ブログパーツ

2018-04

年に一回の「青い鳥郵便葉書」の無償配布。 - 2018.04.15 Sun

 該当する手帳をお持ちの方は、日本郵便株式会社から年に一回の青い鳥郵便葉書が無償でいただけます〜。今年は、受付期間、配布期間ともに、4月2日(月)から5月31日(木)までだそうです。
 以下、日本郵便の青い鳥葉書無償配布のページより。

************

 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)は、重度の身体障がい者及び 重度の知的障がい者で、受付期間内にご希望いただいた方に「青い鳥郵便葉書」を無償で配付します。
「青い鳥郵便葉書」は、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常はがき 20 枚を封入したものです。
「青い鳥郵便葉書の無償配付」は、1976(昭和 51)年度に当時の厚生省が提唱していた「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさら に深めることを目的とし実施して以来、社会貢献のための取組の一つとして継続しています。

1 配付の対象
(1) 重度の身体障がい者
 1 級又は 2 級の方
(2) 重度の知的障がい者
 療育手帳に「A」(又は 1 度、2 度)の表記がある方

2 受付期間
2018 年 4 月 2 日(月)から同年 5 月 31 日(木)まで

3 配付期間
2018 年 4 月 20 日(金)から同年 5 月 31 日(木)まで

4 配付葉書 通常郵便葉書(無地、インクジェット紙又はくぼみ入り(注)) 通常郵便葉書胡蝶蘭(無地又はインクジェット紙)

5 配付枚数
お一人に付き上記配付葉書の中からいずれか 1 種類を 20 枚

*******

 申し込み方法など詳しくは、「日本郵便の青い鳥郵便葉書の無料配布」「日本郵便の青い鳥郵便葉書の無料配布」 のページへ。



ワタル4月から就労Bに。 - 2018.04.08 Sun

 ワタルは二年前に養護学校高等部を卒業して、福祉施設の生活介護に通所していました。そこでは作業の時間もあり、ほんのちょっぴりお給料もいただいていました。
 作業じゃないプログラムもあり、それは買い物活動とかでした。どういうことをするのかというと、みんなでお店に行き、自分の買いたいお菓子やジュースを買ってきて、食べるというようなものです。

 前期と後期に個別支援計画を立てる時に、私とワタルとスタッフの人と面談があります。そこで昨年「来年4月から就労継続支援B型に(同じ事業所内の別建物)」と言われました。

 今までいた建物には行かなくなること、買い物活動等がなくなること、今まで会っていた人と会わなくなること、食事がじゃっかん違うこと等、ワタルは不安だらけで、その時からイヤだイヤだと言っています。

 ワタルは、生活介護での作業でお金がもらえることを今まで意識していました。それで自分の好きな雑誌を買っていました。就労Bでは、もっともらえるようになると言われると、通ってみる意義も考えているようです。
 
 スタッフの方も将来のことを考えると就労Bに、と言ってくれています。

 今まで学校で先生の指導で、作業の時間頑張っていたので、集中して作業もできているようです。

 作業して頑張ったな〜!今日も疲れたな〜!でも給料ももらえるし、明日も頑張ろう〜

 とかなれたらいいけど、まあ、人生長いから、無理しないで。私も様子みます〜〜


 4月から別建物で、作業時間も午前午後とも倍になりましたね。頑張ってみようね、ワタル!



↑学校を卒業したら、卒業証書はもういただくことはないと思っていたので、貴重なものをいただきました。


↑「辞令」をいただきました。私はいただいたことないです。

 生活介護の担当スタッフの方にはお世話になりました。ありがとうございました。




[札幌市]特定医療費(指定難病)受給者証専用ケースが! - 2018.04.08 Sun

 何だか昨年通知が来ていて、何がなんだかわからなかったのですが、特定医療費(指定難病)受給者が今まで「北海道」から出されていたのが、今年の4月から「札幌市」に切り替わることに(政令指定都市に住んでいる患者さん対象だと思います)。
 そのため、過去1年間分の上限管理表が必要となり、私は上限管理表はどこにあるのか、いただいていたのか、それに知った時点からそれを書いてもらうのはどうしたらいいのか、チンプンカンプンで、それでも病院の窓口のスタッフの人に聞いたり、区役所の福祉課の人に聞いたりして、やっと、新しい札幌市発行の受給者証が届きました。

 封筒と開けてみると、「新しい受給者証」と一緒に「専用のケース」と、「冊子になった上限管理表」が届き、嬉しいびっくりをしました。それらは一つにまとめられるし、保険証や診察券も入るポケットもあります。私は、こういうのが欲しくてネットで探していましたがなくて、困っていました。

 道から市になる時に、なんか嬉しい仕様変更があったな~と思っていると、北海道新聞でこのことが載っていました。北海道難病連の方と札幌市の担当の方が何回も打ち合わせをして、患者さんの要望が全面的に受け入れらたそうです。そして、全国初の試みで他の自治体にも広がって欲しいそうです。その北海道新聞の記事は、難病連のFBのページに載っていますよ~。ここをクリックしてください。


↑専用ケースと上限管理表。


↑受給者証を入れた感じと、上限管理表の中身。


↑専用ケースを開いたところ。右側に保険証や診察券が入るポケットが。


↑[札幌市]特定医療費(指定難病)受給者証の変更点等。クリックすると大きくなります。




リュウ「コンバンハ」と二回言う。 - 2018.04.04 Wed

 夕方病院に行き、リュウのからだをベッドで起こします。その時、病室に入ってきた看護師さんが私に、「コンバンハ」と言ってくれました。
 その途端、私も「コンバンハ」と言ったのですが、リュウも結構大きい声で「コン」と言いました。「コン」とは「コンバンハ」の「コン」ですね。私が、

「コンバンハと言った!」と言うと、
「言ったね〜!」とその看護師さんも嬉しそうに言ってくれました。

 ディスペースでのひと時も終わり、同じフロアーの散歩に行きました。ソーシャルワーカーさんがいるお部屋からソーシャルワーカーさんが出てきて、やっぱり「コンバンハ」と私たちに言ってくれたので、私が「コンバンハ」と言うと同時に、リュウが「モゴモゴモゴ〜」と言いました。はっきりした発音ではなかったのですが、明らかに「コンバンハ」と言ったと思いました。

「今、コンバンハと言ったね〜〜!」
と私が言うと、もう向こうに歩いて行ったソーシャルワーカーさんが振り向いて、
「言いましたね〜〜〜!」と嬉しそうに反応してくれました。

 久しぶりに聞いたリュウの挨拶も嬉しかったけれど、リュウの挨拶を一緒に喜んでくれた人がいて、それも嬉しかったです。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

医療講演会配布資料

最新記事

平成30年西日本豪雨の義援金振込先等。 Jul 09, 2018
リュウのお兄さんが亡くなりました。 Jun 17, 2018
年に一回の「青い鳥郵便葉書」の無償配布。 Apr 15, 2018
ワタル4月から就労Bに。 Apr 08, 2018
[札幌市]特定医療費(指定難病)受給者証専用ケースが! Apr 08, 2018
リュウ「コンバンハ」と二回言う。 Apr 04, 2018
病院の床に凹凸がある??? Mar 28, 2018
「知的障害者の投票札幌市が来春から支援」 Mar 09, 2018
ワタル、つかの間の休息。 Feb 05, 2018
映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版無料公開中。 Jan 29, 2018

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア