FC2ブログ

2020-04

養護学校高等部の入学式終わりました - 2013.04.12 Fri

 4月11日の今日、市内の養護学校高等部の入学式が終わりました。

 ワタルは、「ジョシ」ではなく、女子のセーラー服に興味あったようですが、ワタルが入る学校は、制服がありませんでした。そのため、入学式のワタルのスーツを事前に買いに行きました。店員さんが言いました。

「お子様のスーツ、すそのお直しが出来上がるのが、4月4日の土曜日でございますが」

その口調は、すそのお直しの日数を考えていないママがいる、という風にも聞こえたので、私は、

「ええ、大丈夫です」

と余裕で答えました。イブキの時、間に合わなくて慌てた経験があったので、私も学習し、その計算もした上で、買いに行ったのです。

 さあ今日は入学式です。ワタルの目の前に、先日購入したスーツを持って行き、中学校の制服と同じように着て、と言いました。ワタルが着始め、私も途中まで確認し、大丈夫だ、と思い、私の身支度を始めました。

 ワタルと私、二人とも身支度が終わり、いざ、入学式へ!
 到着すると、玄関にクラス分けが貼ってありました。ワタルの名前があった!受け付けをし、ワタルのクラスに入って行きました。
 机にワタルの名前が貼ってありました。自分の居場所がちゃんとあると嬉しいです。ワタルはそこに座りました。私がキョロキョロ見渡すと、物置き場にもワタルの名前が。ワタルに言って、そこにリュックをかけてもらいました。またキョロキョロすると、ワタルの名前があるジャンパー掛けが。自分の存在を受け入れてくれる名前が、またちゃんと貼ってあり、嬉しい!そう思い、また、ワタルに言い、ジャンパーを脱いでかけてもらいました。

(が!あれ?)

 ジャンバー脱いだら、ワタルが白い???先日の養護学校の面接の一週間前、みずから眉毛をそり、その時もあれ?ワタルの顔の印象が、カラーから白黒になった?と感じたのですが、今回は、さらに真っ白い??

(あれ〜〜〜!ワタル、ジャンバーの下、ワイシャツにネクタイで、上着着てない!)

と、その時、気が付いたのです。

「あれ!ワタル、スーツの上着着てこなかったの?」

と、私はびっくりして言いましたが、ワタルも「え?」とただただびっくりした表情です。とっさに先生に、

「せっかくこの日のために買ったスーツの上着、取りに私だけ自宅に帰ります」

と言いましたが、今が初対面の先生は困惑した表情です。式の入場まであと20分くらいなのです。私は20分なら、全部信号が青なら車で走らせて間に合わないか?と思いましたが、かなり厳しい感じです。最悪は、式が始まり、ワタルが入場している最中に、到着した私が追っかけて上着を着せるシーンを想像しました。すると先生が、

「ちょっと待っていて下さい」

と言い、職員室に消えて行きました。そして、どなたかの先生の上着を手にしていて、

「これを着て下さい」

と私に言い、それを手にした私はワタルに着てもらいました。そうして、無事に式が終了したのです!そのまま記念写真を写しました。どなたかの先生の上着かっこ良かったです。担任の先生、そして貸して下さった先生、ありがとうございました。

 記念写真は、教室で写したのですが、子どもだけと思ったら、最初から親も入って下さいと言われ、みんな一緒の写真でした。子どもも親も先生も入り混じった入学式のクラスの記念写真は初めてで、和気あいあいとした雰囲気です。
 
 明日からスクールバスで通うのですが、その日いただいたプリントを見ると、ワタルが乗るバス停には、卒業した小学校のお友だちと、転校前の小学校のお友だちもリストに載っていて、毎日一緒にバスを待つことになることがわかりました。しばらくぶりに小学校時代のお友だちと再会です。これもまた嬉しいです。

 帰りは、明日から着る私服を服屋さんに買いに行きました。
 買った後、ワタルの目に入ったペットショップに行きたいと言い出したので、「少しなら」と行って、動物を見に行きました。
 柵の中で寝ているネコの毛が柵の外にはみ出していて、私がそっとなで、ワタルにもなでてごらんと言うと、おっかなびっくり、さわっていました。私が温かいでしょ?と言うと、ウンと言っていました。
 犬とか猫とか飼いたい気持ちはあるのですが、その余裕もなく飼ったことがないので、ワタルは、ペットと生活した経験がありません。それは私も少々残念に思っています。
 「鳥は?」とワタルが探しに行きました。他にも「ウサギだ」と言い、色んな小動物に興味を持って覗いていました。「この前うちにいた虫はいないの?」と聞いてきたのですが、その時はわかりませんでしたが、キリギリスのことを言っていたのかな?私は、ゲジゲジのことかと思い、「虫はいないよ」と答えました。

 ペットショップの帰りの車の中で、ワタルが急に、

「ネコぐるまにはネコを乗せるの?」

と聞いてきたので、

「ネコぐるまとは、畑の作業とかで、土を乗せたりするもので、ネコを乗せることはありません。ネコをたくさん乗せて、どこかに運ぶとかはありません」

と答えました。
 帰宅し、着替えも終わると、何やらワタルが、ゲラゲラ笑いながらiPadを手にして私のところに持ってきました。そして見ると、何と、ネコぐるまに何匹もネコが乗っている写真が。私も吹き出してしまいました。ネコぐるまで画像検索してワタルがその写真を見つけたのです。
 可笑しくて可笑しくて、二人でしばらくゲラゲラ笑っていました。

 明日から新しい学校生活がスタートします。リュウからも「がんばって」とメッセージもらいました。

 ワタル、環境が変わって最初は慣れないと思うけど、がんばって!






関連記事

入院して一年が経ちました。その2 #リュウ54 «  | BLOG TOP |  » 入院して一年が経ちました。その1 #リュウ53

医療講演会配布資料

最新記事

「ニューヨークの友達からの電話 新型コロナウイルスの話」カータンさんのブログシェア。 Apr 06, 2020
先々週から面会謝絶に。 Mar 17, 2020
昨日から面会制限に。 Feb 27, 2020
リュウ、床に段差に見える。 Feb 27, 2020
「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。