ブログパーツ

2017-08

M病院で、進行性核上性麻痺の患者さんご家族に会う。 - 2016.09.30 Fri

 今日(9/28)リュウと一階のロビーで座っていると、顔なじみになった年上(私よりかなり???)と思われる女性に質問されました。

「旦那さんの歩き方・・・」

 ここの一階のロビーは、入院中の患者さんやご家族の方と交流できるスペースでもあります。
 その女性は、旦那さんのお見舞いに来ていて、帰り際、ここで新聞を読むのです。私もたまに新聞を広げて、そこに載っているニュースだとかをリュウに伝えます。今日はふいに、その女性が聞いてきました。

「旦那さんの歩き方・・・、病名は何ていうの?」
私「あ、うちですか?進行性核上性麻痺と言います」

「やっぱり!主人も同じ病気だわ!」
私「えっ、何階に入院しているんですか?夫は2階です。今までここで同じ病気の方に会ったことなかったです」

「三階です」
私「そうなんですね。前の病院は?今の主治医は?」

「前の病院はS病院H医師で、今の主治医はT先生。住んでいるところはこの辺じゃないです」
私「えっ!両方とも夫と同じ先生です、もしかしたらサプリメントも飲んでますか?うちはこの辺に住んでいます」

「え~、飲んでます」
私「え~~!そうだったっですか!」

私「お名前は?私たちはリュウアンドバニラです。桜山(仮名)さんなんですね!よろしくお願いします。同じ病名の方が入院しているの知って、嬉しいです」

「ここの病院に決めたのは、H医師の薬がきちんと処方されるから」
私「そうですね!削られたりすることなく、ちゃんと処方してくれますよね、それは本当に有難いです」

「最初はね、歩き方が変だったの、それは冬だからかなって思って。でも雪が溶けても同じで。もしかしたらパーキンソン病かなって。そのうち、目まいがしてきて。それも歩くことが困難になった原因の一つなの。今現在も自分でご飯は食べられるんだけど、歩くのは難しくて。あと喋れるんだけど、声が小さくて」

「目まい!と、声が小さい!」

 目まい。今年、関東地方からS病院に入院したオセロさん(ブログ未紹介)の症状と同じだ。声の症状は、中部地方からS病院に入院したA子さんも気にされていた症状です(S病院では声が一時改善)。

 この辺で、リュウがソワソワし出したので、「また~」と言ってお別れました。

 今度また機会あったら桜山さんご夫妻に会って、情報交換させていただきたいです。

※急性期のS病院から、療養型病院のM病院に転院を決めた時の私の2013年のブログ記事です。薬をそのまま出してもらえるというのは、本当に有難いです。『転院の条件 その2』#リュウ47-2013.01.14

※私のブログを見たという方のつながりで、今年S病院に四人入院され(四人目のアップルウォッチさんは現在入院中)、女子会までアップした後の続きがまだです。ちゃんと書くつもりです。

※それから、やっぱり私のブログを見たという息子さんのお父さんがM病院に入院中で、T先生のコウノメソッドで治療しています。病名はレビー小体型認知症で、私はわずかな時間ですがほぼ毎日様子を見に行っています。リュウもそうですが(レビーみたいなところがある)、レビー小体型認知症は、薬の効き方や副作用が、通常では考えられない反応を示す時があるようです。「レビーの人にこの薬の副作用に過敏なところがある」と一概に言えなくて、患者さんによって違う様で大変ですが、患者さん、お医者さん、リハビリの先生、ご家族さん、看護師さんと、みなさんで前へ進んでいるという感じです。


↑アスファルトの上の栗。写真は本文と関係ありません。




関連記事

トラックバック

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/tb.php/843-4bb99474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紙風船をやってみる。 «  | BLOG TOP |  » 安保関連法反対の集会デモ行進、またO先生と。

最新記事

お墓参りとプール Aug 09, 2017
今日は飲み込みが良かったなぁ~(動画)。 Aug 02, 2017
添乗看護師の江口さんお疲れ様でした。 Jul 31, 2017
『車イス旅行記』トイレページにメーカーさんが気が付いた。 Jul 29, 2017
リュウの背もたれしない座位。 Jul 19, 2017
I夫妻の支え歩行(介助ベルト使用)。 Jul 09, 2017
1年ぶりの九州地方からの患者さんと夫さん。 Jul 09, 2017
広島のMさんより嬉しいメール。 Jul 08, 2017
リュウの足を踏んじゃった! Jul 07, 2017
「マダアルク」 Jun 30, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア