ブログパーツ

2017-09

5回目(!?)の病院祭。 - 2016.08.21 Sun

 あれっ?5回目!?の病院祭(8/20)???4回目位だと思っていたのに???平成24年7月に入院して、毎年参加しているので、5回目っ!そんなに参加しているんだ~。今年はM病院ができて20周年だそうで、餅まきもありました。手作りのお神輿もありました。

 病院祭参加5回目って、古株になった~、リュウ。

 今年も参加できて良かったです。


↑「病院祭の写真」の前に「ワタルの通所先のお祭りの写真」です。昨年も同日でしたが、今年も同日に開催(イブキ、ワタルと参加)。今日(8/20)はものすごい雨で、通雨所先のお祭りは大変なことに。でも屋台も頑張って出していたし、ステージでは元気なサザンの曲だとかのバンド演奏も頑張っていました。この後病院祭へ(ワタルは街へ出かけ、イブキと病院祭へ)。テント張ってくれていて、雨をしのいで屋台の食べ物を食べることができました。親の会の人とも会えたし、楽しかったです。私は昨年のお祭り二つ参加でしたが、今年も二つ参加です。


↑13時半からのロビーコンサートをめがけ、病院へ。イブキは初参加です。リュウは二階のベッドに横になっていて、「ワタルの通所先のお祭りに行っていたこと、これから病院祭のコンサートがあること」を伝えて、脇を支えてトイレに行きました。その後車イスをお借りしてそれに乗って一階へ。右端はリュウです。目がキョロキョロと動いていてそれなりに見たり、聞いたりしていた様でした。拍手も手がちょこっと動いたりしていました。『コンドルは飛んて行く』とかリュウも知っている曲も演奏されました。


↑地域の一般の人に混じって、私たちの右側に病衣を着て車イスに乗った患者さんが。この辺りの患者さんは顔を見たことない人が多かったので、「3階の人たちが多い!?」。そう思った瞬間、対抗心(!?)が湧いてきて、二階の患者さんを探してみると、私たちの左側にいる様。ホッ。
 
 『3階の患者さんの参加率! VS 2階の患者さんの参加率!』←そんなこと思ったのは私だけです。ハイ。

 2階のあの患者さんも、あの患者さんも看護師さんに連れられて来ている~!←嬉しかったです。


↑「いろいろな笛のミニコンサート」の後の「ジャグリング&バルーンパフォーマンス」です。催し物は、「耳で参加する」か「目で参加する」かがあると思うのですが、目で参加するものはリュウは難しいです。そのものを目でとらえ、理解する力が必要で。目はパッパッパッと見ることが困難だし、認知の方の困難もあるので。でも何年か前の院内コンサートで、師長さんが耳が不自由な方を連れてきていて、そういう方は「目で参加する」方が喜べるかなぁと思います。
 女性のパフォーマーの方が、一生懸命やってくださっていて有難かったです。犬やペンギンの形に作った風船を小さい子にプレゼントしていました。地域や患者さんご家族の小さい子かと思われますが、色々な年代の方が参加されていて、良かったです。入院患者さんはご高齢と思われる方が多く、小さなお子さんと接する機会は少ないです。


↑正面玄関前では、屋台が出ていました。「焼きそば」「ゆでとうもろこし」「かき氷」等です。


↑終わった後、取材していたテレビ局の人にインタビューされている院長先生。祭りのはっぴを着ています。


↑途中から参加したのでお神輿を担いでいるところは見ていませんが、ダンボール等で作られた見事がお神輿が置いてありました。賽銭箱も付いています。実はこの日の二日前から病院の片隅に置いてあり、院内散歩の時にリュウとまじまじと見ていたものです。とっても上手にできています。


↑紅白の餅まきも行われ(実際には配られた)、リュウとイブキと私の分で3個いただきました。いつもより豪華なお祭りでした。楽しかったです。ありがとうございました。


↑2階に上がると、ディスペースのテレビで高校野球が入っていました。北海道の北海高校が準決勝で勝った瞬間です。

 リュウ、すごいね!北海道の高校が決勝に進んだよ。

 ディスペースにいた患者さんやご家族の方と、お祭りのことや高校野球のことを話題にしました。



関連記事

トラックバック

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/tb.php/834-1b9274fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大通公園の北海盆踊りに行ってみる。 «  | BLOG TOP |  » 患者さんの川越さんへ。

最新記事

札幌で進行性核上性麻痺に関する講演、相談の新聞でのお知らせ。 Sep 14, 2017
札幌で進行性核上性麻痺の医療相談会 Sep 13, 2017
「パーキンソン病 Ipsで改善」 Aug 31, 2017
ワタル療育手帳を紛失する〜 Aug 30, 2017
2017年北海道マラソンにお義兄さんとKさん。 Aug 28, 2017
「排せつ予測機器の開発」販売。 Aug 28, 2017
「認知症原因別の食事ケアは」 Aug 28, 2017
「ips細胞で薬開発」 Aug 28, 2017
リュウが起き上がろうとした。 Aug 25, 2017
お墓参りとプール Aug 09, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア