ブログパーツ

2017-10

明けましておめでとうございます。家族で年越し。 - 2017.01.02 Mon

 リュウは家で年越しできるかなぁ〜!

 ここのところ熱が続いていて、それに伴って身体機能も落ちていて、私はなかなか決断できないでいました。抗生物質を使ってくれて熱も下がった日が続いても、身体機能は今ひとつです。うちはバリアフリーではないので、うちの中に入るまでにどうしても車から降りて、10歩くらい歩かないといけません。最近病院では、私の脇支えで歩いている最中に何かの拍子に体の力が抜けてしまい、私がリュウを両手で支えながら助けを呼んで、車イスを持ってきてもらったり、イスを持ってきてもらったり、ということが何回かありました(助けてくれてありがとうございます)。

 これは本人に決めてもらおう。

 そう思ってリュウに聞きました。

「リュウ、年越しはうちでしたいよね?」
「ウン」←即答。

「年越し、一泊だけど、うちに行く?」
「ウン」←即答。

「車からうちまで何歩か歩かないと行けないよ」
「ウン」←即答。

 リュウの意思が確認できました!

 うちに帰ろう!

 早速看護師さんに12月31日から一泊の外泊届を言いに行きましたが、最後に付け加えました。

「もしも、うちに入れなかったりしたら、その時点で帰ってきます〜〜」

 毎日毎日夕食時リュウに立ってもらって私の支えでディスペースに移動しているのは、車の乗り降りやバリアフリーじゃない家に入って来れるように、というのもあります(それだけじゃないですが)。
 本人もそれをわかっているのかな???
 毎日頑張っているのにどうして帰れないの?と言わんばかりに、31日の午後にお迎えに行くと、着替えの際も積極的に手を動かしたりして、協力的です。さぁ、行くぞ、という感じ。

 リュウ、ゴメンゴメン。今後もうちょっと頻繁(?)に家に帰ったらいいね。

 リュウの気持ちがわかり、車から降りて、無事に家に入れました。病院からの移動はイブキにも手伝ってもらいました。
 通所時代に使っていたリュウ専用のキャスター付きで肘掛け付きのイスが、家の中で車イスの様な役目を果たしてくれました。

 やった〜〜!無事に家に入れた。

 そう思った時に隣の家の人と外で会い、「無事に夫が年越しのためにうちに入れた」と言うと、「よかったね!今、松を切りに行くところだから、切って来てあげようか?」と言ってくれ、一本くれました。嬉しかったです。


↑まずはビールで乾杯!隣の人からいただいた松と。ビールは何口か飲めました。あんまり飲むとつぶれる可能性が。


↑友だち(勤労ちゃん)から何か届いた!小樽のなると出身の料理人の方の若鶏の半身揚げ家族の人数分だそう!豪華。ありがとうございます。


↑お寿司。小さく切って私が口に運びました。量は少ないですが、食べられましたよ。


↑ワタルの大好きな紅白が始まりました。これはワタルにせがまれて写真を写しました。年越しは私の実家と今の家族でしかしたことありませんが、こんなに紅白が大好きで最初から最後まで見ているのはワタル以外にいません。


↑「五木ひろしフォーティーシックス」と新聞を見ながら言うので、「えっ!」と思って見てみると、五木ひろしの出場回数が偶然(?)にも46回で、ワタルの大好きなアイドル(乃木坂46、欅坂46)と似た名前になっていました・・・。ワタルは真剣に「五木ひろしフォーティーシックス」と読んでいて、私は可笑しくなって笑ってしまいました。
 アイドルが一番気になるのですが、ワタルが次に気になるのは、五木ひろしや北島三郎???

 ワタルは4月から通所していて作業のお金は茶色い封筒で現金でいただいてきます。その封筒をリュウに見せてと言って、ワタルから見せてもらいました。そしてそのお金で買っているアイドルが載っている雑誌もリュウに見せてもらいました。


↑年越し用のソバなのですが、買ってあった「ヌードルカッター」というのを初めて使ってみました。なかなか良いです。麺を短く切るのは麺を出してまな板で切って戻したり、キッチンバサミでお椀の中でチョキチョキしたりするのですが、これは専用の道具で、お椀の中で動かすと麺が短くなります。



 翌朝の元旦の朝、ベッドで目を開けているリュウに、

「明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします」

と言うと、「何とかかんとか」(←多分あけましておめでとうと言っている)と言い、笑顔になりました。

 リュウの最高の笑顔を一年の初めに見られて良かったです。

 みなさん今年も宜しくお願いします。





関連記事

トラックバック

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/tb.php/868-bcc0fba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夫婦でインフルエンザ。 «  | BLOG TOP |  » 北海道は12月としては50年ぶりの大雪で大変なことに。

最新記事

進行性核上性麻痺の講演会・相談会に行ってきました。 Oct 16, 2017
札幌で進行性核上性麻痺に関する講演、相談の新聞でのお知らせ。 Sep 14, 2017
札幌で進行性核上性麻痺の医療相談会 Sep 13, 2017
「パーキンソン病 Ipsで改善」 Aug 31, 2017
ワタル療育手帳を紛失する〜 Aug 30, 2017
2017年北海道マラソンにお義兄さんとKさん。 Aug 28, 2017
「排せつ予測機器の開発」販売。 Aug 28, 2017
「認知症原因別の食事ケアは」 Aug 28, 2017
「ips細胞で薬開発」 Aug 28, 2017
リュウが起き上がろうとした。 Aug 25, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア