FC2ブログ

2020-02

明けましておめでとうございます #リュウ45 - 2013.01.03 Thu

 リュウ、大晦日の午後三時にうちに到着し、二泊三日で、家族四人でずっと過ごしました。
 リュウの居場所ですが、居間に四カ所あります(下にイラストあり)。
 居間に置いた電動リクライニングベッドで眠ったり、起こしてテレビを見たりします。リクライニングベッドには、スライドテーブルを設置し、新聞を見たり、DVDプレーヤーを見たりします。
 ストーブの横にイスがあり、そこに座り、スライドテーブルを引き寄せ、そこでもDVDを見たり、お菓子を食べたりします。
 ソファに座ったり、横になり、テレビを見たりします。
 食卓テーブルでは、リュウ専用のイスに座り、ご飯を食べます。
 移動や立ったり座ったりは、手助けが必要です。

 思わぬ瞬間に転倒したらどうしようと、緊張しましたが、大丈夫でした。

 大晦日のすき焼きに始まり、元旦のお昼のお雑煮、夜のおでん、二日のお汁粉等、リュウと一緒に、たくさん食べました。
 ビールも飲みました。
 クリスマスの時と同じで、今回も私が積極的に手助けをして、たくさん、食べてもらいました。

 大晦日の日のことです。夕飯まで時間があり、リュウに新聞を見てもらいながら、「なにか見たいテレビ番組ある?」と聞いたら、

「・・・、モノマネ・・・とか、・・・みたい・・・」

と言っていました。
 先週待望のモノマネを見たはずですが、見たりないのかな?

 二日の日、ズボンをはく手助けをした時,つかまるところがないので、私がしゃがんだ状態で、「私の両肩につかまって!」と言ったら、リュウは、自転車のハンドルを握るように、私の両方の頬をつかみました。

「リュウ!それは、私のほっぺだよ!」

と叫びましたが、つかめるくらいの頬だと、その時、わかりました。

 二日の午後、また、新聞のクロスワードパズルを二人で解きました。
 解いた答えをハガキに書き、出しました。



 
 みなさん、今年もよろしくお願いします。
 年賀状に、「応援してる」とか「ブログ見てる」とか書いてくださっている方がいて、嬉しかったです。
 ブログですが、もちろん、どなたが読んでいるのかわからなくて、「あ、読んでくれているんだ」と年賀状で気が付きました。
 あと昨年「拍手」も押してくださった方、ありがとうございました。どなたが押してくださったのか、私の方ではわかりません。
 フェイスブックの「いいね」も同じで、どなたが押してくださったのか、わかりません。お友達登録している方が押してくださった時、「ニュースフィード」に掲載される時と、されない時があり、後者だとお友達登録していてもわかりません。
 いずれにしても、「拍手」「いいね」は嬉しくて、どなたかが読んでくださって、ボタンも押してくださったんだ〜と、励みになりました。
 夫の症状は、少しずつですが、進んでいます。でもみなさんに励まされ、励まされた私がまた夫を励まします。
 ワタルですが、現在中学三年生で、今月受験があります。志望校は、市内の養護学校です。合格したら、自宅からの通学になります。
 また様子伝えたいと思います。

 みなさまにとっても、よい一年でありますよう、お祈り申し上げます。




関連記事

ワタル熊よけの電気柵に触れる «  | BLOG TOP |  » 家族で年越し #リュウ44

医療講演会配布資料

最新記事

「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019
国民皆保険が効かなくなる日米FTAが締結??? Nov 15, 2019
久しぶりの発語。 Nov 15, 2019
インフルエンザの鼻からの検査、ワタル辛い。 Nov 03, 2019
サケのふるさと千歳水族館に行く。 Oct 06, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。