FC2ブログ

2020-02

ワタルと街なか散策。 - 2013.10.13 Sun

 ワタルが最近、「時計台に行きたい」と何回も言うので、「天気もいいし行こうか!」と私が言い、9月29日の日曜日に、地下鉄で出かけました。

 ワタルは、大好きなものがたくさんあります。その中に「時計」「建物」もあり、その二つが合体した札幌時計台は、ワタルの気になるものの一つ。ワタルと時計台の中に入るのは、今日が初めてではないのですが、久しぶり~。
 時計台は札幌中心部にあり、その辺にお出かけの時は、丸井今井デパートのファミリーレストランでお昼ご飯を食べます。
 私にとっても楽しいひととき。


↑ファミリーレストランに着き、ワタルが頼んだものは、味噌ラーメンの大盛り。
 わたるの好きな食べ方は「手づかみ」。
 なのですが、私や先生方の声がけで、箸が使えるようになりました。
 でもあまり上手ではなく、食べるのに時間がかかります。
 私は、その時間差を利用して、食後のデザートをいただきました。
 ワタルはデザートはいつも頼みません。


↑デパート「丸井さん」のファミリーレストランは10階にあり、窓側の席からは、眼下に大通公園、目の前にさっぽろテレビ塔が見えます。
 私がふと、ワタル!テレビ塔も行こうか!と提案すると、行く!とワタルも即答。展望台に上がることにしました。


↑丸井さんからテレビ塔に向かって大通公園を歩いていると、放射線量を測る器械が設置されていました。


↑地上約90メートルのさっぽろテレビ塔展望台から外を眺めるワタル。
「大通り公園って、長いねぇ~!」
と感想を言っていました。びみょうに腰が引けてるので、どんっと押すと、
「もう~やめてってばっ!」
と怒られました。
 ワタルは高所恐怖症ではないですが、ここまで高いと、怖いみたいです。


↑右側の茶色いビルが札幌市役所。
 その奥の黒く見える窓がたくさんあって、白い建物が、北海道新聞本社。
 時計台に行った後、思いがけず、この北海道新聞本社に寄ることに。


↑今日の目的地、札幌時計台に着き、中に入りました(撮影許可済)。
 私は最初、時計台の中は、巨大な歯車だらけで、人間が入るスペースがあるのかなと思っていたのですが、一階は展示場、二階が写真の様にホールになっていて、拍子抜けした記憶があります。けっこう、私のように思っている人がいるみたいです。
 ステージがあり、「演武場」と書かれた額が(この建物はもともと旧札幌農学校演武場)。


↑この写真の中央部の四角いスペースに時計を動かす装置が入っています。

 時計台でワタルは、自分が行きたいところに行き、見たいものを見て、ウロウロしていました。
 本当は入ってはいけないところも全部入り、自分の目で建物全部を見たいのですが、そういうわけにもいきません。
 二階の「管理室」と書かれたドアをどうしてもどうしても開けたくて、私に何回も聞きましたが、私の答えは「ノー」です。そのうち、係の人が来て、その人も「ノー」だったので、ワタルは我慢しようと努力していました。
 でもやっぱり、ドアの前をウロウロ。
 誰も見ていない隙に、開けるかな?と思って見ていると、開けませんでした。
 私は心の中で、偉いね~とほめました。
 このとき、ワタルのことを後からでもほめてあげたらよかったと後悔しました。

 帰路のことです。
 時計台も見、信号を渡って地下鉄駅に向かって歩いていると、前を歩いている人の何人かが目の前のドアに吸い込まれていきます。あれ?ここは何だろう?と思って見てみると、「道新ぎゃらりー」となっていて、北海道新聞本社の一階が日曜日でも開いていたのです。
 何となく、前の人に続いて私たちも入ってみると、写真や絵画が展示してあり、奥の部屋には過去の新聞が閲覧できるようになっていました。けっこうの人がいて、へぇ~!と思いました。
 円いテーブルとイスがあり、自動販売機もあったので、喉が渇いたからジュースを飲んでひと休みしてから帰ろうと私が言い、ちょっとの時間、休みました。
 ジュースを飲んでいると、向こうから、警備員の人がコツコツコツと歩いてきました。私は気にも留めてませんでした。

 コツコツコツ、コツコツコツ・・・。
 コツコツコツ、コツコツコツ・・・。

 警備の人が真っすぐこちらに向かって歩いてきて、私たちに最接近したその時のことです。 

(あれっ!ワタルが、逃・げ・たぁ~!)

 ワタルが逃げました・・・。

 あとで聞いたら、捕まえられると思ったそうです。



_
関連記事

今日のパン «  | BLOG TOP |  » 今日のパン

医療講演会配布資料

最新記事

昨日から面会制限に。 Feb 27, 2020
リュウ、床に段差に見える。 Feb 27, 2020
「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019
国民皆保険が効かなくなる日米FTAが締結??? Nov 15, 2019
久しぶりの発語。 Nov 15, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。