FC2ブログ

2020-07

親の会で二回目の一泊研修旅行に参加。 - 2015.10.17 Sat

 昨年の10月にしょうがい児者を持つ親の会の一泊研修旅行に初めて参加させていただいたのですが、今年もワタルと参加させていただきました。福祉バスを貸し切り、出発地点→藻岩山→市電→中山峠→洞爺湖温泉→室蘭水族館→白老ポロトコタン→帰路へ、と盛りだくさんでした。いい意味でも悪い意味でもなく、リュウが在宅時はこうした一泊研修等は参加しようとは思いませんでした。


↑藻岩山ロープウェイ。車イスの方も大丈夫です。


↑中腹駅でもーりすカーに乗り換え。こちらも車イスの方大丈夫。


↑山頂の施設内にスターホールがあり、みんなで3Dシアターを見ました。見終わるとスクリーンが上にあがり、目の前に札幌の景色が。ちょっと感動。


↑展望台。昨年車イスのリュウとも来ましたが、リニューアルした時に藻岩山の施設全体がバリアフリーになっていました。今回の親の会の参加者に車イスの方はいませんでしたが、一般のお客さんで車イスの方がいました。


↑藻岩山を降りて、次に来たのが、札幌市中央区にある札幌市営交通電車事業所。ポラリスという新型低床車両を貸し切ります。新型車両、旧型車両、申し込めばどなたでも貸し切りできます。


↑説明担当の方に車イスの方のための工夫をお聞きしました。写真はスロープですが、ホームとの関係でスロープにはあまり頼らず、今現在は車イスを持ち上げているそう。確かに、車両はバリアフリーですが、ホームは従来のままですものね。


↑車イス対応の座席。ワンタッチで座席が収納されます。


↑座席が収納されたところ。


↑見せていただいたこちらは旧型車両。あれ?なんか広いような気が。


↑こちらが新型車両。やっぱり旧型車両の方が広いですよね。床を低くしたため、車輪の部分の関係で狭くなったそう。車内でお弁当を食べたため、テーブルが設置されています。


↑こちらはホーム。ひとりの大人の人が立って待っていられるホームの幅になるかな。車イスは狭いですね。でも事前申し込みで車イスの方も乗れます。
 低床車ポラリスは乗用車に乗っている高さでした。初めて乗ったので新鮮でした。


↑その後再びバスに乗り、中山峠のお店で名物のあげ芋を買いました。


↑宿泊先の洞爺湖ホテルに着きました。これは晩御飯です。豪華!


↑食事の後、ワタルはカラオケで「小さな世界」を歌いました。「世界中の子どもたちが」をリクエストしましたが、ありませんでした。残念。カラオケも余暇活動を充実させるものですね。うちではうたわないのでわかりませんでした。余暇活動は大事です。


↑洞爺湖で毎年、花火大会が行われています。この写真はホテルの窓から写しました。左下に見えているのは遊覧船です。遊覧船から乗って見ることができます。私たち母子は洞爺湖の花火、初めて見ました。期間中毎日やっているのですが、湖が汚れないのかな?とちょっと心配もしています。


↑翌朝のホテルの部屋から見た洞爺湖です。真ん中に中島が見えます。


↑ホテルをあとにし、室蘭水族館に来ました。


↑何かつぶやいてください。


↑ワタルは、タッチプールで何か言いながら、ヒトデを手に持っていました。


↑ペンギンの行進です。目の前をペンギンが。
 ワタルは、おたる水族館にしか行ったことがないので、来れてよかったです。


↑室蘭水族館をあとにして、白老の「ポロトコタン」に来ました。写真はアイヌ古式舞踊です。ムックリの演奏もあり、帰りに私は売っていたムックリを買いました。ワタルは最後まで静かに観劇するという感じでもありませんでしたが(色々と話しかけてきます。その度に静かに観ようねという感じで私は言います)、まあまあ座って観ていました。


↑ここでお昼。ポロトコタン内にある「カフェリムセ」。看板に「カフェリムセは障害のある仲間とともに元気に働いています」とありました。白老にある生活介護・就労継続支援B型 多機能型事業所「フロンティア」というところの人たちが働いているそう。私たちは事前予約をしていて中へ。フロンティアの関係者さんが挨拶をしてくれました。ありがとうございます。


↑私とワタルが頼んだ「牛スジカレー」。

 ここで困ったことが。ワタルがこのお皿は小さくて丸くないからイヤだと駄々をこね始めました。うちでいつも食べている丸いお皿がいいそうです。私はカレー皿は丸いやつばかりではなくて、大きさも小さくないと説得を。カレーは「丸くて大きいお皿」。これがワタルのこだわりだとわかりました。でもやはり外出時はそうでもない場合もあるので、ここは「仕方がないこと」と気持ちを切り替えて欲しいところです。最後はなんとか完食しました。
 他にバイキング等で、ジュースを飲むコップはうちで飲んでいるような大きいガラスコップがいいともいいます。これもかなり要求してきます。でもやっぱり「仕方がないこと」ですので、小さいガラスコップでも飲んで欲しいです。
 外出先でこのような経験を何回か繰り返すと抵抗も少なくなるのかなという感じです。


↑あとポロトコタン内でどしゃ降りの雨が降ってきました。バスから降りるときに、折り畳み傘を持って降りたので、それを自分で広げました。雨が降りそうなときは傘を持って歩き、雨が降ったら傘を広げ、建物内に入るときは、傘をたたんで持ち歩くという様な行動をヘルパーさんとも練習中です。この時はそれなりにできました。

 その後は福祉バスに乗って帰路へ。バス内ではワタルは私とすご〜く離れて座ります。昨年の時もそうでした。

 盛りだくさんで、ワタルの知らない面も見られ、他のご家族とも交流でき、有意義な時間を過ごすことができました。
 ありがとうございました。


関連記事

トラックバック

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/tb.php/715-f80a4a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親の会一泊研修旅行番外編。 «  | BLOG TOP |  » ワタルの「フェルメール」と「モナリザ」

医療講演会配布資料

最新記事

父の日のプレゼント。 Jun 29, 2020
必死に反応しようとするリュウ! Jun 14, 2020
特定医療費(指定難病)受給者証の有効期限延長の案内が〜。 May 22, 2020
Bちゃんのお母さんも久しぶりに面会できた。 Apr 26, 2020
リュウにちょっとだけ会えた。まぶたの返事。 Apr 23, 2020
「ニューヨークの友達からの電話 新型コロナウイルスの話」カータンさんのブログシェア。 Apr 06, 2020
先々週から面会謝絶に。 Mar 17, 2020
昨日から面会制限に。 Feb 27, 2020
リュウ、床に段差に見える。 Feb 27, 2020
「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。