方が合っていないのか、徘徊に出てしまったりするとの質問に、「PSPですね。PSPはピックコンプレックスなので当然ピックセットで落ち着かせてください。腰痛はサインバルタを使いますが、フェルガードで治ったなら OKです。私も座骨神経痛に100M使っています。動けるならサアミオンやめたらどうですか。徘徊でしょ?LA2本はハイテンションになるので夕方を 100Mにしたらどうですか。」という風に答えています。

 他に、「介護通信11月18日号」の「LPC症候群の話題2」で、実践医の方の、3名の重度の進行性核上性麻痺の患者さんの改善例を紹介しています。またこの号の下の方に、「家庭天秤法、レミニール、PSPの話」のところにも、実践医の方と河野先生の質問と答えが載っています。


 ・進行性核上性麻痺の種類が載っているブログ記事を紹介します。

 進行性核上性麻痺の種類のことを記したものですが、「介護通信7月29日号」の「Lewy-Pick complex syndromeの話題1」に、進行性核上性麻痺の亜型の一覧表が載っています。患者家族の会でも何となく感じたりしましたが、みんなリュウの様に、下や上が見えにくいのかな?と思ったことがあり、症状はみんな一様ではないと思っていたので、やっぱりいろいろなタイプがあるとわかりました。またすぐ下に、「Lewy-Pick complex syndromeの話題2 PSPの治療方針はこう考えます」と関西の神経内科医の先生のコメントが載っていて、薬剤過敏な患者さんがいるとあり、ここの部分もリュウは当てはまると強く思いました。

 ・診断の難しさが載っているブログ記事を紹介します。

 「介護通信10月14日号」の「LPC syndromeの話題1CBDは、近年注目度が増している」というところですが、
「臨床診断でCBSとしていた患者が亡くなって病理組織を調べると、もっとも多いのがCBDであるものの、PSP、ATDも少なくない。半分はCBD でないということである。一方、剖検でCBDだった患者の生前診断は1位がPSPでありCBSではないことが問題である。したがって、臨床診断で堂々と CBDだと言い来ることはきわめて難しいと認識しなければならないだろう。専門家が無理だと言っているのだから。

CBDと言えば左右差が特徴だが、PSPでも2/3の患者でパーキンソニズムやジストニアに左右差があるという。それならCBD=左右差、と覚えないほうがましなのかと思えてくる。しかし私には絶対CBDだと確信を持っている患者がいる。それは日本認知症学会で動画でお見せする。現在彼女は東名古屋病院に通院中である。

そうなるとコウノメソッドでは、ピックスコアとレビースコアの両方が高い患者群をLPC syndromeとして大まかにトラップしておいて患者の経過を診てゆき、各疾患の特徴的な症状が出てきた時点で診断を固めるという方法で問題はないと思う。プライマリケア医が画像機器なしで対応できる常識的最大限の漏れのないやり方だと思う。」
文献
餐場郁子:Corticobal syndrome―最近の進歩と今後の課題。BRAIN and NERVE. 64(4):462-473, 2012.
餐場郁子:特集Corticobal syndrome 序。BRAIN and NERVE 65(1):5-8, 2013.」とあります。

 リュウもじゃっかん左右差はあるし、後屈はなく、座っているとき左の横に、傾くことがあります。

 「介護通信11月04日号」の「第66回日本自律神経学会総会(名古屋)特派員報告」では、「PSPのレクチャーについては、東名古屋病院の饗場(あいば)先生によるものです。顕著な心血管系自律神経症状を呈した臨床診断PSPを剖検したら、PSP+DLB、PSP+PDが各一例ずつだったと症例発表をされていました。」とあり、「餐場先生のPSP剖検2例の話はすごいですね!やっぱり単一疾患だとむきになって診断する必要はなくて対症療法がいいですね。」と河野先生が返答されています。

 「介護通信12月09日号」の「日本認知症学会発表内容完全再現 連載5」というところでは、「ピック圏とパーキン圏のはざまに疾患」「CBDとPSPは、前頭側頭葉変性症(FTLD)とパーキンソン病類縁疾患群のはざまにある認知症なのです。」と図の説明があります。

・最後になりますが、コウノメソッドでは、家庭天秤法と言って、家族が患者の体調と対話して、薬を調整します。私は、アリセプトの少量投与の時、量の調節をH先生に報告していました。そしてH先生からも量の提案があり、それもチャレンジしていました。

 「介護通信2月4日号」に、「認知症の治療に血中濃度理論は通用しない」と書かれている箇所があります。そこに、「私の29年間の認知症治療経験から推定すると脳内濃度は蓄積傾向があると思われる。だから毎週1日は薬をやめたり、効いたところで増量はせずにおくということがコツになる。」とあり、これは、私も経験からそうだと思っている大切な部分です。レニミールはリュウは脳にたまる感じがしないのですが、フェルガードはたまる感じがして、何日も止めたりしています。今は飲んでいないアリセプトもたまる感じがしました。このグラフの有効域を保つのは、とても難しいです。今は、入院中なのでご迷惑はかけられないので、慎重すぎるくらい慎重に飲んでもらっています。でも、薬の足し算ではなくて、「薬やサプリメントの引き算」を常にイメージしておくと、いいと思います。リュウの経験からなので、どなたにも当てはまるとは思いませんが。

