FC2ブログ

2020-02

私の実家に行く - 2013.10.27 Sun

 10月26日、27日と久~しぶりに私の実家に行きました。父も母も元気で何よりです。イブキもワタルも一緒です。
 私の5月の「いずみ」の投稿が父のスクラップに貼ってありました。そのスクラップブックは初めて見るもので、見させていただくと、たくさんの父の投書の中に、ひとつだけ母の投稿が。私もその投稿は覚えていて、新聞で見て、電話した記憶があります。その母の投稿と、たくさんの父の投稿から一つ紹介したいと思います。


↑『手術の不安消す夫からの贈り物』
テーマ 「新しい服」
2002年4月10日北海道新聞声欄:母の投稿

 それは私の手術前日のことでした。寝ているベッドから不安があふれて病室中に充満しているような精神状態の時です。
 静かに入って来た夫が手際良く用事を片付け、何気なく手にしていた茶色の紙袋を、ロッカーに収めました。夫が帰った後でその袋を開けて見ると、そこには明るいオレンジ色の半袖セーターとカーディガンが入っていました。
 四十年近い二人の生活にプレゼントをし合うようなことはめったになかったのに、灰色の気分の手術前夜、思いがけない贈り物でした。「このアンサンブルに腕を通す日は来るのだろうか」と私は思いました。
 でも、とても幸いなことに術後の経過も良く、日に日に病室から見える空の色も沈うつな冬の色から、早春の薄明かりに転じ、確実に春の扉を開けています。このセーターはきっと退院の日の玄関ガラスをオレンジ色に染めることでしょう。




『「北海道百名山」楽しんで踏破を』
2013年1月5日北海道新聞声欄:父の投稿

 去年夏、胸に秘めていた道外の3山に登った。世界自然遺産に登録されている白神山地の白神岳と、かつて登り損ねた栗駒山、それに年間250万人が訪れるという高尾山だ。
 振り返れば,学生時代に一度、札幌岳に誘われて登ってみたのが登山歴のスタートだったが、この時はさほど感動しなかった。
 その後、空白があり、30代前半に日高山脈最高峰の幌尻岳の山頂に苦労して立った。その素晴らしい展望に感激し、山の魅力にとりつかれた。
 それからほそぼそではあるが登山を継続し、2年前に「日本百名山」を踏破した。道外の山は昨年の3山で一段落と考えている。
 新年からは「北海道百名山」(山と渓谷社刊)全山登頂を目指そうと思う。これまでに70座近く登っているが、その中でも特に、日高山脈のカムイエクウチカウシ山や一八三九峰などは印象に残っている。
 目標を持つことは日常生活にも張りがでる。余裕を持って楽しく登りたい。珍しい高山植物やナキウサギなどに出合うのを今から楽しみにしている。


 父と母は今現在元気で、ちょっと前まで二人で国内外のウォーキング大会にも出かけていました。現地で知り合った知人を訪ねて、昨年は夫婦でイギリスにも行っていました。それから父は、国内の山だけでなく、キリマンジャロも登り、モンブランも二回アタックしています。
 父は、母の短歌や川柳の才能に轢かれて、結婚したそうです。これは、初めて聞きました。

 父からアドバイスがあり、「今回の旅のことを投稿したらぜったいに載るよ」とのことで、私はこう答えました。

「いずみは、担当者の方から半年は載らないと言われ、それを待っていて、先々週旅のこと応募したけど、連絡がないから没になったと思う」

と。
 あと、「初投稿が載って嬉しかったかい?」と聞かれたので、「あまりにも嬉しすぎて、毎日サイン書く練習した!」と言ったら、すごいウケていました。


↑国内外行ったたくさんのウォーキング大会のメダル。



_
関連記事

今日のパン «  | BLOG TOP |  » 今日のパン

医療講演会配布資料

最新記事

昨日から面会制限に。 Feb 27, 2020
リュウ、床に段差に見える。 Feb 27, 2020
「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019
国民皆保険が効かなくなる日米FTAが締結??? Nov 15, 2019
久しぶりの発語。 Nov 15, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。