ブログパーツ

2018-07

終業式の日に楽しげにうたう歌 - 2012.08.04 Sat

 いま、ワタルは夏休み中です。
 終業式は、7月25日でした。その日の夜のことです。

 私が台所に立っていると、奥の部屋から、ワタルのおっきいうたい声が聞こえてきました。

「あほがみ〜る〜!ぶたのけえ〜つ〜!」

 そのフレーズを何回も何回も大声で、それも楽しそうにうたっているのです。
 ワタルは、家ではあまり歌はうたいません。合唱の課題曲とか、たまに、口ずさむことはあるのですが、「なにうたっているの?」と興味を持って聞くと、「何でもないっ!」と言って、うたうのをやめてしまいます。
 そのワタルが、大声で、

「あほがみ〜る〜!ぶたのけえ〜つ〜!」

と、とても楽しそうにうたっています。私は、

(どうしてあのうたを?意味はわかっているの?誰に教えてもらったの?)

を、考えながら聞き、ついには、

「ワタル!誰に教えてもらったの!」

と、叫びました。すると、

「○○○○先生!」

と、担任の美人で若い女の先生の名前をフルネームで答えました。

「えっ!何言ってるの!嘘でしょ!だれに教えてもらったの!」

と聞くと、やっぱり、

「○○○○先生!」

と、担任の美人で若い女の先生の名前をフルネームで答えます。
 私もそんなはずはないと、ムキになって同じ質問をすると、ワタルもやっぱり、同じ答えを返します。
 ワタルは、あまり嘘をつくことはありませんが、あり得ないと思い、ついには、

「じゃあ!先生にメールして聞いてもいいのかいっ?」

と聞くと、

「いいっ!」

と自信満々です。
 私は、あまりにも自信ありげに言うので、(もしかしたら・・・)とちょっとだけ、考えがぐらついてしまいました。
 次の日が登校日なら、連絡帳に書けたのですが、その日は終業式の夜で、明日から夏休みです。私は、夏休み中、悶々として過ごすのかと思うと、たまらないと思いました。
 でも、そんなくだらないメールを、担任の先生に、していいのかと思いました。先生も忙しく過ごしているはずです。きっと、メールを見たら、あまりにもくだらない内容で、私にも落胆することでしょう。
 でも!この子にして、この親ありです。勇気を持って、ストレートに、

「ワタルが、アホが見る豚のケツって歌っていて、誰からそんな歌教えてもらったの?と聞くと、○○○○先生と答え、嘘でしょ!先生に聞くよ!と言ったら、いいよ!と譲りません。そうですか?」(原文のまま)

とメールしてみました。
 すると、先生もお休みのところ、本当に恐縮なのですが、返事をして下さいました。

「教えていませんが、学校でもとても楽しげに歌うのですが、どこで覚えたのでしょう?」

と、担任の美人で若い女の先生が答えてくださいました。
 まりもっこりの時といい、私は変なことばっかり言って、本当にごめんなさい。

「ワタル!先生、ちがうって、お返事来たよ!」

と言うと、ワタルは私の前から、いなくなってしまいました。

 たぶん、意味もわかっていないと思うのですが、ワタルは、なぜこんなに楽しそうに歌うのでしょう。
 そういう私も、ひとつひとつの単語の意味はわかるのですが、文としての意味がわかりません。





関連記事

はじめてM病院に一家が揃う #リュウ19 «  | BLOG TOP |  » 床から120センチのとぶ鳥

医療講演会配布資料

最新記事

平成30年西日本豪雨の義援金振込先等。 Jul 09, 2018
リュウのお兄さんが亡くなりました。 Jun 17, 2018
年に一回の「青い鳥郵便葉書」の無償配布。 Apr 15, 2018
ワタル4月から就労Bに。 Apr 08, 2018
[札幌市]特定医療費(指定難病)受給者証専用ケースが! Apr 08, 2018
リュウ「コンバンハ」と二回言う。 Apr 04, 2018
病院の床に凹凸がある??? Mar 28, 2018
「知的障害者の投票札幌市が来春から支援」 Mar 09, 2018
ワタル、つかの間の休息。 Feb 05, 2018
映画「僕のうしろに道はできる」30分短縮版無料公開中。 Jan 29, 2018

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア