FC2ブログ
ブログパーツ

2018-10

コープさっぽろ広報誌「cho-co-tto」10月号に昆布盛ツアーが。 - 2018.10.28 Sun

 私が参加した昆布盛ウィンドファームの見学ツアーの様子が10月号のコープさっぽろ広報誌「cho-co-tto」に。宅配をしている方は届けられていると思うのですが、そうじゃない方はお店の方に行った時に、見てみてくださいね!今日は10月28日だからもうないかな〜〜!









『トドック電力再生エネ』根室見学ツアー当選! - 2018.10.28 Sun

 突然の話題ですが、個人宅の電力自由化が2016年春から始まり、うちはその年の7月にトドック電力の再生可能エネルギーのFIT電気に変えました。今年になってから、抽選で『根室の昆布盛の風力発電の見学ツアー』が当たるというハガキが利用者に届いて、応募したら当選し、イブキと一泊で行ってきました。以下はその様子です。

 その前に、エネルギーの話題をちょっと。。。

 東日本大震災後から泊にある原子力発電所は止まっています。今回北海道胆振東部地震が起こり、大停電になってしまったのですが、火力発電所が原発に代わり、エネルギー供給源の主力になっているんだなあと思いました。
 原発は人や環境に良くないので反対なのですが、火力発電所も大量の二酸化炭素を出してしまい、地球温暖化の問題もあり、環境のことを考えるとこれまたどうなんだろうと思います。

 でも原子力や火力とかではなく、人や環境にもやさしいエネルギーがあったら、その選択肢は私はいいのではないかと思います。

 トドック電力のFIT電気の構成は、北海道内の風力発電、水力発電、木質バイオマス発電で、再生エネ100パーセントだそうです。

 というわけで今度こそ、ツアー報告です。うちの電気の源を探るぞ。
 


↑7月14日(土)。新千歳空港。風力発電がある根室に行きます。ツアー後すぐにでもブログでアップしようと思っていたのですが、気が付いたら、10月も終わっちゃいますね。。。
 集合場所に行くと、スタッフの方、他の参加者(10組20名)の他に、北海道で活躍されているリポーターの石井雅子さんがサプライズでいました!


↑パンフレット。トドック電力の社長さんも一緒だし、やたらとスタッフの方が多い。半分半分くらい???誰かに聞くと、「たぶん一回目だから」とのこと。


↑ANA4873便で新千歳空港から「たんちょう釧路空港」へ。道内で飛行機に乗るのは今回が初めてです。札幌と釧路は、約300キロで、釧路から根室は約125キロで、合計425キロ。根室は行ったことがなくて、飛行機から降りたらすぐに着くんだろうと思っていたら、すぐには着かなかった!

 私は道中うっすらと疑問が・・・。札幌に住んでいてこんな遠いところ(根室)で電気を起こしていて、どうやって運んでくるの???モヤモヤモヤ~~~。(後で質問しました。その模様は下の方にあります。)


↑新千歳空港からここまではすぐに着きました(1時間くらい)。
 

↑空港からバスに乗り根室に向けて出発。コープのお茶(お店で買うものがコープ関係の人から配られて不思議な気持ち)と、根室銘菓の「オランダせんべい」が配られました。「オランダせんべい」の実物はどこかで見たことがあったのですが(三井アウトレットの北海道ロコ?)、食べたのは初めてで、変わった食感でした。美味しかったです。ごちそうさまでした。


↑クイズも始まりました。空港からすぐ着くと思ったのが、すぐに着かないというのがわかってくる。空港から根室まで3時間以上かかるんだ~!でっかいどう。道東には馴染みがない道産子の私。


↑クイズ第2問!「昆布盛ウィンドファームの風力発電で賄える電気の量は約何世帯の電気の量でしょうか?」。クイズは全部で5問あったのですが、唯一間違えたクイズです。私は1番と答えたのですが、正解は3番の「約7000世帯」でした。昆布盛ウィンドファームにある風力発電は6基ですよ、6基で7000世帯って多い!とびっくり。


↑クイズ第3問!「トドック電気は風力発電以外にどことどこから仕入れている?」答えは2の「江別のバイオマス発電とニセコの水力発電」です。が、さっきの疑問がモヤモヤモヤ~~~!
 根室、江別、ニセコからどうやって、札幌のうちまで電気を運んできているの???


↑途中、「厚岸道立自然公園」に寄りました。左からトドック電力の社長渡邉美彦さん、リポーターの石井雅子さん、王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社代表の尾崎信介さん。


↑宿泊先に着いた~。この写真撮影時間は18時25分。空港で14時25分だったのでやっぱり4時間近くかかっています(途中休憩等あり)。バスの中で退屈だったかというと全然違って、実際はバスの中でずっと笑っていました。トドック電力の矢口さんがガイドをしてくれていたのですが、そのガイドが可笑しくて可笑しくて・・・。他のみなさんもゲラゲラ笑っていました。また矢口さんガイドのツアーに参加したいと思うくらい。ありがとうございました。クイズをやってくれたスタッフの方もありがとうございました。写真見て気がついたのですが、参加者の方がパネルを持つの手伝ってくれていたんですね!
 
 夕食では根室で有名な「花咲がに」が目の前に。美味しかったです~~。


↑翌日7月15日(日)。朝の8時。宿泊先の「ねむろ海陽亭」さん、ありがとうございました。


↑今回のツアーのメインイベント根室市昆布盛にある(実は昆布盛というところがあることが今回初めて知った)「昆布盛ウィンドファーム発電所」に9時半に到着しました。あいにくのお天気で曇りです。高さが85メートルのが1基(発電出力2500kw)、65メートルが5基(発電出力1基1500kw)あります。近くに来るとすごく高くて、それから回転している音が聞こえます。風の向きや強さによって、向きだとか羽の角度だとかを変えたり、風車を停止したりと、色々とやっているというのがわかりました。ちょっと意外だったのが、日本製ではなくアメリカ製。
 説明してくれたのは昆布盛ウィンドファーム所長の佐藤優さん。


↑室内に入り、引き続き昆布盛ウィンドファーム所長の佐藤優さんが、スライドを見ながら風力発電のことを説明をしてくれました。私は鳥がぶつからないか質問したのですが、建てられる前から希少種の鳥の飛行ルートを調べて外していて、希少種はぶつかっていないと説明を受け、そうなんだ~と思い安心しました。

 次に王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社代表の尾崎信介さんが「再生可能エネルギー」について、スライドを見ながら説明をしてくれました。
 ・「再生可能エネルギー」とは一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり、資源が枯渇しないエネルギー。太陽光発電、風力発電、水力発電、バイオマス発電、地熱発電等。
 ・日本のエネルギー自給率は7.4パーセントで、約93パーセントを海外からの輸入(石油、石炭、LNG等)に頼っている。

 「エネルギー自給率」ってこんなに低いんですね・・・。自給率が低いと、国際情勢に何かあったら影響を受けちゃいますよね・・・。今後なければいいけど。自分の住む産地の食品を購入するとそこにお金が巡って、産地も成り立ち、結果その食品を生産する技術等も守られると思うのですが、エネルギーもそうなって欲しいなと思いました。将来的には風車も北海道産がいいなぁ。

 ・現在、再生可能エネルギーの発電設備は、他の発電設備と比較すると建設や維持にお金がかかる為、普及が進まない。

 とも。再生可能エネルギーの普及を妨げる要素は、上記の理由の他に、再生可能エネルギーの枠が決まっていて、それ以上できないとも。でも需要がたくさんあったら変わるかも!

 そしてそして、尾崎さんが「質問はないですか?」と言われ、何人かが質問して最後の最後にもう時間がなくなるという時にやっとみなさんを代表し、みなさんが聞きたかった(?いや、知っていた?)質問を私がしました。

「どうやって、根室から札幌の自宅に再生エネの電気を運んでいるんですか???」

 なんだか誰も聞かないし、誰か聞いてくれると思ったんだけど、時間もなくなるし、帰りもモヤモヤするのがイヤで、みなさんを代表して、私が聞きました。

「よく聞かれる質問なんですよね。あなたもその質問します?(←とは言っていない)再生可能エネルギー用の電線があったらいいのですが、今はみんな共用なので、発電した電気をほくでんに買い取ってもらっていて、電気としては一緒のものですので。それを契約者が再生可能エネルギーの会社にお金を払っています」

とホワイトボードに絵を描いて答えてくれました。わかりましたか?

 電気のことについてはまだ知らないことはたくさんあると思いましたが、私の家の電気は、原子力や枯渇燃料に頼らない再生可能のものから構成されているということは間違いないことを再認識。

 昆布盛ウィンドファーム所長の佐藤優さん、王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社代表の尾崎信介さん、親切に色々教えてくださり、ありがとうございました。
 

↑帰路。日本で最東端にある「納沙布岬」。初めて来ました。北方領土資料館がありました。


↑厚岸にある道の駅「厚岸グルメパーク」で、牡蠣を食べました。美味しかったです。

 他の参加者の組合員さんもお疲れ様でした。私は初めてイベントの参加で、組合員さんと交流したのは初めてです。

 今回の地震で停電を経験し、電気の有り難さも実感したので、電気のことにもっと関心を持って、そして大切にしようと思います。

 みなさん、ありがとうございました。



ワタル、列車一人で乗る。 - 2018.10.14 Sun

 地下鉄は乗れるようになったけれど、「JRに一人で乗りたい」というワタルに「いいよ!」となかなか言えませんでした。
 地下鉄は「気がついたら知らないところに降りた」ということはないのですが(ワタルの場合、札幌の地下鉄の場合)、JRは「気がついたら知らない路線に乗っていた」とかなりそうで、函館とか稚内とかとんでもないところからワタルから電話きたら私もどうしていいかわからないとずっと躊躇していました。