 以上、今年の河野先生のブログから、進行性核上性麻痺に関するものの一部をピックアップしてみました。
 ブログで紹介されている患者様ご家族様、実践医の先生方、そして河野先生、ありがとうございます。


 

今日のパン - 2013.12.26 Thu

 ディスペースは昨日までクリスマスの飾り付けだったのに、今日は完璧なまでのお正月の飾り付けになっていて、クリスマスのとき同様圧倒されました。


↑だるまにコマに~。リボンで結ばれたものは、帯締め?


↑和柄の素敵な壁飾りが。


↑お正月といえば、やはり凧。


↑「迎春」。


↑リュウ担当のカレンダーもお正月バージョンに。


 看護師さん、患者家族のために、いつもありがとうございます。



↑今日のパン。



_

うちで一泊でクリスマス会 #リュウ81 - 2013.12.23 Mon

 昨日の12月22日の日曜日の午後、家族でクリスマス会をするため、リュウを病院から連れてきました。うちで一泊します。私は夕食の準備を。


↑普段刻み食のリュウも食べられように、ハンバーグを作ろう!

 夕飯のつくる時間に、うちに家族全員がいて、私がこうしてハンバーグをつくるために肉をこねるのは何年ぶりだろう。その時は、何も思わなかった。かけがえのない時間でした。


↑完成。どこから見ても手作りのハンバーグ。上にチーズがかかっています。


↑汁物はどうしよう。リュウはなめこのお味噌汁が好きだから、なめこと大根おろしに。
 リュウは、「ツクッテクレルトオモッタ」と言い、ごくごく飲んでいました。
 うちは、いまだに煮干しでダシをとっています。

 ほかに、お寿司とか、まぜご飯とか、この日冬至のためかぼちゃとか、統一性のないお料理が食卓に。
 リュウは、私の手助けで、「オイシイオイシイ」と言って食べていました。

 あっ!一緒にビールも飲みました。


↑夕食の後は、バニラ家恒例のクリスマスケーキタイム。
 毎年同じお店の同じケーキにろうそくを灯し、電気を消し、クリスマスソングをうたいます。
 今年はリュウが、フ~~~ッと、ろうそくの火を消しました。


 みなさん、ひと足お先に、

 メリークリスマス!



↑今日のパン。



_

お医者さんたちのクリスマスソング #リュウ80 - 2013.12.23 Mon

 12月20日の金曜日のことです。
 いつものように夕飯の手助けをしていると、リュウがトイレに行きたいと言うので、トイレに行き、用を足し出てくると、ディスペースに10人くらいの人が。
 私たちが何が何だか分からないうちに、その人たちが、クリスマスソングを歌い始めました。

 よ~く見ると、院長先生もいるし、トナカイの格好をしたお医者さん、女性のお医者さんも。それから、頭の上にクリスマスツリーをのせたソーシャルワーカーさんも。
 練習を重ねたというような見事なハーモニーで、5曲くらいうたってくれました。



 突然始まったコンサート、病室から歩ける患者さんが出てきました。ひとり、ふたり・・・
 コンサートが終わると、

「メリークリスマス!」

と言って、ちがう階に去っていきました。そこからまたうたごえが。

 お医者さんたち、さわやかな素敵なクリスマスソング、ありがとうございます。
 



↑今日のパン。



_

S田さんのお見舞い #リュウ79 - 2013.12.23 Mon

 12月14日の土曜日、リュウの友人のS田さんがまたおいしいケーキを持って、リュウのお見舞いに来てくれました。
 今までの私のブログ記事を見て、私がS田さんのケーキを重点にアップしていると勘違いされているのでは?と思う時があり、心外です。



↑今回も南円山のパールモンドールから、おいしいケーキをはこんできてくれました。
 リュウは、イチゴのスライスがたくさんのっている三角のケーキを、私は写真右下のフルーツがたくさんのっているケーキを、いただきました。
 S田さんは、写真左下のチョコのロールケーキを選択しました。
 私はリュウの手助けをしていたのですが、途中、それぞれのケーキが二分の一になったところで交換したら、二種類の味が楽しめると思い、リュウに提案し実行しました。




↑ケーキのほかに、ブルータスの12/1日号の「小津の入口。」という雑誌を持ってきてくれました。
 それを、三人で見たのですが、楽しかったです。小津安二郎の映画は、S田さんとリュウはそれぞれ、映画館ではないですが見たことがあり、いろいろと教えてもらいました。
 リュウとは劇場で、黒澤映画を見たことがあるのですが、小津映画は私は劇場でもビデオ等でもないです。
 リュウは言葉が出づらくて、教えてもらったのはとくにS田さんからなのですが、リュウも写真の女優さんの名前とか言ってくれました。
 「東京物語」など、黒澤映画同様海外でも評価が高くて、いつかは私も見てみたいな~!

 S田さん、いつも本当に本当にありがとうございます。



↑今日のパン。



_ 

アレ?イッテナカッタッケ? #リュウ78 - 2013.12.23 Mon

 12月13日の金曜日の夕食の手助けのときの話です。

 今日はゆっくりですが、スプーンを口に運んでいると思って見守っていると、しばらくしてピタッと動きが止まってしまいました。
 あれ?どうしたんだろう?と思い、

「どうしたの?どこか痛い?それともこわばり?トイレに行きたくなった?急に眠たくなったの?」

と、ひとつひとつ確かめるように聞きました。でも、どの質問にも返事もしなければ表情に変化もなく、動きが止まった原因がわかりませんでした。仕方がなく、

「私が代わりにスプーンで口に運ぶね」

と言い、食事の手助けをはじめました。
 15分くらい経って、もう食べ終えるかというくらいにリュウが、

「(ダカラ)モレルッテ!」

とせっぱ詰ったように言ったのでびっくりしました。

「だから言ってないって!」

と私が返すと、

「アレ?イッテナカッタッケ?」

と言いました。
 言ってないです。言ってないし、私がゆっくりひとつづつした質問にも首をたてにも振らないし、表情も変えないし、ウンのまばたきも何もしてませんでした。反応がなかったのです。

 でもやっぱりリュウには聞こえていたし、リュウは返事していたようなのです。返事が声や動作となっていないだけで。

 
 あ、やっぱり私の言っていることは聞こえているんだ~。
 リュウなりに返事しているんだ~。


 そう思った貴重な瞬間でした。




↑今日のパン。



_

グアテマラのYさんよりその後のうれしいお便り - 2013.12.19 Thu

 今年の9月にグアテマラに住むYさんからうれしいお便りが届きました(「グアテマラのYさんより」←クリックしてください。2013.9.25ブログUP)。
 今日、その後のうれしいお便りが届きました!私も心の底から、本当に本当にうれしいです。
 以下、Yさんからのメールです。


 今年は本当に、バニラさんにはお世話になりました。本当に感謝しています。もし、父がこの病気にならなければ、出会えなかったので、感謝です。色々情報を分けていただいて、おかげさまで、父のびっくり目が普通の目になりました。まだツッパリが強く、胃婁、寝たきりですが、希望がでてきました。本当に感謝です。河野メソッドにも繋げていただき、感謝です。ブログ毎回楽しみにしています。そうそう、最近父が少し食べれるようになったんですよ。うどん半人前!!!すごいです。進行性なはずなのに、元気になってくれるのは嬉しいです。本当にありがとうございます。来年は歩けるようになってくれたらと思ってい ます。私はグアテマラにいるのですが、時々父とスカイプ で会話します。帰国した時と比べて父が元気になっているのを見るのは嬉しい事です。
私の住んでるマヤの村は本当に山が綺麗です。皆 民族衣装を着ていて、マヤ語を話します。放牧、農業が主で皆土のレンガの家に住んでいます。床にござみたいなのをひいて、寝たり、食事をしたりします。どことなく昔の日本のようで懐かしいです。子沢山で、貧しくっても、幸せそうです。顔立ちも日本人に似ていて、背も低いので、時々うちの家族のような人とすれ違います。皆一生懸命生きています。
来年もまたよろしくお願いします。ブログ楽しみにしています。また、落ち込んだ時はメールさせてください。バニラさんと話していると色んな気づき、励ましを得れます。ありがとうございます。



今まで「拍手・いいね!」が多い私のブログ記事一覧。 - 2013.12.14 Sat

 12月ですね。
 その後、リュウの誕生日のブログ記事の拍手が、100を超えました。本当にありがとうございます。
 去年からはじめたこのブログ、100、200を超えたみなさんからの「拍手」や「いいね!」があったものを、感謝の気持ちをこめて、ここに記します。
 でも普段の「拍手」、「いいね!」も私は同等に嬉しいのですが。
 日付が新しい順です。青い文字をクリックすると、そのブログ記事が表示されます。

『リュウ、誕生日おめでとう! #リュウ76』 2013.11.16UP
↑入院して二度目のリュウの誕生日。何となくぼんやり疲れが見えていた私も、「拍手」で我にかえることができました。感謝。

『空飛ぶドクターと旅行に行ってきました #リュウ62』 2013.05.26UP
↑旅行は眼中になかったリュウと私。ふと見た新聞記事から、今年お伊勢詣りに行けました。感謝。

『北海道新聞「いずみ」掲載。』 2013.05.03UP
↑リュウの、とある行動が私の心を動かし、私が書いたエッセイが新聞に掲載されました。感謝。

『リュウが残してくれたパン #リュウ57』 2013.04.16UP
↑新聞にエッセイを投稿しようと思うことになったブログ記事。このブログ拍手がとび抜けて多く、心を動かされたのは私だけではないんだとわかり、投稿用に書き換えました。感謝。

『お母さんのセーラー服姿』 2013.03.09UP



以下、非常に惜しい!100までもう少しなのです!でも、ありがとう~!

『特定秘密保護法に反対・懸念を表明した団体』 2013.12.04UP
↑先日の国会での特定秘密保護法案ですが、このブログ記事にすぐに「いいね!」がたくさんありました。

『空飛ぶドクターと行った最終話まで完成。』 2013.08.04UP
↑リュウと行ったお伊勢詣りの旅行記の文章の部分が完成したことを報告するブログ記事にたくさんの拍手が。ありがとう~!

『「おばちゃん党オフ会のお知らせ。』 2013.05.21UP
↑私が札幌でおばちゃん党オフ会を開く経緯等を書きました。オフ会では、知っている方二名、初めてお会いした方三名、私を含めて合計六名で開かれました。みなさんご自分の専門分野にとても詳しくて、すごいな~と感じました。出会えたことに感謝。出会う機会をつくってくれたおばちゃん党に感謝。

 なお、『特定秘密保護法に反対・懸念を表明した団体』におばちゃん党が入っていますが、おばちゃん党では、谷口真由美代表代行が出演している「秘密保護法・愛の劇場」という動画がつくられました。メディアでもけっこう取り上げられています。
 私もこの法案が決まってしまったこれからも反対・懸念を表明して行き続けたいと思います。リュウも同じ考えだそうです。

 以上です。
 みなさん、ありがとうございました。



_

リュウ誕生日に拍手たくさんありがとう - 2013.12.09 Mon



今までもですが、どなたかわかりませんが、働きかけてくださったりして、拍手が多くなるブログ記事があります。
今回は、リュウの誕生日のブログ記事です。
とても嬉しいし、リュウにも伝えています。

本当に本当に、みなさんありがとうございます。



_

生きていいるあいだだけ - 2013.12.08 Sun

太陽の光をうけた地面に咲く花がきれいだと感じたり、

ざわざわと風にそよぐ樹に、心をうばわれるのは、

生きているあいだだけ。

友だちのことばに励まされたり、

その友だちの勇気のある行動に感動するのは、

生きているあいだだけ。

大切な人が幸せになり、世の中が平和になって欲しいと願うのは、

生きているあいだだけ。

今日12月8日は、太平洋戦争開戦日であり、

平和を願ったジョン・レノンが糾弾に倒れた日でもあります。

この世に生をうけたみんなが、この世に生を受けてよかったと、

みんなが思いますように。



今日のパン - 2013.12.05 Thu


↑クロワッサン。



 昨日のことです。

「ク・・・、マチガッテル・・・」

と私に何かを訴えてきました。

「ク?クの次なに?リュウ?」

「・・・ク・・・、マチガッテル・・・」

 何回聞いてもクの次が何かわかりません。会話にならないので、想像して話を進めるしかないです。

「ク? あ、クスリ? クスリ間違った?」

「・・・・・・・・」

「もしかしたらリュウ、最近、動きとかが悪くなってきて、今までの薬が間違っていたと疑問を抱いたの?病気がなかなか良くなっていかないから?でもね、今の薬は、S病院のH医師の処方のままだし、それにありえないことだけど最近とか間違って処方されたら、ぜったい私に連絡があるよ!連絡ないし、だから大丈夫だよ!」

と一生懸命励ましました。でもリュウの反応は、

「・・・・・・・・」

そして、

「マチガッテル・・・ト・・・・イワレタ」

と言うので、

「誰がそんなこと言ったの!」

と言ったら、

「・・・・・・・・・」

とまた言葉が出てこなくなり、視線を靴に向けました。

「ク・・?クツ? 薬じゃなくて靴?」

というと、そうだという表情をしました。

「靴が間違ってるんじゃないかって言われたの?確かに、この前新しいのに替えたものね。でもちゃんと名前ここに書いたよ」

と言って、靴に書いてあるリュウの名前を見せました。

 あー!でも、「ク」を「クスリ」だと思い、私が言ってしまったこのセリフ、リュウはなんのことだ?と言う表情だったので、余計なことを言ってしまいました。

 ごめんね、リュウ。

 リュウは病気になったことも、手や足が上手く動かないことも、言葉がなかなか出てこないことも、ほとんどと言っていいほど不平不満も言わないし、自暴自棄になったりもしません。一番辛いのは本人なのに。
 リュウは、与えられたいのちをいつも一生懸命生きています。私もリュウのその姿勢はすごいな~と思います。




 今日は、ディスペースのテレビから、秘密保護法が参院委で採決を強行しているニュースが流れてきました。
 すると見ていた人が、

「何かイヤ、この法案!」

と言いました。もうひとりの人が、どうして?と聞くと、

「戦争をできる国にしようとしてるから!」

と言うと、聞いた人が絶句し、会話は終わってしまいました。

 戦争をできる国に?どういう風に?

