FC2ブログ

2020-04

「のぞみ」 作詞:岡村幸彦 作曲:樋口了一 - 2012.12.11 Tue

「のぞみ」 作詞:岡村幸彦 作曲:樋口了一




のぞみ のぞみ 少しだけ早く
少しだけ小さく 生まれてきた大切な命

君が宿ったと聞いたとき ぼくらは抱きあってよろこんだ
あの日 生まれた君はちょっとだけ 他の子と違っていたんだ
2歳の誕生日が近づくと まわりの友達は走り回り
楽しいおしゃべりが もう始まっていた
せめてひとこと「つらい」とだけでも言ってくれたら

君はゆっくりな子だって ある日ぼくらは気が付いたんだ
それなら君が育つよろこびが ゆっくりと長く続きますように

のぞみ のぞみ 少しだけ早く
少しだけ小さく 生まれてきた命
のぞみ のぞみ 少しでも幸せに

君を愛するたくさんの人たちに かこまれますように

痛いなんて決して言わずに 君はいつもがまんするのに
誰か悲しそうにしていると 涙を流してくれるよね
16歳になった君には 足し算さえもやっかいだけれど
そんなことより もっと大切なもの
神様からいつでも もらっているんだね

パパは大きな傘を一つ ママは小さな傘をたくさん作ります
君の人生に冷たい雨が かからないように

のぞみ のぞみ 君は生まれてきた
その胸にぼくらへのメッセージを抱いて
のぞみ のぞみ 君の微笑みは 教えてくれる
命の尊さ 命の美しさ 命のすばらしさを






 樋口了一さんのコンサートで聞いた樋口さんの最新CD「了〜はじまりの風」(11/21発売)に入っている「のぞみ」という曲ですが、抜粋して、おとつい、ブログに紹介させていただきました。
 その後、どうしても、全部の歌詞を紹介したくて、ダウン症のお子さんのパパであり、作詞者である岡村幸彦さんに、承諾を得たく、岡村さんが理事長である静岡の愛誠館のホームページ(←ここをクリック。お子さんの名前の望未園も!)のお問い合わせのメールフォームに、今朝、その旨、連絡すると、作詞者の岡村幸彦さんから、早速、お返事が届きました。
 承諾していただけましたので、全文、掲載致しました。
 いただいたメールの署名の肩書きが、東京のドラッグストアの社長さん(←ここをクリック。)となっていて、色んな社長さんをされている方なんですね!
 お忙しい中、お返事いただき、感激です。

 合わせまして、私のメールへのお返事、事後承諾で、掲載させていただきます!

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー


初めまして。社会福祉法人愛誠会理事長の岡村です。

この度、施設の方にメールのお問い合わせをいただきまして、ありがとうございます。


○○さんは、ご主人の病気とお子さんの障がいと、両面に向かい合っているとのこと。日々の家族に対する献身に敬意を表します。

私は長男がダウン症で、生まれてきた当初はかなりのショックでした。しかし小さくもけなげに生きて、かわいい我が子を日々見るに付け「この子を中心とした家族のために生きる人生」を構築することにしました。
仕事がありますので日常の育児は家内に大きく被さってしまうところがあるのですが、「私たち家族が楽しくかつ、世の中から支持を受けながら生活できる」方法を「私の分担となる家族のテーマ」として模索することにしたのです。
それが、歌「のぞみ」にある

「パパは大きな傘を一つ ママは小さな傘をたくさん作ります
君の人生に冷たい雨が かからないように」

の歌詞にあたるのかな?と思っています。

シンガーソングライターの樋口了一さんとは、私の経営する高齢者介護施設における「ポストマンライブ」を通じて知り合わせていただきました。
「手紙」という歌の持つ力に介護職員、被介護者家族一同が癒やされ、明日からの高齢者介護の意欲をかき立てられました。
そんなご縁の中、あるきっかけで私が作った詩に曲を付けてくださることとなり、更には「今後この歌を歌い続けていきたい。」とまで話が進んでいき今日の発表に至ったわけです。
皆さんに聞いていただける機会をいただいて本当に感謝しています。

私が我が子「のぞみ」に寄せる思いを、色々な方がそれぞれの境遇の中で、自分や家族等に投影して共有していただけたら、そして何らかの良き思いを抱いていただけたら、作者としてのぞみの親としてありがたく思います。

下記がリクエストにありました詞の全文です。宜しくご参照下さい。

最後に、
寒さ厳しくなりますが、くれぐれもご自愛下さいますようお願い申し上げますとともに、○○さんのご家族に人生の豊かな実りが降りかかりますよう祈念申し上げます。




関連記事

病院で、不在者投票をする。 #リュウ35 «  | BLOG TOP |  » 樋口了一さんのコンサートに行く

医療講演会配布資料

最新記事

「ニューヨークの友達からの電話 新型コロナウイルスの話」カータンさんのブログシェア。 Apr 06, 2020
先々週から面会謝絶に。 Mar 17, 2020
昨日から面会制限に。 Feb 27, 2020
リュウ、床に段差に見える。 Feb 27, 2020
「認知症の進行が止まっている」とT先生に言われる~! Jan 27, 2020
リュウ、約一年ぶりに、トイレでオシッコできた! Jan 27, 2020
リュウ、熱で病院で年越し。 Jan 07, 2020
新しい靴でうまく歩けない Dec 30, 2019
新千歳空港の「ドラえもんとキティちゃんの有料ゾーン」は各種手帳で無料に。 Nov 17, 2019
リュウ、お誕生日おめでとう〜! Nov 17, 2019

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。