 でも昨日は「JRで新千歳空港に行きたい」と言っていて、「ダメだダメだ」と言ったのですが、よ〜く考えてみると、新千歳空港って、快速エアポートに乗ったら最終駅が目的地だし、帰りもどの列車に乗っても、新札幌駅や札幌駅に到着するんだと気がつきました。念のため、みどりの窓口に電話してみるとやっぱりそうです。それとお金がわからないので、IC乗車券のKitacaを買えば、地下鉄を乗る時のように切符を買わなくていいのです。

 行ってみる?ひとりで。


↑一番最初なので新札幌駅でKitacaを私が買い、ホームまで付き添って、快速エアポートの指定席には乗らないでと言って、見送りました。


↑スターウォーズの飛行機が停まっていたそう!ワタル撮影。


↑ずいぶん、たくさん飛行機が。一番左がスターウォーズの飛行機。


↑秋の空〜〜〜!

 帰りも乗った新札幌駅で降りて、電話きました。
 行きの列車と帰りの列車の様子が違い、間違って指定席に座っていたそうですが、車掌さんに注意されて移動したそうです。その他はトラブルはなかったようです。

 今年の夏に一回、九州地方から奥様の入院(S病院H医師)で付き添いで滞在していたコウさんに新千歳空港に連れて行ってもらったりで、少し慣れていたかな?

 一人で乗れて良かったね!



そして北海道新聞地方版『ひと声』欄に母の姿が。 - 2018.10.12 Fri

 母は北海道新聞からも取材を受け、今日10月12日室蘭胆振版朝刊『ひと声』欄に母が。本人も私たちも舞い上がっています。おめでとうございます。母。


↑10月12日室蘭胆振版朝刊『ひと声』欄。


↑今日表彰式があり、いただいた賞状と賞状盾。



速報!母の絵が公募展大賞に。 - 2018.10.11 Thu

 10月10日室蘭民報に「公募展最高賞に佐藤さん」の記事が。佐藤さんとは私の母です。伊達美術協会の公募展に二点出品したら二点とも大賞だったそうで、母も周りの人もそれはそれは喜んでいます!
 以前も賞をいただいたことはあるのですが、昨年6月に父が亡くなり、その後一人で伊達の一軒家で過ごしていて、全部自分でやっていて、そんな中での受賞は私も本当に嬉しいです!母の絵は水彩画です。


↑10月10日室蘭民報。


↑作品名『アウトドア』。公募展最高賞の協会賞。会場にて。撮影者、姉。


↑作品名『秋明菊』。こちらも公募展最高賞の協会賞。会場にて。撮影者、姉。


↑伊達美術協会展、公募展のポスター。撮影者、姉。


↑会場のだてカルチャーセンターに入っていく母。撮影者、姉。

 母と電話で話し、「子どもも遺伝しているから」と言われたのですが、「それはない」と答えました。あるとしたら孫じゃなかいかと言うと、ワタルにどんどん描いてもらいなさいとアドバイスされました。



枝野代表と池田まきさんと農園でバーベキュー。 - 2018.10.08 Mon

 10月6日(土)に恵庭にある余湖農園でバーベキューがありました。参加者は、立憲民主党代表の枝野幸男さん、衆議院議員池田まきさんと、応援する市民で、約30人くらいです。
 私は池田まきさんの北海道五区で、立候補する前から知り合いで、応援。
 私も参加でき、目の前で枝野さんが焼き肉を食べている時に、母からの伝言を伝えたのですが、私の要望を言うのを忘れました!ので、ここに書きます。

 池田まきさんは、ウィキィペディアによると『2016年4月、北海道第5区補欠選挙に無所属で立候補。この選挙区では日本共産党が独自候補を取り下げ他野党も推薦する史上初の野党統一候補として注目を浴びた。無党派層から7割の支持を集めるも落選』し、『2017年10月、第48回衆議院議員総選挙に立憲民主党公認で出馬し、北海道第5区では自民党前職の和田義明に6,739票差で惜敗するも、比例北海道ブロックで復活当選』しました。
 この時も共産党は北海道5区に候補者を立てていなくて、野党統一候補でした。
 来年も参議院議員選挙があります。ぜひ、今後も野党統一候補にしてください。


↑お顔が写っていないのですが、左でお肉を持っている人は余湖農園の社長さん。真ん中が枝野さん。右が池田さん。
枝野さんは、3.11の時にずっとテレビに出ていて、地震や原発事故の状況を伝えてくれていた印象が強いです。池田さんは、衆議院本会議で「子どもの生活底上げ法案」の趣旨説明を行ったりで頑張っています。