 そう言えば、川上先生の通信で、函館山を描いていたら先生にすごく怒られたというのがありました。自分のどの言動がとがめられることになるのかわからない、まわりの人への疑心暗鬼の気持ちも持つでしょう。
『そういう「萎縮」は、自分では気が付かなくても生活の隅々まで行きわたっていて、ぼくの「人間」全体をちじこまらせていたに違いないのです。僕らは、まだ子どもだったから、逮捕されるようなことはなかったけれど、そういうちじこまった人間にされて、「戦争」について文句も言わずに引きずり込まれていった、そのことが、今ぼくはとても悔しいのです』(歴史のささやき9号より)。

 あ、でも日本は戦争できる組織はないことになってるし、憲法9条あるから大丈夫。これが、変えられたら大変だけど。

 戦争は嫌だし、こどもたちが行くことを考えるとすると、発達や知的に遅れのある子は集団行動がとれず期待されたこともこなせないので、過去の戦争ではあまり知られていない悲惨な戦争体験があります。

 いま日本は、平和から離れた方向に向かっていっているように思えます。

 去年の七夕の短冊に書いたリュウのねがい(#リュウ18)はすごかったです。
 自分、家族、日本だけではなく、そして世界、地球だけではなく、

「全宇宙の健康と平和を願って」

です。スケールでかい!










_

特定秘密保護法に反対・懸念を表明した団体 - 2013.12.04 Wed

バニラより
まだぞくぞく増えていますが、11月29日のあとの情報が更新されていなくて、わかりません。とりあえず。
以下、引用です。


特定秘密保護法に反対・懸念を表明した団体(秘密保全法に反対する愛知の会 調べ 2013/11/29)

ほかにあればご連絡を no_himitsu@yahoo.co.jp

【市民団体・NGO】
・グリーンピースジャパン
 http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2013/pr20131021/
・アムネスティ日本
 http://www.amnesty.or.jp/news/2013/1023_4249.html
・ヒューマンライツウォッチ
  http://www.hrw.org/ja/news/2013/11/25
・全国市民オンブズマン連絡会議・NPO法人 情報公開市民センター
 http://www.jkcc.gr.jp/menu6.html
・仙台市民オンブズマン
  http://sendai-ombuds.net/kengi/2013/10/post-9.html
・弘前市民オンブズパーソン
 http://blogs.yahoo.co.jp/onb_hirosaki
・市民オンブズマン福井
http://3courage.cocolog-nifty.com/ombuds_fukui/2013/11/post-cf64.html
・市民オンブズマン兵庫、市民オンブズ西宮、市民オンブズ尼崎
http://maruomaki.asablo.jp/blog/2013/11/16/7057784
・市民オンブズマン石川
・市民オンブズマンわかやま
http://www.naxnet.or.jp/~wa_obz/action-now/2013/13_10_24HimituHogoSeimei3.pdf
・NPO法人 情報公開クリアリングハウス
 http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=794
・日本ペンクラブ
 http://www.japanpen.or.jp/statement/2013/post_442.html
・国際ペンクラブ
http://www.japanpen.or.jp/statement/2013/post_446.html
・日本国民救援会
 http://www.kyuenkai.org/index.php?FrontPage
・治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟
 http://www7.plala.or.jp/tian/
・新日本婦人の会
 http://www.shinfujin.gr.jp/genre/report_1977
・盗聴法に反対する市民連絡会
 http://www.anti-tochoho.org/ss20120422.html
・日本平和委員会
 http://j-peace.org/topics/column/news/new.html
・プロジェクト99%
 http://project99.jp/?p=6264
・フォーラム平和・人権・環境
http://www.peace-forum.com/seimei/130924seimei.html
・国際協力NGOセンター、関西NGO協議会、NGO福岡ネットワーク、名古屋NGOセンター
http://www.nangoc.org/information/2013/10/114ngo.php
・国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ
http://hrn.or.jp/activity/topic/post-240/
・横浜事件を語り、伝える会
 http://yokohama-jiken.sakura.ne.jp/
・NGOs Civilian Platform JAPAN
 http://www.change.org/ja/%E5%9B%A3%E4%BD%93/ngos_civilian_platform_japan
・日本消費者連盟
http://nishoren.net/consumer_rights/5904
・監視社会を拒否する会
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kansi-no/opinion/documents/2013-10-14-seimei.pdf
・文化団体連絡会議
http://bundanren.jimdo.com/プレスリリース-特定秘密保護法/
・図書館問題研究会 
http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/blog/2013/10/23/
・水源開発問題全国連絡会
http://www.tokuyamadam-chushi.net/sonota7/seimeiup.pdf
・新日本歌人協会常任幹事会
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-6f9e.html
・「平和への結集」をめざす市民の風
http://kaze.fm/wordpress/?p=513
・長崎の被爆者5団体
http://mainichi.jp/select/news/20131120k0000m040041000c.html
・ 「特定秘密保護法案」に反対する劇団有志の会
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-20/2013112001_02_1.html
・環境NPO13団体
http://www.kankyoshimin.org/modules/cef/index.php?content_id=68
・全国基地爆音訴訟原告団連絡会議
・世界平和アピール七人委員会
http://worldpeace7.jp/modules/pico/index.php?content_id=132
・公益社団法人自由人権協会
http://www.jclu.org/file/tokuteihimitsu-koubunsyo.pdf
・NHK問題を考える会(兵庫)
http://nhkwatchers.web.fc2.com/
・民主主義の砦・図書館を育てる会
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/minodaakiko

