ブログパーツ

2017-10

お墓参りとプール - 2017.08.09 Wed

​ リュウは親戚が大好き。
 お盆のお墓参りとその後の食事は、毎年楽しみにしています。
 ところが、姪っ子や甥っ子が新しいパーナーを連れて来て、赤ちゃんも増えてくると、リュウはお墓参りのメンバーのことをわかっているのかどうか???
 私はそれなりに一生懸命伝えているつもりではいます。

 今年のお墓参りはお盆にはちょっと早い8月6日に終わりました。
 姪っ子のアーちゃんが0歳の赤ちゃんを連れて来ました。
 赤ちゃんを抱っこしたアーちゃんがリュウの目の前に来てくれ、

「リュウさん、アーちゃんの赤ちゃんだよ!」

と言いました。リュウはわかったのかわからないのかわかりません。するとアーちゃんが「わかったかな?」と言いながら、赤ちゃんをリュウの目の前に見せて、

「リュウさん、アーちゃんの赤ちゃんだよ!」

とリュウに届くようにと何回か言いました。その声にリュウは、赤ちゃんを目でとらえ、見て、私が「わかる?」と聞くと、コクンとうなづきました。アーちゃんと私は目と目を合わせ、

「やったね!リュウさんわかったね!」

と喜びました。
 普通は(?)一回くらい言ったら止めちゃうのですが、「通じる」「わかる」と信じて、「待ち」の気持ちであーちゃんが根気よく伝えてくれ、伝わりました。嬉しいとともに感心!しました。さすがあーちゃん、人を相手に仕事してるね。

 帰り、車に乗る時も医療関係で働いている甥っ子が車イスから車の助手席に移譲してくれました!


↑左からリュウ。あーちゃんとあーちゃんの赤ちゃん。甥っ子の長女ちゃん。


↑右の側頭部にできていた出来物から膿のようなものが出てきて、お墓参り前日まで包帯ぐるぐる巻きになっていました。それでお墓参りの後の食事は今年はちょっと失礼しようと思っていて、そうしました。


↑出来物はあるけれども、熱もなく外出許可も出ていたので(包帯ぐるぐる巻きも看護師さんたちが考えてくれて、帽子みたいなのにしてくれていました)、みなさんと別れた後、瞬間移動で「ていねプール」へ。ワタルがていねプール行きたいと何回も言っていてそうしました(車イスの入場について問い合わせ済み)。

 この日すごい気温が高かったです。薬を入れる時間に適当な場所がなくて、看護師さんがいる救護室で過ごさせていただきました。私がリュウ暑くて大丈夫かな?と心配していると大丈夫だった!ホッ。看護師さんが、「これに懲りずにまたいらしてください」と声をかけてくれ、沁みました。


↑波を起こすプール。


↑こんなのも。

 お墓参りではみなさんにリュウが「元気そう」と言われ、嬉しかったです。今年も新しいメンバーも増えて、みんな元気そうで良かったです。

 病院から外出する時も看護師さんたちがニコニコ、帰った時もニコニコ迎えてくれ、ありがとうございました。




関連記事

トラックバック

http://vanilla2984.blog26.fc2.com/tb.php/897-4fa66d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リュウが起き上がろうとした。 «  | BLOG TOP |  » 今日は飲み込みが良かったなぁ~(動画)。

最新記事

進行性核上性麻痺の講演会・相談会に行ってきました。 Oct 16, 2017
札幌で進行性核上性麻痺に関する講演、相談の新聞でのお知らせ。 Sep 14, 2017
札幌で進行性核上性麻痺の医療相談会 Sep 13, 2017
「パーキンソン病 Ipsで改善」 Aug 31, 2017
ワタル療育手帳を紛失する〜 Aug 30, 2017
2017年北海道マラソンにお義兄さんとKさん。 Aug 28, 2017
「排せつ予測機器の開発」販売。 Aug 28, 2017
「認知症原因別の食事ケアは」 Aug 28, 2017
「ips細胞で薬開発」 Aug 28, 2017
リュウが起き上がろうとした。 Aug 25, 2017

プロフィール

vanilla

Author:vanilla
「やさしいまなざし」は「Vanilla Web Site」の日記の部分です。

登場人物(平成28年11月現在)
 
佐藤リュウ(59歳)←夫
佐藤バニラ(永遠の20歳)←私
佐藤イブキ(社会人)←長男
佐藤ワタル(福祉施設通所)←次男

 夫佐藤リュウは、平成17年頃(48歳)より、物が二重に見える、手に力が入らない、全身が重苦しく感じる症状があり、会社勤務ができなくなりました。
 若年性のパーキンソン病の疑いとのことで、平成18年(49歳)より神経内科に通院し、平成19年にはパーキンソン病関連疾患と診断名が付きました。
 その後、平成22年 (52歳)、診断名が若年性の「進行性核上性麻痺」に変わりました。
 ずっと自宅より通院していましたが、平成24年4月に自宅外で転倒骨折し、手術入院となってしまいました。入院時、誤嚥性と思われる肺炎も併発していて、現在も入院中です。平成26年11月19日に胃瘻造設しました。
 夫が仕事ができなくなった平成17年時、上の子が小学校6年生、下の子が小学校2年生(多動と自閉で特別支援学級在籍)でした。
 私は、平成19年より、平日フルタイムで仕事しています。たくさんの方のお力をお借りし、生活しています。
 北海道在住です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

↑クリックするとNo.1(2012/6/23)からの一覧が表示されます。ブログ内検索(「三剤療法等)もここでできます。

リンク

ドクターコウノの認知症ブログ

↑名古屋フォレストクリニックの河野和彦先生の情報発信。認知症状がある人にお勧め。月曜日更新。

リンク

↑意思伝達を助けるためのサイトです。

カテゴリー

勤労ちゃん専用掲示板

勇気のある他の方もどうぞ〜。

老眼の方のための大きくて見やすい掲示板はここをクリックしてください。

月別アーカイブ

ブログをお知らせした方々

(順次お知らせしています)

▶リュウ、イブキ、ワタル
▶S病院H医師
▶リュウの家族親戚、近所の方々、友人S田さん、友人I田さん、友人Tさん、友人Oさん
▶私の家族、友人Tさん、友人Sさん、友人O夫妻
▶S医師
▶私の職場上司
▶W社長、U本さん
▶イブキママ友
▶リュウのケアマネージャーKさんとS看護師さんをはじめ訪問看護のみなさん、リュウのデイサービスGのYさんとスタッフの方々
▶癌で闘っている同級生P君とG先生と仲間たち
▶ADHDのお子さんのママでありご自身が癌で闘っている同級生のKちゃん
▶奥さんがリュウと同病である短大のK先生とゼミのみんな
▶ワタルの幼稚園時代の先生方、小学校時代の先生方、中学校時代の先生方、児童会館の館長Iさんと職員の方々、訪問介護ステーションMのKさんとスタッフの方々、ヘルパーTさん、児童デイサービスHのスタッフのみなさん、ケアサービスステーションKのMさん、NPO法人WのMさん、児童ディサービスSのYさん
▶特別支援学級のママたち
▶私のたくさんの友人
▶進行性核上性麻痺の患者・家族の会のPSPのぞみの会のみなさん

バニラ宛メール

↑上の封筒をクリックすると各々のメールフォームが開きます。そこからメール送れますが、不都合がある場合は、walnuts65♫gmail.comコピーし「♫」を「@」に置き換えて、お好きなメールフォームから送信してください。

フリーエリア