 2016年の時などの応援していたみなさんとも久しぶりにお会いでき嬉しかったです。



ワタルのキッドピクスの最新作。 - 2018.10.03 Wed

 先日ここでお尋ねしたパソコンのお絵描きソフト「キッドピクス」なのですが、その後「15日間トライアル」をダウンロードすることができ、ワタルも喜んで遊んでいました。
 しかし、15日を過ぎるとクリックしても反応しなくなり、「これは購入しないとダメなんだ」と思い、英語サイトで(日本語サイトはなかった)「何となくクリック」「何となくクリック」を繰り返してお金も払い、ダウンロードも始まり終了しましたが、「15日間トライアル」のまま何も変わりません。
 にっちもさっちもいかなくなり、ダウンロード先のカナダに問い合わせしてみようと思いましたが、英語がわかりません。どうしようと思っていると、海外からの買い物での会社とのやり取りで、「グーグル翻訳」でやっている人がいることも知り、私もやってみました。
 「グーグル翻訳」ご存知の方もいらっしゃると思いますが、母国語を海外の言葉に、またその逆も自動的にやってくれるウェブページのサービスです。どんなページかと言うと、ここをクリックしてください
 サイト全部を母国語に変えてくれるサービスもあるのですが、前にやってみたら、訳をしなくていいところまで訳していて、ただ単に「面白い、ユニークだ」としか記憶に残ってなくて、今回はそれをやらずに、「何となくクリック」を繰り返して、買い物に失敗したようです。
 
 早速、「購入したが自分のパソコンのどこにソフトが入っているのかわからない」と問い合わせしたらすぐに、「購入済証明書を見せて欲しい」と返事が。そのスクリーンショットを添付して送ると、「確認しました」との返事が来ました。そして私の失敗は、「15日間トライアル」をアンインストールしてからダウンロードしなくてはならなかったのが、それをしなかったことだそう。そうなんだと思い、「15日間トライアル」をゴミ箱に捨て、言われた通り再度ダウンロードしてみると、できました!よかった!!!

 今回わかったことは、日本の会社みたいに問い合わせをすると、まずすぐに自動返信があり、その後営業時間中にスタッフの人がメールを送ってくれることがわかりました。でも、その冒頭が「Hi Vanilla!」(毎回)で、なんかフレンドリーな感じがしました。日本の会社だと、「お客様〜」という感じで、「Vanilla様」ですよね。
 一つの会社としかやり取りしていませんが・・・。
 
 でも何とか苦労してダウンロードできて、よかったです。これでもう、やっぱり気に入らないから遊ばないとかなったら、泣くわ。

 以下は久しぶりのキッドピクスの作品(?)です。リュウの病室にプリントアウトして貼ってます。

「リュウ、ワタルのキッドピクスの絵、久しぶりだね〜。なんか見ていたら元気でるね〜」










リュウの「挨拶」に拍手が。 - 2018.10.02 Tue

 昨日、ディスペースのソファに座っていると、H師長さんとM看護師さんが帰るところで、「さよなら〜!」と声をかけてくれたので、私も「さよなら〜!」と言うと、すぐ続けてリュウが「さよなら〜!」と私の声の大きさと同じくらい、同じような抑揚で言いました。
 珍しいことです!
 私がびっくりすると同時に、二人の看護師さんもびっくりして足を止めて振り返り、三人で、「さよならって言ったね〜!」と言うとまた「さよなら〜!」とリュウが言いました。
 思わず三人で拍手すると、同じくディスペースにいた認知症の患者さんのKさんも一緒になって拍手をしてくれました。それも嬉しくて「Kさんも拍手ありがとう!」と言いました。

 M看護師さんが「ホッコリするね〜」と言い、師長さんも私も「よかった、よかった」と言いました。

 リュウの「さよなら」も嬉しかったけれど、リュウが挨拶したことを一緒に喜んでくれる人がいて、それもありがたいです。

 ハッピーなひとときをありがとう。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

医療講演会配布資料

最新記事

ワタル、街で「ダース・ベイダー(?)」を見つける。 Dec 13, 2018
『カッコーの巣の上で』から、だ〜いぶ来たリュウ。 Dec 08, 2018
『長谷川式スケール』の長谷川医師が認知症に。 Nov 29, 2018
リュウお見舞いのケーキを食べられた。 Nov 26, 2018
看護師さんに「イッテラッシャイ」と言うリュウ。 Nov 22, 2018
なんと!病院からのお誕生日サプライズが。 Nov 17, 2018
リュウお誕生日おめでとう! Nov 16, 2018
また立てたリュウ。 Nov 14, 2018
リュウもうすぐ誕生日! Nov 10, 2018
外国の踊る神経外科医さん。 Nov 08, 2018

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア