FC2ブログ

2013-12

うちで一泊でクリスマス会 #リュウ81 - 2013.12.23 Mon

 昨日の12月22日の日曜日の午後、家族でクリスマス会をするため、リュウを病院から連れてきました。うちで一泊します。私は夕食の準備を。


↑普段刻み食のリュウも食べられように、ハンバーグを作ろう!

 夕飯のつくる時間に、うちに家族全員がいて、私がこうしてハンバーグをつくるために肉をこねるのは何年ぶりだろう。その時は、何も思わなかった。かけがえのない時間でした。


↑完成。どこから見ても手作りのハンバーグ。上にチーズがかかっています。


↑汁物はどうしよう。リュウはなめこのお味噌汁が好きだから、なめこと大根おろしに。
 リュウは、「ツクッテクレルトオモッタ」と言い、ごくごく飲んでいました。
 うちは、いまだに煮干しでダシをとっています。

 ほかに、お寿司とか、まぜご飯とか、この日冬至のためかぼちゃとか、統一性のないお料理が食卓に。
 リュウは、私の手助けで、「オイシイオイシイ」と言って食べていました。

 あっ!一緒にビールも飲みました。


↑夕食の後は、バニラ家恒例のクリスマスケーキタイム。
 毎年同じお店の同じケーキにろうそくを灯し、電気を消し、クリスマスソングをうたいます。
 今年はリュウが、フ~~~ッと、ろうそくの火を消しました。


 みなさん、ひと足お先に、

 メリークリスマス!



↑今日のパン。



_

お医者さんたちのクリスマスソング #リュウ80 - 2013.12.23 Mon

 12月20日の金曜日のことです。
 いつものように夕飯の手助けをしていると、リュウがトイレに行きたいと言うので、トイレに行き、用を足し出てくると、ディスペースに10人くらいの人が。
 私たちが何が何だか分からないうちに、その人たちが、クリスマスソングを歌い始めました。

 よ~く見ると、院長先生もいるし、トナカイの格好をしたお医者さん、女性のお医者さんも。それから、頭の上にクリスマスツリーをのせたソーシャルワーカーさんも。
 練習を重ねたというような見事なハーモニーで、5曲くらいうたってくれました。



 突然始まったコンサート、病室から歩ける患者さんが出てきました。ひとり、ふたり・・・
 コンサートが終わると、

「メリークリスマス!」

と言って、ちがう階に去っていきました。そこからまたうたごえが。

 お医者さんたち、さわやかな素敵なクリスマスソング、ありがとうございます。
 



↑今日のパン。



_

S田さんのお見舞い #リュウ79 - 2013.12.23 Mon

 12月14日の土曜日、リュウの友人のS田さんがまたおいしいケーキを持って、リュウのお見舞いに来てくれました。
 今までの私のブログ記事を見て、私がS田さんのケーキを重点にアップしていると勘違いされているのでは?と思う時があり、心外です。



↑今回も南円山のパールモンドールから、おいしいケーキをはこんできてくれました。
 リュウは、イチゴのスライスがたくさんのっている三角のケーキを、私は写真右下のフルーツがたくさんのっているケーキを、いただきました。
 S田さんは、写真左下のチョコのロールケーキを選択しました。
 私はリュウの手助けをしていたのですが、途中、それぞれのケーキが二分の一になったところで交換したら、二種類の味が楽しめると思い、リュウに提案し実行しました。




↑ケーキのほかに、ブルータスの12/1日号の「小津の入口。」という雑誌を持ってきてくれました。
 それを、三人で見たのですが、楽しかったです。小津安二郎の映画は、S田さんとリュウはそれぞれ、映画館ではないですが見たことがあり、いろいろと教えてもらいました。
 リュウとは劇場で、黒澤映画を見たことがあるのですが、小津映画は私は劇場でもビデオ等でもないです。
 リュウは言葉が出づらくて、教えてもらったのはとくにS田さんからなのですが、リュウも写真の女優さんの名前とか言ってくれました。
 「東京物語」など、黒澤映画同様海外でも評価が高くて、いつかは私も見てみたいな~!

 S田さん、いつも本当に本当にありがとうございます。



↑今日のパン。



_ 

アレ?イッテナカッタッケ? #リュウ78 - 2013.12.23 Mon

 12月13日の金曜日の夕食の手助けのときの話です。

 今日はゆっくりですが、スプーンを口に運んでいると思って見守っていると、しばらくしてピタッと動きが止まってしまいました。
 あれ?どうしたんだろう?と思い、

「どうしたの?どこか痛い?それともこわばり?トイレに行きたくなった?急に眠たくなったの?」

と、ひとつひとつ確かめるように聞きました。でも、どの質問にも返事もしなければ表情に変化もなく、動きが止まった原因がわかりませんでした。仕方がなく、

「私が代わりにスプーンで口に運ぶね」

と言い、食事の手助けをはじめました。
 15分くらい経って、もう食べ終えるかというくらいにリュウが、

「(ダカラ)モレルッテ!」

とせっぱ詰ったように言ったのでびっくりしました。

「だから言ってないって!」

と私が返すと、

「アレ?イッテナカッタッケ?」

と言いました。
 言ってないです。言ってないし、私がゆっくりひとつづつした質問にも首をたてにも振らないし、表情も変えないし、ウンのまばたきも何もしてませんでした。反応がなかったのです。

 でもやっぱりリュウには聞こえていたし、リュウは返事していたようなのです。返事が声や動作となっていないだけで。

 
 あ、やっぱり私の言っていることは聞こえているんだ~。
 リュウなりに返事しているんだ~。


 そう思った貴重な瞬間でした。




↑今日のパン。



_

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

医療講演会配布資料

最新記事

「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019
国民皆保険が効かなくなる日米FTAが締結??? Nov 15, 2019
久しぶりの発語。 Nov 15, 2019
インフルエンザの鼻からの検査、ワタル辛い。 Nov 03, 2019
サケのふるさと千歳水族館に行く。 Oct 06, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。