FC2ブログ

2020-02

大きい飛行機の燃料について〜勤労ちゃんから - 2015.06.14 Sun

 ワタルが初めて飛行機に乗り、「こんな大きい飛行機は電気(燃料)がもったいない?」と思ったそのことについて、飛行機が好きな勤労ちゃんから、飛行機は改良されてきているとワタルに教えてとメールをいただきました。車の燃料のことについては身近なのでまだ考えることはありますが、私も知らないことばかりなので、ここにもアップします。

昔の飛行機は電池(燃料=重油)がかかるため 大きい飛行機にたくさんの電池(燃料)を積まないと 遠く(地球の日本の裏側)までは行けませんでした。電池(燃料)がたくさんかかるので たくさんの人を乗せて稼がなければ(特に私が愛する74)ならなかったのです。だからクルー(操縦士やら)を入れると 74は600人の大移動 でしたが いつも満員ばかりではありませんので損していました。確か2011年全日空が1号機を買って飛ばせた78(ボーイング787)は(マジでバッテリーは日本のユアサ製)いろいろ研究して 少ない電池(燃料)の中型の350人乗り位でも 遠くまで飛べるようになりました。そのため電池(燃料)もたくさん使わないので「 ドリームライナー」と 夢のような飛行機 のあだ名をしてます。飛行機の胴体の鉄も 日本の三菱重工と言う会社が作り 軽くすることに成功しました。だから 今 一番飛んでいる飛行機(全日空だけでも 最初の注文で50機)は 少ない電池(燃料→正しくは本当の電池も使用)で 遠くまで行けるようになったんだよ。だから 千歳と羽田の間は あんまり電池は使わなくても飛べるんだよ。心配しなくても 電池(燃料)が 飛んでるときに無くなっちゃうことは 絶対 ないんだよ。そして この ドリームライナー は アメリカの会社が作ったのだけど 機体の鉄はもちろん 日本の材料ばかり使っているんだよ。日本ってスゴいでしょ😃😃😃

大きい飛行機は やっぱり満席じゃないと 電池(燃料)がもったいないので あまりなくなり(国内の航空会社で就航中の最大機種は B777-300 俗に言う トリプルセブン はクルーも入れても530人位) 中型機の 300〜350人乗り で電池(燃料)をあまり使わなくても飛べる飛行機の研究を毎日してます。つい最近 全日空は ボーイング787-8(ドリームライナー なぜ8かと言うと 当初2006年に発表し2009年就航予定でしたが 試作機の欠陥が次々と発覚し7回も改良したから引き渡しも遅れ2011年確か9月就航。翌月に私乗って バッテリーの異常で引き返した)をもっと改良して 電池(燃料)がもっとかからなくても もう30人程乗ることが出来る ボーイング787-9 を買いました(原理は車のハイブリッドと同じ)。

ana.jpg
↑勤労ちゃんの「FINAL747のステンレスボトル」。昨年5月に私撮影。



関連記事

トラックバック

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/tb.php/662-c849107a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミッキーになったワタル。 «  | BLOG TOP |  » 先週ワタルが見学した国会議事堂で。

医療講演会配布資料

最新記事

「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019
国民皆保険が効かなくなる日米FTAが締結??? Nov 15, 2019
久しぶりの発語。 Nov 15, 2019
インフルエンザの鼻からの検査、ワタル辛い。 Nov 03, 2019
サケのふるさと千歳水族館に行く。 Oct 06, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。