FC2ブログ

2016-05

M病院とS病院近くのライラックのお花。 - 2016.05.21 Sat

 北海道はこの季節、ライラックのお花が咲き始めます。大通公園でもライラックまつりがスタート(白石区の川下公園でも開催だそう)。他のお花も色々咲いていて、気持ちのいい季節です。
 ところが九州地方からS病院に入院しているミユさんは目を開けているのが辛いのだそう。太陽の光がまぶしくて、涙もよく出るとのことです。「この症状がなかったら病院の外に車いすで散策に行けるのに」と夫のコウさん。

 ミユさんは5月12日(木)に入院して、私は5月14日(土)と5月21日(土)に夫妻に会うことができました。ミユさんが最初に進行性核上性麻痺と診断されたのは、昨年の7月。

「いつも妻に朝の6時に起こされて散歩に行くんです。入院前もずっと続けていました。ところがだんだん上り坂が辛くなってきて、私が後ろから押してあげたりするんです。そういう時、私も悲しく辛くなります。前はできたいたことがだんだんできなくなってきて・・・」

「そうですね・・・。リュウもた〜〜〜くさん、できることができなくなりました。こちらもショックを受けることがあり、そのお気持ちはよ〜〜〜〜〜くわかります、コウさん。ミユさんは認知の方はなんでもありませんが、リュウは身体機能と、認知機能両方です。身体的なできることができなくなることと、認知の方での変化を目の当たりにするのは、それぞれがまた違ったショックだったかもしれません(介護する方)」

「ただ、本人がとても明るいのでそれが救いです」とコウさん。

「それはまだ良かったです。私の方はそういうことがたくさんあったので途中からは、本人はどうなのか?と思うようにしました。こちらがショックを受けている位、本人もショックを受けて悲しんでいるのかどうか。何か温度差を感じられるような時もあることがわかってきて、本人が辛いこと、悲しいことをきちんと見極める必要があり、そのことを取り除いてあげることにポイントを置いてあげようと思いました。痛いのは代わりになることはできませんので。痛かったり辛い以外のできないことはまわりがカバーしてあげて、あともしかしたら将来新しい薬も開発されたりするかもしれないので、最後まで諦めないようにして」

 ところでコウさんは足が痛いそうで、おうちでミユさんと一緒にいる時は自分の体のことに時間をなかなかかけられないそう。そこで、ミユさんが入院中の間に、コウさんも足の病院にかかり始めました。

 ミユさん、コウさん、ゆっくり前に進めたらいいです。

 昨日、M病院の玄関横に咲いていたライラックのお花と、S病院近くのライラックのお花です。プリントアウトして持っていきますね!


↑M病院玄関横。ちょっとピンボケ。リュウと一緒に見ました。


↑S病院近くのライラックのお花。花弁の大きさがM病院より小さめ。




アルフィー(永ちゃん)のキーホルダーと赤福。 - 2016.05.21 Sat

 友だちが矢沢永吉(永ちゃん)の神戸のコンサートに小樽から行き(もうどの友だちかわかる)、会場限定という貴重なキーホルダーと赤福!と買って、送ってくれました。ありがとうございます。早速病院に持って行きました。

「リュウ、友だちがキーホルダーと赤福送ってきてくれたよ!このキーホルダー、コンサート会場限定なんだって。誰のコンサートかわかる???」

 リュウの目の前にキーホルダーを差し出すと、ジーーッと見ていました。そして、

「・・あ・・る・・ふぃぃ・・・」

と言いました。

 嬉しい!リュウの口から固有名詞を聞けたなんて。それもコンサートのキーホルダーを見せて、誰かわかる?という質問に考えて答えてくれたなんて!嬉しい。

「アルフィー?私もね、これが誰かって言われないとわからなかったと思うんだけど、永ちゃんだって、え・い・ちゃ・ん。リュウ、学生時代だったかコンサート行ったことあるって行ってたよね?リュウも好きだったよね、永ちゃん。嬉しいね、永ちゃんのキーホルダー。永ちゃんはCMでしか見ることないけど、元気そうだよね、リュウより年上なのにね、すごいね!」


↑「神戸ワールド記念ホール」限定キーホルダーだそう。病室の壁に飾りました。


↑「赤福」。今年も食べられました。リュウも餡とお餅を少しずついただきました。ごちそうさまでした。ありがとうございます。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

医療講演会配布資料

最新記事

「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019
国民皆保険が効かなくなる日米FTAが締結??? Nov 15, 2019
久しぶりの発語。 Nov 15, 2019
インフルエンザの鼻からの検査、ワタル辛い。 Nov 03, 2019
サケのふるさと千歳水族館に行く。 Oct 06, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。