FC2ブログ

2020-02

入院して一年が経ちました。その2 #リュウ54 - 2013.04.13 Sat

 話しかけたり、手を振っても反応がない時が目立ってきて、前のような笑顔がなくなったと看護師さんが心配してくれ、2月6日に、先生とお話しすることになりました。

 他に、機嫌が悪くなり、看護師さんから薬を飲むのを拒否することもあるそうです。
 私も気になることろが。座る姿勢がやや保てなくて、右に傾いていったり、左に傾いていったり。日によっては話しかけても反応がとぼしく、無表情で一点を見つめたまま。私が、スプーンを口の前に持って行っても一点を見つめたまま、開かないことが。口に入れても入れたままで咀嚼することもしないことが。それだと、むせてしまいます。ストローも吸っても途中で止まったり。会話もいま一つ成立しにくい。
 起きているのだけど、半分眠っているような感じです。赤ちゃんとかが食事の最中で眠くなったら、咀嚼がおろそかになります。ストローも途中までしか吸えません。眠くなったら姿勢も傾いてきます。会話もちぐはぐです。起きていてもそういう状態が見られるようになり、そうなると、食事も水分も摂れる量も減ります。
 私は、クリスマス会、年越しと家で過ごした後だから、精神的に少し落ち込んでいるのだろうかと思いました。他の患者さんも、年越しを家で過ごすのを楽しみにしていて、病院に戻ると、元気がない感じがしました。
 それと、とても気になっていることがありました。それは、本当なら鼻からのくだが必要なのに、自分で抜いてしまったことです。水分の確保ができているのだろうか。もしかしたら、脱水症状ではないだろうか?脱水症状が進むと、あたまももうろうとしてきます。私はそれが心配で、リュウの腕の皮膚を押してみました。脱水なら、皮膚に弾力がなくなり、押してももどらなくなります。リュウの皮膚を押した後、自分のほおを比較で押してみました。私のほおは、ぱんぱんで弾力があり、リュウとは全然違い、ため息が出ました。
 先生からお話しがあると聞いて、私も脱水のこと聞きたかったので、聞こうと思いました。

 2月6日の会社帰りです。先生がナースステーションに私を呼び話し始めました。

「毎日リュウさんに接している看護師がこのごろリュウさんの調子がよくないと心配しています。これが入院してからの体重の変化、月一回している血液検査の結果ですが、ここにはそれほど異常は見られません。奥さんは、水分が摂れているか気にされているようですが、腎臓の数値、異常は見られません」

そこまで聞いて、安心しました。もしも脱水症状だったら、またすぐにでも、鼻からのくだか、胃ろうを検討しなくてはなりません。今日はそのお話しかと思っていたのです。

「脱水症状ではないんですね!よかった!」

 私はそう言いました。

「はい。そうですが、もしも奥さんも最近のリュウさんのこと心配しておられるようなら、看護師も提案しているように、薬の再調整も合わせて、S病院のH医師に一度受診してみてはどうでしょうか?お手紙は私から書きます」

 それを聞いて、言いました。

「夫は、一日の中でも日によっても週によっても季節によっても、調子が悪くなります。でも、入院中は、決まった時間に起き、決まった時間にご飯を食べ、決まった時間に薬も飲み、環境が整えられ、調子が悪くなる変動がそれほどありませんでした。看護なさっている方にとても感謝しています。でも家では、そこまで持って行けなくて、調子が悪くなることは、入院中よりあったと思います。今回調子悪いですが、私は今までも経験していました。秋から調子を落として、寒い冬も調子が落ち気味でした。もう少しこのまま様子を見させて下さい」

「奥さんのお気持ちを聞けて安心しました。奥さんと今日お話し出来てよかったです」

「私も脱水ではないとわかり、先生とお話し出来てよかったです。ありがとうございました」

 そう言いました。それから、また、様子をみる日々が始まりました。
 私の経験から、少しずつ調子も戻して行くのかと思っていたのですが、なかなか戻りません。
 本人の口から、「体のバランスが悪い。病気が進んでいる」と聞いた時はさすがに、ついに、私も行動を起こさなくてはならないと思いました。

 S病院を受診するか、私たちにはもう一つ試してみたいことがありました。それは、リュウの認知症状が出始めたときから知っていた栄養補助食品を飲んでみるか、です。リュウは最初身体症状だけだったのですが、途中から認知症状も出始めました。身体症状は平成17年頃からで、認知症状は平成19年の冬からです。



関連記事

入院して一年が経ちました。その3 #リュウ55 «  | BLOG TOP |  » 養護学校高等部の入学式終わりました

医療講演会配布資料

最新記事

「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019
国民皆保険が効かなくなる日米FTAが締結??? Nov 15, 2019
久しぶりの発語。 Nov 15, 2019
インフルエンザの鼻からの検査、ワタル辛い。 Nov 03, 2019
サケのふるさと千歳水族館に行く。 Oct 06, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。