【秘密保護法反対・懸念・関係団体】
・秘密保全法に反対する愛知の会
 http://nohimityu.exblog.jp/
・秘密保護法反対 共同行動
 http://himituhan.exblog.jp/
・STOP!国家秘密法 広島ネットワーク
 http://blogs.yahoo.co.jp/stop_himituhou
・秘密保護法全国投票の会
 http://himith.exblog.jp/
・秘密保護法制定許さない埼玉の会
 http://nohimityu.exblog.jp/20851198/
・特定秘密保護法案を考える市民の会
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/1022-0774.html
・STOP!秘密保護法ネットワーク宮城
・北大生・宮澤弘幸「スパイ冤罪事件」の真相を広める会
・秘密保護法阻止奈良県連絡会
・秘密保護法を作らせないネットワークいばらき
http://himitsu-iyayo-ibarakinet.jimdo.com/
・STOP秘密保護法ー信州ML
 http://mouri-m.mo-blog.jp/blog/2013/11/post_f206.html
・秘密保護法阻止福井県連絡会
・秘密保護法に反対する新潟の会
・日本福祉大学特定秘密保護法を阻止する学生の会
 http://on.fb.me/1gb2kLP
・Stop!特定秘密保護法反対姫路共同行動

【法曹関係団体】
・日本弁護士連合会と全弁護士会
 http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret.html
・自由法曹団
 http://www.jlaf.jp/iken/2013/130917_01.pdf
・青年法律家協会
 http://www.seihokyo.jp/seimei/2012/himituhozenhou.pdf
・日本民主法律家協会
http://www.jdla.jp/state/2012_himituhozen.html
・日本司法書士会連合会
http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/info_disclosure/statement/statement_detail.php?article_id=66

【学者】
・憲法・メディア法学者
http://blogs.yahoo.co.jp/constimasahikos/32204661.html
・刑事法研究者
 http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/keijihou.pdf
・歴史学者
http://rekiken.jp/announcement201311.html
・日本科学者会議
http://dai9jo.ti-da.net/e5568890.html
・明治学院大学国際平和研究所(PRIME)有志
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/message/seimei/seimei_secret.html
・「特定秘密保護法案」に反対する和光大学教員有志による声明
http://www.wako.ac.jp/~nonaka/pdf/WakoNoSecrecyLaw.pdf
・筑波研究学園都市研究機関労働組合協議会
http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/tsukuba.pdf
・日本アーカイブズ学会
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=148
・東京私大教連
 http://www.tfpu.or.jp/20131109ketsugi-himitsuhogohou.pdf
・中東地域を専門とする全国の研究者83人
・特定秘密保護法案廃案をめざす学者の会
  http://www.anti-secrecy-law.blogspot.jp/?m=1
・益川敏英氏
 http://digital.asahi.com/articles/OSK201311270140.html?_requesturl=articles/OSK201311270140.html&ref=comkiji_txt_end_s_kjid_OSK201311270140

【マスコミ関係】
・日本マスコミ文化情報労組会議
 http://www.union-net.or.jp/mic/soukai/2012/2012_09_29kimitsuhozenhousei_ketsugi.pdf
・日本新聞労働組合連合(新聞労連)
 http://www.shinbunroren.or.jp/seimei/131001.html
・日本民間放送労働組合連合会
 http://www.minpororen.jp/xoops/modules/news/article.php?storyid=182
・映画演劇労働組合連合会(映演労連)
 http://www.ei-en.net/appeal/131016_himitsuhogo.html
・日本出版労働組合連会会(出版労連)
http://www.syuppan.net/modules/smartsection/item.php?itemid=179
・憲法と表現の自由を考える出版人懇談会
 http://www.murapal.com/2013-11-02-03-32-40.html
・日本外国特派員協会
 http://www.fccj.or.jp/images/FCCJ-State-Secrets-Protest-jap.pdf
・TVキャスター8人
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/111100
・日本出版者協議会
 http://shuppankyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-165c.html
・日本新聞協会
http://www.pressnet.or.jp/statement/report/131002_3258.html
・日本民間放送連盟
http://j-ba.or.jp/files/jba101254/JBA20130917.pdf
・日本雑誌協会と日本書籍出版協会
http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/himitsuhantai131025.pdf
・自由報道協会
http://fpaj.jp/?p=5818
・日本ジャーナリスト会議
http://jcj-daily.seesaa.net/article/374718529.html
・日本脚本家連盟
http://www.writersguild.or.jp/wgj/
・草文会(20出版社の組織)
http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/soubunkai.pdf
・日本放送労働組合
 http://www.nipporo.com/messages.html
・公益社団法人 日本写真家協会
http://www.jps.gr.jp/news/2013/11/post-40.html
・メディア総合研究所
http://www.himituho.com/各界の抗議声明/
・全国印刷出版産業労働組合総連合会
http://ppwu.chips.jp/

【宗教団体】
・日本カトリック正義と平和協議会
 http://www.cathoshin.com/2013/11/01/jp-himits/
・仏教、キリスト教などの宗教関係18団体
・真宗大谷派
 http://www.higashihonganji.or.jp/news/important-info/4535/

【医療関係団体】
・全日本民主医療機関連合会
http://www.min-iren.gr.jp/seimei-kenkai/2013/data/131031_01.pdf
・全国保険医団体連合会
http://hodanren.doc-net.or.jp/news/teigen/131106himitu-hogo.pdf
・愛知県保険医協会
http://aichi-hkn.jp/comment/131007-172406.html
・奈良県保険医協会
http://www.nara-hokeni.jp/kenkai/sf2_diary/20131025.html
・東京保険医協会
http://www.hokeni.org/top/public/2013public/130917publiccomment.html
・神奈川県保険医協会
http://www.hoken-i.co.jp/outline/h/post_110.html

【労働組合】
・全国労働組合総連合
 http://www.zenroren.gr.jp/jp/opinion/2013/opinion130919_01.html
・日本高等学校教職員組合
http://www.nikkokyo.org/news/2013/09/post-124.php
・日本労働組合総連合会
 https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/danwa/2013/20131025_1382697479.html
・航空労組連絡会
http://www.kohkuren.org/seimei320.html

【政党・国会】
・秘密保護法を考える超党派の議員と市民による勉強会
・日本共産党
 http://www.jcp.or.jp/web_policy/2013/10/post-547.html
・社会民主党
 http://www5.sdp.or.jp/special/kenpo/121teruya.htm
・生活の党
 http://wp.seikatsu1.jp/activity/declaration/20131025danwa.html
・新党 今はひとり(山本太郎)
 http://taro-yamamoto.jp/
・緑の党
 http://greens.gr.jp/seimei/8767/
・日本海賊党
https://www.facebook.com/piratepartyjapan
・全日本おばちゃん党
https://www.facebook.com/obachanparty/posts/235143856646285

【地方議会】
・福島県議会
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/2/2509iken01.pdf
・長野県坂城町議会
http://www.town.sakaki.nagano.jp/assembly/gikaihou/no133/133_14~15.pdf
・「特定秘密保護法案」に断固反対する近畿自治体議員有志
http://blog.goo.ne.jp/genki1541

【新聞社説】
一覧( News for the People in Japan作成)
http://www.news-pj.net/siryou/shasetsu/2013.html#anchor-himitsuhozen

【著名人】
・菅原文太氏
  http://www.asahi.com/articles/TKY201311250467.html?ref=reca
・藤原紀香氏
 http://blog.goo.ne.jp/chiba20110507/e/ff4d6b3b72c3c85c88a287d9f9a38143
・安田真理氏
 http://ameblo.jp/todomtodo/entry-11693959907.html

【外国】
・ARTICLE 19
http://www.article19.org/data/files/medialibrary/37346/Japanese-T--ARTICLE19--.pdf
・The NewYork Times
http://www.nytimes.com/2013/10/30/opinion/international/japans-illiberal-secrecy-law.html?smid=tw-share&_r=0
・The Guardian
http://www.theguardian.com/public-leaders-network/2013/nov/23/south-sudan-public-sector-workers?CMP=twt_gu
・国際連合人権理事会の特別報告者
http://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=14017&LangID=E
http://freedexjapan.files.wordpress.com/2013/11/e59bbde980a3e789b9e588a5e5a0b1e5918ae88085e5a3b0e6988ee3808ce7a798e5af86e4bf9de8adb7e6b395e3808d.pdf
・国際ジャーナリスト連盟
http://www.ifj.org/en/articles/japanese-proposed-state-secret-law-undermines-the-publics-right-to-know
新聞労連仮訳
http://www.himituho.com/各界の抗議声明/
・The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japan-secrecy-law-stirs-fear-of-limits-on-freedoms/2013/11/26/b2447b24-566f-11e3-bdbf-097ab2a3dc2b_story.html



けいちゃんより - 2013.12.04 Wed

秘密保護法案の件、今日の道新の夕刊の今日の話題にも取り上げられていました。1980年、当時の法務大臣奥野誠亮が「憲法は改めるべきだ」と発言した時、「反対声明を出そう」と強く主張したのが日本人初のノーベル賞受賞者湯川秀樹博士だった。今回の「特定秘密保護法案に反対する学者の会」が先月、31人で結成され、「市民の目と耳をふさぎ、秘密国家、軍事国家への道を開く。ただちに廃案とすべきだ」との声明を出した。政治の動きに学者がそろって反対するのは近年なかった。文系・理系を問わず幅広い分野の学者が立ち上がったのは、まさに今が「重大な危機にある」「廃案にしないと社会全体が間違った方向に進む」との明確な認識からだろう。と書いてありました。石破氏のデモイコールテロ発言も腹立つし!ほんとに日本の政治家ときたら!です
私たちはもっともっと意思表示してかないとだめだよね。というようなことをブログに書き込みできるといいんだけど。なんたって、ネット音痴でさ。長くなっちゃってごめん!


ネット音痴とのこと、私が代わりにアップしてあげます。
(上記メールは抜粋です)




歴史のささやき7〜9号発行 - 2013.12.03 Tue

 名誉教授に「元」ってつかないんですね。昨夜知って、まだ、こちらを直していませんが、川上信夫先生の歴史のささやき7〜9号が発行されたので、ブログにアップしました。以下の内容です。
 青い文字をクリックすると、先生のブログで、全文が読めます。

歴史のささやき7号11.10
↑7号のテーマは、「交通事故」です。

歴史のささやき8号11.17
↑今年7月の参議院選挙での石破幹事長の街頭演説の内容が書かれています。

歴史のささやき9号11.21
↑「国家秘密保護法」のことを書かれています。戦時中の「治安維持法」と同じつくりであり、先生ご自身が治安維持法の施行されてた時の出来事として、「函館山を描いていたら先生にひどく叱られた」というエピソードを書かれています。



虹のバラとヒミツ法 - 2013.12.01 Sun

 バニラはオレンジ島の住人です。
 島にはある伝説がありました。それは、

「島には特別なバラがある。毎年咲くその花は、虹色を順番に色を変え、最後の色に達すると、金色に輝く。それを煎じて飲むと、病は治るし、不老不死にもなる」

というものです。レインボーカラーの一色が咲く期間は、100年の時もあれば、一年の時もありました。でも、ついに今年は七色目の色のバラの花が咲きました。ここまで、350年も経ってしまいました。今年、バラが金色に変わるかもしれません。

 バニラの夫は、難病で入院中でした。バニラは、毎日自宅のパソコンで、ブログアップされる「虹のバラ」の様子を確認していました。ブログをアップしてくれている人は、そのバラが庭に咲いているというF氏です。F家は代々、このバラの手入れをしてくれています。

 バニラは、せめて一滴でいいから、金色のバラのエキスを夫に飲ませたいと、考えていました。

 でも、金色のバラのエキスを手に入れたい、そういう風に考えている人は、他にもたくさんいました。オレンジ島の大統領もそうだし、隣の島のブルー島の大統領もそうでした。
 そして厄介なことに、オレンジ島の大統領は、ブルー島の大統領が大嫌いでした。

 ある日のことです。毎日確認していたバラの様子を見ようと、パソコンの前に座り、ブラウザのお気に入りの中からF氏のブログを表示させようとしました。でも、エラーが出てしまい、見られません。変だな?と思い、まったくちがう人のブログを見てみると、それは見られました。おかしい?と思い、今度は、「虹のバラ」で検索してみました。お気に入りに入れる前に、検索でF氏のブログにたどりついたので、その方法を試してみました。すると、「検索された言葉は見当たりません」と出ました。そんなはずはありません。虹のバラ伝説は当人のF氏のブログもそうですが、ほかの人のブログでも話題になって、そのことを書いた人がたくさんいて、ぜったいに検索で引っかかるはずなのです。
 
 バニラは何が起きたのか、何が何だかわからなくなりました。
 そして気分転換にフラリとカフェに行きました。
 そこで、ヒソヒソ話しが聞こえてきたのです。

「虹のバラ・・・・ヒミツ法・・・」

(ヒミツ法?それって何だっけ?あ、この前国会で決まった法案?え!もしかしたら・・・)

 その日以来、バニラは虹のバラについての情報を知ることはありませんでした。


 いま、参議院に提出されようとしている「秘密保護法」ですが、『もともと「特別秘密」の範囲そのものがあいまいで、いつ、何が、「特別秘密」に指定されるかわからないのに加えて、公務員だけでなく、一般の人たちの日常会話まで処罰の対象にしてしまうこの法案は、人権侵害のおそれがきわめて高いといえます』(日本弁護士連合会のパンフレットより)。法案そのものがあいまいすぎて、どのようにでも情報を管理できる社会になってしまうため、このままの法案では反対です。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

「進行性核上性麻痺」講演会配布資料〜濱田恭子先生による(2017.10.9) Oct 19, 2017
進行性核上性麻痺の講演会・相談会に行ってきました。 Oct 16, 2017
札幌で進行性核上性麻痺に関する講演、相談の新聞でのお知らせ。 Sep 14, 2017
札幌で進行性核上性麻痺の医療相談会 Sep 13, 2017
「パーキンソン病 Ipsで改善」 Aug 31, 2017
ワタル療育手帳を紛失する〜 Aug 30, 2017
2017年北海道マラソンにお義兄さんとKさん。 Aug 28, 2017
「排せつ予測機器の開発」販売。 Aug 28, 2017
「認知症原因別の食事ケアは」 Aug 28, 2017
「ips細胞で薬開発」 Aug 28, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア